転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

side貴族  エドウィン外海に出る

アインが国王に任命したエドウィンという男の話の続きです。

「宰相よ。今はどれくらいの兵が集まったんだ?」

「現在は、4万人です。」

「4万だと!?あれから2週間も経っているのだぞ!」

「そんなことを言ったって、人が集まらないのですから、しょうがないじゃないですか。」

「ちっ、国王である俺が、兵を集めてやっているのだから、もっと人が集まると思ったのに。」

「このままですと、全然兵が集まらない可能性がありますが、どうしますか?」

「そうだな…それでは強硬手段に出るか。」

「もうですか!」

「ああ、この俺の命令は誰も逆らわないからな。」

「本当に良いんですか?もしかすると、反逆者が出るかもしれませんよ?」

「反逆者だと?そんなもの出る訳ないだろ。それに、もしも出たところで、そいつを処刑すれば何の問題も無い。」

「それでは、実行しますか?」

「何回聞くんだ!早く実行しろ!」

そして、この国では、徴兵令が実施された。

数日後…

「エドウィン様、兵が10万人集まりました。」

「本当か!?それでは、船が完成したら、行くぞ。」

「その船は完成するのですか?」

「いや、完成していない。」

「それではどうするのですか?」

「集まった兵に手伝わせる。」

「そう…ですか・・・」

そして、時間はかかったが、数週間で、船が完成した。

「よし、これで、攻められるな。」

「具体的にどこに行くんですか?」

「とりあえず、外海に出れば良いだろう。」

「そうですね。それでは、船をまっすぐ進ませますか?」

「ああ、それで良い。」

そして、翌日、エドウィン王国の船は海をまっすぐ進んでいった。

しかし、エドウィン王国からまっすぐ海を進んでいっても、アインの国で言われていた大陸とは違う大陸に向かっていっているとは…

「王よ。大陸が見えてきましたよ。」

「本当か!」

そして、エドウィンは艦隊の先頭に立って、新たな大陸を見た。

「一見何も無くないか?」

「そうですね。もしかすると、運よく、国が無いところに上陸ができるかもしれないですね。」

「それは好都合だな。それじゃあ、上陸をして、家を建てていくぞ!」

エドウィンは本当に運が良い人間だった。

この大陸には多くの国があるが、どれも、小さく、そして弱く、兵が1万を超える国なんか無い大陸にたどり着いたのだった。

そして、エドウィンは、家を作り終わった後、1日だけ休憩をして、他国に攻め込むための作戦を考え始めたのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く