転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

国が7個できたぞ

そして、国内の貴族たちがやってきた。

「来たか。」

「はい。どうやら、城内に入れろといっています。」

「あまり、暴れられても困る。入れてくれ。」

そして、エリは貴族たちを会議室まで呼んできた。

「これはこれは、なぜ、この王城の中に子供が居るのかな?」

「ふん。こんな子供に王位を譲るとは、王は何を思ったのか。」

「そうだな。それにしても、内装もなにも変えていないとは…やっぱりやる気が無いんじゃないのか?」

そんなことを言って、あからさまに、アインのことを侮辱し始めた。

「はぁ、そんな事言ったって、僕は王座から降りないよ。」

「いえ、貴様のような得体の知れない奴に任せられる訳がない。ここは俺たちがこの国を仕切らせてもらおう。」

「だから、それはできないって。」

「何でだ?それは誰が決めるんだ?所詮、貴様を支援してくれているのはここの城中だけなんだよ。」

「はぁ、やっぱりあの手段を使うしかないのか…」

「何だ?なんか良いのがあるのか?」

「だったら、それは聞いてあげよう。言ってみろ。」

そして、アインは考えていた、案を言った。

「それでは、あなたたちの領地は上げます。」

「は?」

「どう言うことだ?」

「私の権力を使って、何とかして、君たちの領地を国にしてあげるから、がんばってくれって事だ。」

「俺たちに国?」

「ああ、そういうことだな。」

「何だと?そんなに簡単に国を作ることができる訳ないだろ!」

「大丈夫、大丈夫……この大陸の国はほぼ、逆らわないから。」

「は?それってどう言う。」

「気にしなくて良いよ。でも、君たちのために国を作ってあげるから、文句は言わないでね。」

「ああ、国を作ってくれるなら良いんだが…」

「それじゃあ、待っててね。」

そしてアインは、他国の王と相談をして、国を作ることを許可してもらった。

「ただいま。それじゃあ、正式に国を連れるようになったから、勝手に国を強化して言ってね。」

「はぁ。」

「あと、併合するならして良いからね。」

「そんなことする訳ないだろ!せっかく手に入れた国なんだ。」

そういいながら、貴族たちは帰っていった。

「ふ~。やっと帰ったか。」

「アイン様、良かったんですか?彼らなんかのために国なんか作って。」

「ああ、良いんだよ。彼らに国を経営できる訳ない。だって、王城からの支援金を大量にもらっているんだから。」

「しかし、税もなくなりますよ。」

「大丈夫。税より金を持っていっていたから。」

「そうだったんですね。それなら、納得です。」

「まぁ、しばらくは彼らのことを見ていこう。」

こうして、アインは自分の手を使わないで、貴族たちを対処できたのであった。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 96うさぎ

    毎日なんで大変だとは思いますがここ最近質がガクガク落ちてきてるイメージがあるので頑張ってください。
    続き楽しみにしています。

    4
コメントを書く