転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

魔法を強化

そして、戦いは始まった。

「相手は女だが、この国の王を守っているんだ。しっかりと気を引き締めてかかれよ。」

そして、冒険者たちは、エリを円で囲むように並んだ。

「よし、それじゃあ、誰か魔法が効くか試すために魔法を打ってくれ。」

そして、数人が魔法を打ったが、エリには効いていなかった。

「やっぱりだめだったか。」

「いや、魔法障壁を張っていた可能性がまだある。もう一回打ってくれ。」

そして、冒険者たちはさっきと違う属性の魔法を放った。

しかし、それがエリに通じることは無かった。

「クソ、弱点属性も無いのか。これはもう、物理で行くしかないか。」

そして、エリの周りの11人は構えを取った。

そう、11人が

「隙あり!」

「まさか、魔法と一緒に人数が減っていることには気づかなかったようだな。」

そして、魔法によって作られた煙幕の中から2人の冒険者が出てきて、エリを剣で切りつけた。

「それは理解していましたよ。」

そして、冒険者が切りつけたエリが光って、爆発した。

「何なんだ?今のは?」

「わからねぇ…まさか、土魔法と火魔法の合成技か?」

この世界では、魔法と魔法を組み合わせるのは至難の業だといわれている。

「合成技を使えるってことはかなりの使い手だぞ。気をつけろ。」

「て言うか、本体はどこだ?」

そして、冒険者たちは本体を探し始めた。

「あ、あそこだ!」

そして、1人の冒険者が上を指差した。

「何だと?空まで飛べるのか!?」

「この天井は正直、ちょっと邪魔ですね。」

アインは邪魔だと言われたので、防護壁の上だけを消した。

「ありがとうございます。これであの技が使えます。」

そして、とうとう、エリが魔力タンクを使ってまで発動しようとしていた技が発動しようとしていた。

「理魔法『二重強化』」

そして、魔法は無事に発動して、天高く飛んでいった。

「エリ、今のは何なの?」

「理魔法ですよ。アイン様が前に使っていた。」

「やっぱり理魔法なんだ。やるなら先に言っておいてよ。」

「あ、すみません。」

「まぁ、良いよ。それで、どんな理魔法を発動したの?」

「今回のは、この魔法自体はなにも効果がありませんね。」

「それでじゃあ、一体何なの?」

「今回の二重強化の能力は、すでにあった魔法を強化するのです。」

「すでにあった魔法?」

「アイン様が前に、理魔法で上位のものに逆らえないようにしたじゃないですか。」

「そうだね。」

「でも、今回の事件をきっかけに、その魔法の効力が弱かったことが判明しました。」

「確かに、反乱できているしね。」

「ですので、今の魔法は前の魔法を強化させていただいたのです。」

「そうだったんだ。でも、これだと、世界中の人の魔法や筋力が二重強化されちゃうんじゃないの?」

「それに関しても、安心してください。理魔法といっていますが、実際はアイン様の魔法しか強化していません。」

「そうなの?」

「ええ、私程度の理魔法ですと、アイン様の魔法を強化するだけで手いっぱいなのです。」

「分かったよ。それじゃあもう、この戦いは終わりだね。」

「はい!」

そして、広間にはアインたちに攻撃をしようとした瞬間に体に力が入らなくなった冒険者たちが横たわっていた。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー250252

    7月28日の投稿の街の人たちはどうなったの?

    2
コメントを書く