転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

パワードの秘密

そして、扉を開けると、美少年が居た。

「よく来てくださいました。バルバロット帝国の皇帝、アイン殿よ。」

「私の名前を知っているのか?」

「ええ、この大陸ではとっても有名ですよ。」

「そうか…そなたには悪いが、私のほうはそなたの名前を調べてきていないのだ。名前を教えてもらっても良いかな?」

「はい。私はこのゼザール王国の王をやっています、パワードといいます。正直、この名前の由来はとにかく力が強くなってほしいと言う、父の意志が強いですけどね。まぁ、叶っていませんが。」

「そんなことは無いと思いますよ。だって、力にもいろいろな種類があるから、経済的な力だったら強いじゃないですか。」

「そうですか?アイン殿にそういってもらえて、とてもうれしいです。」

「ありがとう。それじゃあ、政治的な話し合いを始めようか。元々、あの国と、ゼザール王国は貿易を行っていたが、私が取り込んでしまったがために、現状は貿易が止まっている。なので、これから先も貿易を続けていくのかが、今回の議題だ。」

「はい。」

「私としては、続けて行っても良いと思っているが、そなたはどう思う?」

「正直、私からもお願いしたいです。政治的にも、この大陸で最強のアイン殿の帝国と貿易をできるのはでかい。」

「この大陸で最強といってくれるとは…うれしいな。」

「はい。エリさんから聞いているかもしれませんが、私はそういう人となんで…」

「ん?エリからは何も聞いていないぞ?何かあるのか?」

「え!?エリさん言っていないのですか?」

「ええ、あのことに関しては自分でカミングアウトしてください。」

「は、はい。」

そして、パワードは意を決して、カミングアウトをした。

「実は…僕アインさんの隠れファンなんです。」

そして、パワードは顔を隠した。

(乙女か!)

アインはそう思ったが、相手に失礼なので、言葉にはしなかった。

「そ、そうなんだ。!だからエリが考えが似ているって言っていたのか。」

「はい。私の場合は隠れではないですけどね。」

「確かに。それよりもなんで僕のこと好きになってくれたんだろう。」

「どうやら、たまたま、私たちが旅をしていて、冒険者として活躍していた次期に、前国王から、『修行して来い。』と送り出された場所で、アイン様に助けてもらったことが最初のきっかけです。」

「はい!そうなんです!あの時は本当に助けていただいてありがとうございます。」

「大丈夫だよ、そんなに真剣に考えなくても。」

「いえ、あれから調べていけば行くほどに、あなたのことがすごいと思いまして…」

「それじゃあ、貿易の件に関しては。」

「はい。もちろん喜んで受けさせてもらいます。」

「それにしても、旅の途中であったのか…」

「あ、アイン様のことを調べていって、ダンジョンを管理できるのですよね?私たちのダンジョンを渡しましょうか?」

「良いの?ダンジョンだって、大切な資源じゃん。」

「うちのダンジョンは全て小さいですから。」

「そうなんだ。それじゃあ、もらっておくよ。ついでに攻略もしておくね。」

「はい。お願いします。」

こうして、アインはゼザール王国と良い関係のまま貿易をできるようになった。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く