転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

現状

そして、アインは、第4位の国に着いた。

「なんかここに来るのも久しぶりだな。」

「そうですね。それに、この国では基本的にダンジョンのことをやっていましたから、あまり国を回っていませんしね。」

「そうだね。それじゃあ、行こうか。」

そして、アインは王城の前までやってきた。

「なんかここまで来るときに思ったんだけど、昔に比べて結構活性化しているね。」

「そうですね。しかし、その実態はダンジョンによるものなので、あまり良い伸び方ではないのですけどね。」

「確かに、ダンジョンが誰かに攻略されて、無くなったらこの国は一気に資源不足になっちゃうね。まぁ、それは置いておいて、中に入ろうか。」

「はい。」

そして、2人は中に入ろうとした。しかし、門番に止められてしまった。

「君たち!ここは王城だよ!ここには基本的に王族と貴族、兵士しか入れないんだ。勝手に入ろうとされても困るよ。」

「大丈夫です。今日はここの王様に呼ばれてきていますから。」

「何だって?あの王様が?最近、ストレスで自室から出られなくなってきているあの王様が?」

どうやら、王のストレスは結構深刻なところまで行っていたらしい。

「はい。そのストレスの原因解消の相談のために呼ばれたんです。」

「う~ん。信じがたい話だが、もし本当ならここで返す訳にも行かないし…一応なかの人に話しを聞いてくる。おい!」

そう言うと、門番はもう1人の門番を呼んだ。

「この子達のことを仲の人たちに聞いてくるから、少しの間見張っててくれ。」

そして、門番の人は城の中に入っていった。

そして数分後…

「すみません。お待たせしました。今すぐ中を案内します。」

さっきの人とは違う人が出てきて、焦ったように案内を開始しようとしていた。

「そんなに緊張しなくて大丈夫ですよ。」

「そうでしょうか?」

「はい。」

そして、案内人に連れられ、王城の中に入っていった。

「中が結構広いですね。」

「はい。昔はこの国も結構な力を持っていましたから。」

「そうだったのですか…」

「まぁ、今も結構大きな力を持っているのですけど、それを国が管理できていないのですよ。」

「具体的には?」

「この国は突然の強力なダンジョンのおかげで強い人は圧倒的に増えましたが、そういう人に限って国の兵じゃないので、命令ができないのですよ。それに、もしも無理やり命令をして、彼らに逆らわれたら、国の兵では抑えられませんから。」

「そうだったのですか。」

「なので今回アイン様には、王様や宰相様と話し合っていただき、この問題の解決策をできれば一緒に考えて行きたいと思っていたのです。」

「そうでしたか。」

「なので、今回は本当に依頼を受けてくださってありがとうございます。」

こんな会話をしていると、他の部屋よりも少し大きな扉の前に着いた。

「ここは重要会議室です。玉座のまでは、王様がアイン様を見下ろす形になってしまうので、今回はこの部屋で会議をやっていただきます。」

そして、案内人は、重要会議室の扉を開けた。

中は、大きな机があり、その周りに椅子がいくつもある、典型的な会議室だった。

「おお、アイン殿。今回は本当に来てくださってありがとうございます。」

「いえいえ、元はと言えば僕のせいですし。」

「そんなことはありません。確かに今回の問題はアイン殿が作ったダンジョンがきっかけになっていますが、ダンジョンが無かったら、それ以前にこの国が終わっていたでしょう。」

「そういっていただけるとありがたい。」

「ですが、最近の冒険者が強いのも問題でしてな、今の状況ではいつ冒険者たちに責めてこられるのか分からなくて、不安なんですよ。」

「そうでしたか。しかし、私も天才ではありません。解決策は数個ありますが、どれも良い結果にはならないでしょう。しかし、それで少しでも心が安らぐならやったほうが良いというものばかりです。」

「それでも良い。聞かせてくれ。」

そして、アインはいくつかの案を出し始めた。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 咲

    王様にタメ口
    この子達扱い
    この国は大丈夫なのかな?
    情報共有も出来ていないし

    3
コメントを書く