転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

魔族と人間の溝

そして、数日後。アインはエリから、宴の用意ができたことを聞いていた。

「もう準備できたの?」

「はい。意外と早く、この宴に参加するか、しないかを教えてくださったので、早く準備で取り掛かることができました。」

「そうなんだ。それじゃあ、よかったね。今日明日は休日だし。」

「はい。ですので、アイン様には今日やるか、明日やるかを決めて欲しいのです。」

「今日やるかって言っているけど、そんなに簡単に集合できるの?」

「はい。それこそ、この国と仲良くしたい各国は、この宴も一種の大事な政治活動だと捉えているそうで、ちょっとした用事よりは優先して参加してくれるそうですから。」

「そうなんだ。それでも、今日呼ぶのは申し訳ないから、明日にするよ。」

「分かりました。それでは、そのことを各国の王に伝えてきますね。」

そして、エリは出て行った。

「あ、魔王さんのところに行こう。」

そして、アインも魔王の下へと転移していった。

そして、魔王がいる部屋

「魔王さん。」

「何でしょうか。アイン様。」

「いや、今回向こうの大陸で、いろんな国の人を呼んで、宴をやるんだけど、魔王さんには2つやって欲しいことがあってね。」

「何でしょうか?」

「まずは、宴の準備を手伝って欲しいんだ。」

「分かりました。それで、もう1つは何でしょうか?」

「それは、今回は魔国の王として宴に参加して欲しいんだ。あと、人間のことが嫌いじゃない魔族を数人連れて。」

「何故でしょうか?魔国がアイン様の国に取り込まれたと言ったほうが、アイン様の力が強大であることを証明できると思うのですが…」

「今回は別に僕の国の力を他国に知らしめるための宴じゃないしね。それに、これは結構重要なことなの。」

「何故でしょうか?」

「基本的には魔族って言うのは人間の敵で、世界の敵だって事が伝わっているのは知っている?」

「はい。数世代前の魔王がそういうことが好きで、よく人間の町を攻めていましたから。」

「それで、王たちも魔族は敵だと思っているし、それに魔族は基本的に強いから、恐怖の対象ってことになっているの。」

「分かります。」

「それで今回魔王さんにお願いしたいのは、今回参加する王たちだけで良いから仲良くなって欲しいんだ。」

「仲良く…ですか?」

「うん。魔族と手を組んでいるのは、この先ばれるだろし、それだったら先に言ってしまって、魔族と言う強いカードを持っていることも知ってほしいんだ。それが自信につながるだろうし。」

「分かりました。それでは私は宴のときにできるだけ人間の王と話しておきますね。」

「うん。よろしく。」

「それでは、アイン様。宴の準備をしましょう。」

「分かったよ。」

そして、2人は宴の準備をはじめ、エリが来てからは3人で準備を進めていった。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 神崎ゼロ

    主さん「マゾ行くと言う強いカードを持っていることも知ってほしいんだ。」のマゾ行くとの所マゾ行くじゃなくて魔族なのでは?

    3
コメントを書く