転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

クランの大切さ

アインは帰ってきた後、特にやることが無かったので、普通に生活をした。

そして、次の日。

「よし、今日は確か冒険科の授業だったはずだ。」

そして、アインは学校に向かった。

しかし、今のアインは冒険者ギルドから、EXランクを言い渡されている、今までの歴史上トップの冒険者だ。いまさら学校で何を習うのやら。

そして、学校に着いた。

「なんかここに来るのも久しぶりに感じるな。あまり時間はたっていないんだけど。」

「確かに、そうね。」

「うんうん。えっ?」

そして、アインが横を見るとキャロラインが立っていた。

「うわっ。びっくりした。」

「あ、わかんなかった?」

「うん。びっくりしたよ。」

「そう、それは良かった。」

そして、2人は一緒に教室へと向かった。

「あ、そういえば、この夏休みは何をしていたの?」

「ああ、それについては、大人たちと一緒に冒険者ギルドのクエストとかを受けていたわ。」

「あのクランは良かった?」

「ええ、あのクランは私が困っていたらすぐに助けてくれるし、皆強いから、苦戦していなかったわ。」

「そうなんだ。それは良かったよ。」

「それは良かったって、なんか自分のクランみたいな言い方ね。」

「そ、そんなことは無いよ。僕がそれは良かったよって言ったのは、紹介した身として、紹介したクランが相手にとって嫌じゃなかったからかよかったって言っただけだよ。」

「そう?まぁ、そこまで疑わないから安心して。」

そして、2人は教室には言った後に、それぞれ、自分の友達の元に行って、友達とも再会を楽しんでいた。

そして、授業が始まった。

「えー。今日からは今まで以上に実践的な内容を行う。今までの勉強はこれからの授業のための下準備だったと思ってもらってもかまわない。」

「具体的に何をやるのですか?」と、クラスの誰かが質問をした。

「良い質問だ。すでに夏休みの間に行っている生徒もいたようだが、今日からは学校の職員や、大人の冒険者と一緒にこの街の外で魔物を倒してもらう。」

その途端、クラスから「おおー」という、声が上がった。

「まだ魔物を倒していなかった者もいるそうだから、十分注意して欲しい。それでは冒険者ギルドに向かうぞ。」

そして、先生は生徒を引き連れ、冒険者へ向かった。

「ちなみにだが、お前らにはクランに入ってもらう。すでにクランに入っていて、クエストを受けている奴は分かると思うが、クランというのは冒険者初心者として、もっとも必要なものだ。」

「何ででしょうか?」

「それは、弱い魔物でも、自分がためらったりすると、勝てなくなる。
もしくは、強い魔物と当たってしまったときに、助けてもらうためだな。
これらのことから、クランに入り、そこのメンバーに助けてもらいながら行くのが大事なのだ。」

そして、冒険者ギルドについた後は、なにもしない子と、クランに入ろうとがんばっている子がいた。

しかし、クランに申請することはできても、加入することはまだできなかった。

「よし、皆申請し終わったな。安心しろ。一日でクランに入ることはほとんど無理だ。」

そういうと、今まで落ち込んでいた子達も安心して行った。

「それじゃあ、街の外に行くぞ。」

そして、先生に連れられ、皆は街の外に向かって行った。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く