転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

女の戦い

そして、アインは王城まで行くための馬車を呼んだ。

「アイン様、それではお連れします。」

「うん。よろしくね。」

そして、馬車が出発し始めると、市民の皆がいきなり土下座を始めた。

「アイン殿、これはやらせているのか?」

「ううん。やらせていないよ。たぶん今日、僕の客が来ることを知っていて、おふざけでやっているんじゃないかな?」

「確かに良く見てみると、土下座をしている人たちの口元が笑っていますね。」

「まぁ、こういうことも多くあるんだけどね。」

「アイン殿、あまり威厳が出ていないから、こうやってちょっかいが出されるんじゃないのか?」

「僕はそれでも良いと思うよ。だって、市民の恐れられる王になるくらいだったら、市民と親しくすることができる王になりたいもん。」

「まぁ、本人がそういうなら良いけどな。」

「とりあえず、王城に向かいましょう。」

そして、また馬車は王城へと向かい始めた。

「アインよ。市民の皆が手に持っている小さなものは何だ?」

「ああ、あれですか?あれは後で説明をするので、今は放置しておいてください。」

「分かった。」

こうして、アインは王の質問に答えながら王城に向かっていき、ついに王城の下までついた。

「皆、街を見ていないで、前を見てください。」

そして、6人が馬車の前に建つ建物を見た。

「な、何だこれは!」

「大きすぎる。」

「なぜ、こんなに大きな建物を作れるのだ?」

そこにあったのは、アインが元居た国にとってはありえないほど大きな城があったのだ。

「これは、私の城の数倍はあるぞ。」

「ええ、がんばりましたから。」

「がんばったがんばっていないの範囲を超えているぞ。」

「とりあえず中に入りましょう。ここはまだただの外観ですよ。」

そして、王城の門が開き、馬車ごと王城の中に入っていった。

「?この城には魔法障壁が無いのか?普通は王城に入るときに、魔法を通過する独特な感触があるのに。」

「ええ、この城には、魔法障壁は一切張っていません。」

「何でだ?」

「魔法障壁に使う魔力はもったいないし、侵入者が現れた場合、兵が何とかしてくれると信じていますから。」

「兵を信じていてもつけておいたほうが良いぞ。」

「そうでしょうか?まぁ、暇があったらつけておきますね。」

「はぁ~。アインよ。これは結構大事なことなんだぞ。」

「まぁ、今日はそういうことを考えずに楽しみましょうよ。」

「それもそうだな。」

「それでは、ここで馬車から降りていただいて、徒歩で移動してもらいたいと思います。」

「分かった。」

そしてアインと6人は食卓に向かった。

「今日は、皆さんにご馳走をしたいと思います。」

「どんなご馳走なの?」

「ああ、3人は食べたことあるかもしれないけど、僕が前に作った料理と同じ場所の料理だよ。」

「本当!?
あのご飯はおいしかったから、もう一回食べたいと思っていたんだよね。」

「まぁ、ご馳走なんていっているけど、将来は食べ放題だけどね。」

「そうよね。ここに暮らすのだも。」

「とりあえず、運びこませますね。」

そして、人数分の食事が出てきた。

「それでは、お召し上がりください。」

6人は一斉にご飯を食べ始めた。

「おお、これは結構美味だな。」

「確かに。これほどおいしいものは結構高級な店でしか食べれませんね。」

「うちのメイドががんばっていますから。」

「メイド?アイン君にもやっぱりメイドが要るんだ。」

「いるよ。エリ、来て。」

「はい。何でしょうか?」

「この子が僕のメイドの中のメイド長だよ。」

「メイド長のエリです。よろしくお願いします。」

「ふ~ん。アイン君、結構かわいい子だね。自分で選んだの?」

「うん。なんか信頼できそうだったから。」

「アイン君は自分でかわいいメイドを雇ったんだ。」

「雇っていないよ。」

「はい。私はアイン様の奴隷ですので。」

「ふ~ん。命令に逆らえないかわいいメイドね~。」

そう言ってくる3人の目はなぜか怖かった。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く