転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

苦労が分かる大人

そして、放課後になった後、アインは転移魔法を使って、王城まで来ていた。

「本当に一瞬だね。」

「まぁ、だから良く使っちゃうんだけどね。」

「それよりも中に入りましょう?」

そして4人は中に入って、応接室にやってきた。

「久しぶりです。」

「おお、アインか。いや、アインはもう一国の王だ。アイン殿と呼んだほうが良いかな?」

「どちらでも良いですよ。王は私の義父なんですから。」

「そうか。それでもこれからはアイン殿と呼ばせていただこう。」

「分かりました。」

「アイン殿、久しぶりだね。」

「久しぶりだね。」

「あ、カルタナ公爵にケルターナ公爵。」

「そんなかしこまった言い方しなくて良いよ。それにしてもビックリだよ。数年前までは娘の婚約者でできる子だと思っていたのに、独立して国になるとは。」

「まぁ、そっちのほうがやりやすいんだけどね。国内に強力な力を持つものが現れると今までのパワーバランスが一気に崩れちゃうから。」

「ええ、今のその力を使ってがんばっていますよ。」

「そうなんだ。あまり無茶はしていないのかい?」

「はい。大丈夫です。自分にできる範囲内でやっていますから。」

「そうなんだ。他にもいろいろ自分の国でやったことを聞かせてくれないかな?」

「いいですけど、今はとりあえず家に向かいませんか?」

「ああ、そうだったね。僕たちの方は準備できているから、いつでもいけるよ。」

「待ってください。お父様方。私たちの準備ができていません。」

「そうなのかい?てっきり準備できていると思ったのだけど…」

「大体は終わらせてあるんで、少し待っていてもらっても?」

「僕は良いよ。王は?」

「我も良いぞ。」

「普段『我』なんか使ってないでしょ。」

「はい…私も良いぞ。」

「僕も良いよ。」

「それでは少しお待ちください。」

そして3人は奥の部屋に入って、本当に少しで出てきた。

「もう良いの?」

「ええ、行きましょ。」

「今回は街も少し見てもらいたいので、王都の入り口に転移で良いですか?」

アインがそう聞くと、皆は「うん。(良いぞ。)」と答えたので、アインは転移魔法で王都の入り口までとんだ。

「おお、本当に一瞬だな。」

「ええ、それが転移魔法の利点ですし。」

「それでは中に入りますよ。」

「ああ、早く中を見せてくれ。」

アインは王都の入り口に飛んだが、設計上、入り口からは中が見えなかったのだ。

「お疲れ様です。アイン様。」

「お疲れ。」

「今、ドアを開けます。」

そして、門番がドアを開けると王都が見えてきた。

「おおー。」

アインは後ろからそう声が聞こえた。

「どうですか?」

「ここはすごいな。道の整備が本当に行き届いている。」

「まぁ、がんばりましたから。」

「それに、ここにいるほぼ全員が強そうだ。」

「それは企業秘密です。」

「そうなのか?」

「ええ。これだけは。」

「まぁ、今回は視察ではなく、楽しみに来たんだ。こんなこと気にしている場合じゃない。」

そう言って、この街を作る大変さがわかる大人たちはものすごく盛り上がっていた。

「は~。大人気(おとなげ)ない。」

「まぁ、今回は遊びに来ているんだから良いんじゃない?」

「まぁ、良いけど。」

「ちょっと僕はあの3人を連れて帰ってくるよ。」

そしてアインは、3人を連れ戻し、城に向かうことを伝えた。

「もう、街の観光はおしまいか?」

「後で来て良いですから。」

「本当だな。」

「ええ、買い物も自由にしますから、とりあえずは王城に向かいましょう。」

「分かった。」

こうして、アインは何とか3人を王城に向かわせることができた。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く