転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

夏休み終了

あれから数日、アインはまだ、ゲームなどを作らずにいた。

「アイン様、最初は何かの目的があって作っていませんでしたっけ?」

「そうだよ。」

「それが何なのかは知りませんが、ちゃんとできているのですか?」

「ううん。まだ、まったくできていないよ。」

「それは珍しい。アイン様が何かをしようとしたらすぐに完成するのに。」

「まぁ、やろうと思えば完成させることはできるんだけど、まだ国民の皆もスマホの扱いに慣れていないでしょ?」

「まぁ、そうですね。いきなりあの機械を渡されて、便利だとは思っているそうなのですが、やっぱりまだ扱いに慣れていませんね。」

「やっぱり…」

「しかし、一部の器用な人や、頭のいい人はチュートリアルを見ただけで使えるようになっていましたね。」

「そうなんだ。それよりも、とりあえずは、皆がスマホの扱いに慣れるまではそのゲームっていうやつはやらないよ。」

「アイン様がやろうとしているのは、ゲームというものなのですか?」

「まぁ、完成してもずっと僕がやっている訳じゃないけど。」

「アイン様がずっとやっていなくても、使えるものなのですか?」

「うん。あの日スマホが60億台完成し、全員に配った後に僕が空に向かって打ち上げたものによって、僕がなにもしなくても、勝手に動いてくれるようになるんだ。」

「そうだったのですか。」

「うん。それで、その機械に僕は後10日後にゲームを配信するようにしたから、それまでは何もすることは無いよ。魔王さん、何か用事ってあったっけ?」

「アイン様…学校が後6日後に始まりますよ。」

「もう、そんなに!?」

「やっぱり、把握していませんでしたか。」

「でも、大丈夫だよ。やるべきことは全て終わっているし。」

「そうですね。しかし、アイン様。もうすぐ学校が始まるのですから、これからはちゃんと早めに寝てくださいよ。」

「わ、分かっているよ。」

「本当ですか?」

「まぁ、神である僕には本来睡眠はいらないんだけどね。」

「それは、体の問題であって、寝ないと精神を壊しますよ。アイン様は最強の神ではありますが、なってからまだあまり時間が過ぎていないので。」

「確かにそうだね。それじゃあ、ちゃんと言われた通り寝るよ。」

「はい。」

そしてあいんはそこから数日間、ちゃんとした生活習慣で暮らして行き、特に何事もなく、6日が過ぎた。

「それじゃあ、行ってくるね。」

「はい。行ってらっしゃいませ。」

「魔王さん、アイン様のフォローは私たちに任せてください。」

「エリさん、ユキさん。確かにアイン様のフォローも大切ですが、自身もちゃんと学校を楽しんできてください。」

「「はい。」」

「それでは皆さん、気をつけて。」

そして、僕たち3人は魔王さんに見送られながら、学校に向かって行った。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ゼクト

    便利だから一応報告をしておきました。
    あと、主は絵が絶望的なので、ボランティアで描いてくれる人がいたら報告して欲しかったので

    3
  • レッD

    また学校で騒動ありそうだな
    (特に婚約者たちと)

    5
コメントを書く