転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

4階層

「逃げられたか?」

「そうだな。何で許されたんだろう。」

「やっぱりあいつが言っていたように飽きられたのかな?」

「その可能性が高いな。」

「でも、あの竜王レベルのモンスターはもうでてこないでしょ。」

「確かにな。それに、死んでしまった仲間のためにもがんばってこのダンジョンのダンジョンマスターを倒そう。」

「うん。」

そして勇者たちは4階層に入っていったが、そこにはモンスターがいったいもいなかった。

「あれ?モンスターがどこにもいないぞ。」

「そうだな。それにこの4階層は地形や気温も熱くないし…」

「どういう狙いがあるんだ?」

そして勇者の1人が一歩前に歩いた瞬間にいきなり落とし穴が出てきて、その勇者はおちて行ってしまった。

「!?落とし穴だと?」

「もしかしてここは罠だらけなのか?」

「おいおい、ここに来て罠なのかよ。やっぱりもう竜王以上のモンスターがいなくて、罠に頼ることになったんじゃないのか?」

「それは一理あるね。もしも僕たちが4階層まで来ることが想定の範囲外だった場合、もうダンジョンマスターにとって強力なモンスターはいないから、罠に頼った可能形が高い。」

「それなら、皆で石を投げてから行こうぜ。」

そして勇者たちは皆石を持って、道の先に投げ入れていった。

すると、通路の罠が発動し、落とし穴が起動した。

「よし、狙い通り罠が発動したな。」

「それじゃあ、今罠が発動しなかった場所を歩こうか。」

そして勇者たちはダンジョンの通路を歩いていったが、しばらくすると勇者の1人が落とし穴に落ちてしまった。

「何で!?さっき、ここは反応しなかったのに。」

「まさか石などで反応しないように作られている罠もあるのか?」

実際にそうであるため、勇者にとってはこの先の道はどうなっているのかが分からなくなってしまった。

「どうする?」

「どうするって言われても…」

「このダンジョンを破壊しながら行くか?」

「それってできるの?」

「普通はできないけど、俺たち勇者の力があればいけるかも。」

「だったらやってみるか。」

そして勇者たちはダンジョンに対して攻撃をしていって、罠を破壊していった。

「なんだ、意外といけたな。」

「それじゃあ、この方法を使っていこうか。」

そして勇者たちはダンジョンに攻撃をしていきながら、ダンジョンを進んでいったのだが、ある場所を境にダンジョンが若干変わっているのに気づいていなかった。

「これを食らいやがれ、『Gファイア』」

カチッ  こんな音が多くの場所からなった。

「何だ今の音は?」

「ん?なんかなったのか?」

「ああ、たぶん今何かがなった。」

そんなことを言っている間に、壁から正体不明の煙が噴出してきて、後ろからも岩が、そして何より勇者たちが気づいていない中で一番危ない罠、壁がどんどん迫ってきたのだ。

「おい、変な煙が出ているぞ。」

「後ろからも大きな岩が来ているぞ。」

「しょうがない。今は罠を警戒しないで、急いで走れ。」

そして勇者たちは、一斉に走り始めたが、途中で落とし穴もあり、次の階への階段にたどり着いたころには勇者は半分になってしまっていた。

「皆やられてしまったか。」

「ああ、でもここで最後らしいぜ。」

今、勇者の目の前にある階段の先には大きくて、竜王のいた部屋よりも豪華な扉があったのだ。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー233455

    しね

    0
コメントを書く