転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

勇者観察

そして次の日になった。

「それで次の大陸は何なの?」

「次の大陸は今までで一番小さいです。正直に申しまして、大陸といっても良いのか分からないくらい小さいです。」

「そうなの?」

「はい。アイン様の本国があるこっちの大陸ではなく、向こうの大陸の国の4つ分しかありません。」

「それって向こうの僕の国よりも小さいってこと?」

「そうですね。しかし、アイン様の向こうで作った国は正直に言って参考になりません。」

「何で?」

「アイン様の国は向こうの大陸だけでも他の国よりぜんぜん大きいです。」

「そうかな?」

「はい。なぜなら向こうの大陸ではあの森に結構困っていたそうで、狭い土地の中に多くの国が集結していたそうなので、アイン様の国は異常な大きさを誇っているそうです。」

「そうなんだ。それで僕はあの大陸の中で何番目に大きい国なの?」

「1位か2位ですね。他にも同じように、開拓困難な場所を開拓した国がありますから。」

「そうなんだね。それで、次の大陸はどうなの?」

「向こうの大陸で普通の国4つ分ですから、向こうのアイン様の国より小さいですね。しかし、向こうの普通の国からすれば大きいでしょう。」

「そうなんだ。それで次の大陸にはいくつの国があるの?」

「1つだけですね。次の大陸は昔に戦争をしていたそうで、今は1つの国にまとめられています。」

「それで勇者たちはどうしているの?」

「あの大陸に行った勇者たちは皆、ダンジョンを攻略しているそうですね。」

「それって大丈夫なの?ダンジョンって攻略されるだけだと利益が無くない?」

「だから困っているようなのですよ。」

「他のダンジョンマスターが?」

「はい。正直困っているだろうなという推理だけなんですけどね。私にはダンジョンマスターの言葉は分かりませんし。」

「それじゃあ、聞いてみるよ。」

そしてアインはダンジョンに向かい、シムに聞いた。

『確かに他のダンジョンマスターが困っていると愚痴をこぼしていましたね。』

「愚痴って…なんか集会でもあるの?」

『ちゃんとしたダンジョンマスターがいるところは無いのですけど、昔の私のようにAIがダンジョン管理をしていた所はAI同士での会合があるのですよ。』

「AIって自分の意思を持っているの?」

『私が持っているように他のAIも持っていますよ。』

「て言うか、何でもう僕がダンジョンマスターになっているのに行っているの?」

『長年管理していましたから私は昔のよしみみたいな感じで呼ばれるのですよ。楽しいから良いのですけどね。』

「そうなんだ。それで今回の問題についてなんだけど、皆困っているんだね?」

『少なくともAIがやっているところは困っていますね。』

「それじゃあ、僕が救うよ。」

『どのようにですか?』

「僕があの国のAIダンジョンのダンジョンマスターになって、勇者にあった難しさに変えるんだ。」

『アイン様があの国のダンジョンをすべて管理するのですか?』

「ううん。僕が管理するのはAIダンジョンだけだよ、元々ダンジョンマスターがいるダンジョンはその人にがんばってもらうから。」

『それでは他の人のダンジョンばかりに行ってしまうのではないですか?簡単なダンジョンがあるならそっちにいくでしょうに。』

「それについては他のところよりも良い報酬にするよ。」

『なるほど、分かりました。それでは準備いたしましょうか?』

「それはありがたいんだけど、今回はAIの説得だけやってもらおうかな。他の事は皆と協力して決めるよ。」

『分かりました。それでは説得してまいりますね。』

そしてシムとの通話が切れた。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • べりあすた

    『ぜんぜん大きい』っていうとこ日本語間違ってるよ!

    (*´∀`)ノ

    2
コメントを書く