転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

地下都市完成

そして、アインによる地下都市製作が始まった。

「アイン様、ここにもまたハイヒューマンの皆を呼ぶのですか?」

「ううん。ここには呼ばないよ。」

「ではどのように製作をなさるのでしょうか?」

「僕の魔法でやろうと思っているんだ。だって、ハイヒューマンでも作れないものも必要だし。」

「それ以外の家などの事を聞いたのですが…」

「それについても、僕が作るよ。元々彼らは敗戦国者なんだから、わざわざハイヒューマンの皆に作ってもらわなくて良いでしょ。」

「そんな事言ったら、アイン様がおつくりになる理由も無いのでは?」

「この地下実験は環境が整っている状態で、地下に暮らしていたらどのような反応になるのかを知りたいから、家や、必要最低限のものは用意しておきたいんだ。」

「そうでしたか。」

「とはいっても、ここの人たちがまったく働かなくて良いということではなく、ここにもお店などを立てて、そこで住民同士で商売してもらいたいし。」

「お金はどうするのですか?市民たちはゼロからお金を作ることはできません。」

「それは彼らが元々持っていた、王国のお金を僕のこの国のお金に変えてあげるんだ。」

「市民から取った王国のお金はどのように使うのですか?」

「幸い、王国は元々お金に困っていなかった国だから、お金にも金属を使っていたんだ。だから、お金は溶かしちゃうよ。」

「そのような手がありましたか…」

「本来はやってはいけないんだけどね。」

「何故ですか?」

「お金を溶かして、それを売るとたまにもとのお金よりも価値があるんだ。」

「それでもこの国ではアイン様が法律なのですから、やっても良いのでは?」

「できれば、それもやめて行きたいんだよね。できれば国民同士で話し合ってもらいたいし。」

「そんな!アイン様以外がこの国を引っ張っていくなど考えられません。」

「まだ、決まっているわけじゃないよ。それにすぐにはそれを実行しようとは思っていないし。」

「そうなのですか…安心しました。」

「まぁ、話を元に戻すけど、住民には最低限度の生活はできるようにしておくから、この空間魔法によって、地上とあまり広さが変わらない大地で暮らしていってもらいたいんだ。」

「ここにアイン様が家などを作る理由は分かりました。」

「よし、それならやるよ。」

そしてアインは、魔法を使って、王国の地下に空間を作り、その後空間魔法で大きくし、太陽を作り、そして家などを作った。

「アイン様、一応王城など立てておいたほうが良いのではないでしょうか?市民がどんな反応をしているかを確認するために。」

「作っても良いけど、誰を置いておくの?」

「政治などが得意な兵を置いておけば良いのではないでしょうか?我々の軍の中にはそのような者もいますし…」

「でも、その人が暴走したら嫌なんだけど…」

「それでは、監視用な何かをつけておけば良いのではないでしょうか?」

「分かった、それじゃあ、ここの人たちはその人たちに任せるから、王城を作っちゃうね。」

そして、王国と同じくらいの王城が出来上がった。

「それじゃあ、次は市民をここに移す作業だ。」

アインはどんどん実験を進行させていった。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 咲

    地下に空間魔法は

    1
コメントを書く