転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

勇者撃破?

「行くぞ~正面突破だー。」

そんなことを良いながら勇者が攻めてきた。

「勇者が来たぞー。全員配置につけー。」

そして勇者との戦闘が始まった。

「ハッ、バカめ。神によって選ばれし我ら勇者に勝てるわけないだろう。」

「勇者こそが最強。勇者こそが正義。」

「逆らうものは皆平等に死を与える。」

「皆怯むなこちらの方が人数では勝っているのだ、集団戦法をうまく使うのだ。」

そして連合軍は作戦通り勇者を一人ひとりに分けることができた。

「なるほどな、俺たち勇者には集団戦法を使わないといけないと思っていたのか…だがな!その程度で負ける勇者ではないのだ。」

そして戦闘が始まったのだが、怪我をしてはすぐに非難、危険になったらすぐ非難を繰り返していたおかげで今まで負傷者は出ていなかった。

「ちっ。すぐに逃げやがって。これは最後まで取っておくつもりだったが一回使うか。『街切り』」

勇者がそう言った瞬間に剣がいきなり大きくなって、連合軍に襲い掛かった。

「な、なんだったんだ今のは?今の攻撃で何人の負傷者が出た?」

「隊長、今の攻撃で200人の負傷者、13人の死者が出ました。」

「死者が出てしまったか、できるだけ死者は出したくなかったんだがな…」

「見たか!これが俺の『街切り』だ。この世のスキルについては理解しているだろう?単純なスキルでも規模がでかければ強いんだよ。俺のこのスキルは単純に剣をでかくするだけだが、一振りで街を切れるほどでかくなるんだよ。次は横振りで行くぜ。」

そして勇者が横振りをやろうとした瞬間に変化は出た。

「な、何だ?視界がぼやける。関係ねぇ。このまま行くぜ。」

そして勇者が放った剣はさっきの攻撃に比べ明らかに遅くなっていた。しかも、その剣は上に向かって放たれた。

「な、何だこれは?俺の体がぜんぜん言うこと聞かねぇ。」

「アイン様の魔法がやっと発動したか。さすがに勇者は魔法への耐性もすごいな。」

「アイン様の魔法も王都全体だと勇者の耐性を貫くのに時間がかかるのか。」

「何だ貴様ら!!」

「そう怒るな。どうせすぐに終わる。他の勇者にも発動し始めたらしいしな。」

「それじゃあ、これからは俺たちの仕事か。」

「ばかめ。確かに体の調子はおかしいが、お前たちの攻撃力では俺にはぜんぜん聞かないぞ。それまでにはこの変な魔法も解除されているだろう。」

「だから言っているんだろう?俺たちハイヒューマンの仕事だと。」

「ハイヒューマンだと?聞いたことがねぇな。どっかの弱小種族ですか?あぁん?」

「愚かなる者よ…この世界に来たのならこの世界について少しは調べておくべきだったな。」

「来いよ人間、勇者の真の力を見せてやる。」

そんなことを言って勇者は本気を出し始め、確かに少しは元の力に戻ったが、それでもハイヒューマン1人で対処できるレベルだった。

「う~ん。飽きたな。アイン様には魔法をやめてもらうべきだったか?」

「何言ってんだよ。確かにあいつは今雑魚に成り下がっているが、さすがにアイン様の魔法がなかったら数人はけが人が出ただろう。」

「それもそうだな。それじゃあ、止めを刺すか。」

そんな会話をしていると、不良勇者のリーダーの足元に魔方陣が出てきた。

「な、何だこの魔方陣は?この勇者様を召喚しようというのか?」

勇者が戸惑っていたが、それは連合軍にとっても同じ気持ちだった。

「勇者が連れて行かれる。その前に止めをさすのだ。」

そして兵は急いで止めを刺そうとしたが、その前に勇者がどっかに連れて行かれてしまった。

「一体どこに連れて行かれてしまったのだ…とりあえず他の勇者も連れて行かれる前に止めをさしておけ。」

こうして、戦争の一箇所は終わったのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • レッD

    あ、結局皆殺しなのね

    3
コメントを書く