転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

作戦会議

~アイン~

「アイン様、全部の国が攻め込む準備ができました。」

「分かった。それじゃあ、行こう。」

そして、アインは連合国の王様たちを集めて、説舞を始めた。

「今日は集まってもらって感謝する。今日は全国であの王国を攻め込む。」

「いつ決行するのだ?」

他国の王様がそう聞いてきた。

「ああ、それについては、今から2時間後に攻め込みたい。」

「2時間後ということはちょうど正午か…なんか理由はあるのか?」

「ええ、この時間はもっとも日が出ていて、お互いの消耗が激しくなると思う。そしてこちらは向こうよりも兵の数が勝っているため、そこをついていきたい。」

「なるほどな。」

「勇者についてはどうなんだ?」

他の国の王様たちも質問をしてきた。

「それも問題ない。先に言ってあった通り、強い勇者については先に倒しておいた。今王国にいる勇者はそこまで強くないだろう。でも、勇者は個人ではこの世界の人類最強だから1対多で対処をしてくれ。」

「分かった。」

「そのほかには普通の戦争のように兵と兵の戦いになるから、がんばってほしい。仲間同士で争うようなことがあったら両方の兵にはこの戦争から強制的に帰させてもらう。」

「そのくらいだったら兵も分かっているだろう。」

「そう信じるとする。それでは今から2時間後、30国ある連合軍を4つに分けて攻め込んでもらいたい。それでは解散!」

そして、連合軍の王たちは解散していった。

「アイン様は今回何をなさるのですか?」

「ああ、今回戦う兵の中で、僕の兵は少ないからそれ以外で援護しようと思うよ。」

「そういえばいまさらなのですが、何でアイン様の兵は少ないのですか?アイン様の兵がいれば戦争など、簡単に終わるでしょうに。」

「それが問題なんだよ。だって、僕の兵が多くて、簡単に戦争が終わっては他の国は何をしていたのだということになってしまうし、まだ僕の兵の力を全部見られたくないからね。」

「そうでしたか、それでは今回の兵にもオリジナルスキルは使わないように言っておきますか?」

「危険だったら使って良いよ。それにオリジナルスキルは他の国の兵にとっては初めて見るものだからすごさも分からないだろうし。」

「そうですね。それでアイン様は何かをするのですか?」

「うん。王国兵にステータス低下の魔法をかけておくよ。それ以外には戦争が始まってから決めるよ。」

「そうですか…王国は敵には絶対回してはいけない相手にけんかを売ってしまいましたから、これくらいの仕打ちは当然ですね。」

「それでも、善良な市民は皆転移魔法で逃がしておくよ。」

「逃がした市民はどうするのですか?」

「もしも、王国が残っておいたらもう一回戻して、残ってなかったら、行きたい国につ入れていくよ。あの国の市民くらいなら簡単に転移させることができるしね。」

「そうですか。それではできるだけこの国に残ってもらいたいですね。」

「そうだね。この国に残ってもらえるなら僕もうれしいよ。」

「なるほど、アイン様にとってもうれしいのですね。」

そんなことをエリは小さな声で言った。

「ん?何か言った?」

「いいえ、それでは戦争の準備に取り掛かりましょう。」

「そうだね。」



そして2時間がたった。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー313447

    「行きたい国につ入れていくよ」→「行きたい国に連れていくよ」?

    2
  • 咲

    楽しみ

    1
  • ノベルバユーザー21041

    今後も頑張ってください。
    楽しみにしてます。

    4
コメントを書く