転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

反勇者思想

優秀な勇者たちがエリにやられていたその一方で…

「な、なんだったんだ?今の光は。」

「お、おい。ここはどこだ?」

そこまで強くない勇者たちは王城に帰ってこさせられたのだ。

「ここは王城じゃないか…なんでこの一瞬でここまで移動できたんだ?」

「あ、みんな。ここに数人いないんだけど…」

そして冷静さを取り戻し始めた勇者たちはその勇者の中でもリーダーをやっていた勇者がいないことに気がついた。

「何であいつがいないんだ?」

「よく見ればそれ以外の仲間までいなくないか?」

「本当だ。何でだろう?」

勇者たちがこんなことを思っていると、転移してきた部屋に誰かが入ってきた。

「皆さん!もうこちらにいらしていたのですか?」

「君は?」

「私はこの王城の警備をやっている兵です。」

「そうだったのか…それでは王と会えるか?」

「!?お、王様ですか?これからの予定を聞かないと分からないのですが…それよりもいつも我々と会話していた勇者はどうしたのですか?」

「?ああ、あの勇者の事ね。あの勇者なら神によって発動させられた転移魔法の中に入れてなかったみたいだな。たぶん、向こうの大地で数人でさまよっているんじゃないのか?」

「そうだったのですか…分かりました。それでは王様に謁見の時間を作ってもらえるように頼んできますね。」

「よろ~。」

そして兵は王の元に行った。

「陛下、入ってもよろしいでしょうか?」

「ああ、かまわん。入れ。」

「失礼します。」

「で、今回は何の用かな?私も今は戦争準備中で忙しいんだ。」

「ハッ!今回は王城内にいきなり現れた勇者様方があなたに会いたがっているので、お呼びに申しあがりました。」

「王城内にいきなり勇者が現れるだと?なんと不思議な現象が…宰相、勇者たちが呼んでいるらしい、行くぞ。」

「かしこまりました。」

そして王たちは勇者の下へと行った。

「勇者たちよ。」

「何だ、王のおっさんいたのか。びっくりさせんなよ。」

「……」

「で、王のおっさん。久しぶりだな。」

「あ、ああ。そういえばあの勇者のリーダー的存在だった子はどこに行ったんだ?」

「あいつか?あいつは今回の転移魔法に乗せてもらえなかったっぽいな。神に選ばれていなかったんだ。」

「そうか…勇者は数人いなくなってしまったか。」

「ああ、でも、問題ねぇ。俺たちでどうにかしてやるよ、その連合軍とやらを。これを王に言いたかったんだよ。」

「それは頼もしいな。それでは私は一回帰らせてもらうぞ。」

そして王は自分の私室に宰相を連れて入っていった。

「何だあの勇者は!?私の保護がなければこの世界でなにもできないくせに。」

「王、落ち着いてください。今回の戦争で勇者どもに活躍をしてもらって、その後にダンジョンへのトラップ転移魔法でどっかに飛ばしてしまえば良いのですよ。」

「そうか、今回は勇者を切り捨てて、次またはどこかに行ってしまったちゃんとした勇者を探すか。」

「はい。それがよろしいかと。」

「それに今回の戦争に負けてしまったらあいつらはなにもできないしな。殺してもあまり変わりはないだろう。」

そして、とうとう王城内でも反勇者思想が出てきたのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 永遠の病人

    スタートの方しか見てませんが『転生貴族の異世界冒険録』と同じ感じですかね?

    1
  • レッD

    この国王と宰相に
    一回地獄を
    見せてあげてほしい

    4
コメントを書く