転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

移住

アインはキャロラインにある提案をしようとしていた。

「キャロライン、提案があるんだけど。」

「何?」

「君って他の国に行くつもりってある?」

「何で?」

「もう、この際だから言うんだけど、僕って元貴族なんだ。」

「?貴族かもとは思っていたけど、元貴族ってどういうこと?」

「実はさっき王城に行ったんだけど、その時に僕の領地を公国にしてもらったんだけど…」

「え、アイン君の領地が公国になったって言うことはアイン君って一国の王様?」

「そうなるのかもね。でも、この国に対して反逆するつもりはないけどね。結構自由になれて楽だけど。」

「あ、アイン君が一国の王様、アイン君が?アイン様?」

若干キャロラインの頭がオーバーヒートしているので、アインは少し待ってあげることにした。

「落ち着いた?」

「アイン君が王様だったなんて…」

「公国だから王様って言うことではないけどね。ただ、発言力が強くなっただけだけどね。」

「わ、分かったわ。一応理解はしたよ。」

「それで提案なんだけど、僕の公国に来る気はない?」

「え?」

「キャロラインって冒険者としての目標はもう達成しているでしょ。」

「うん。」

「でも、もっと強くなりたいんなら僕の領地に来ない?」

「そこに行けば強くなれるの?」

「クランの初期メンバーは全員僕の領地の兵だから、あのメンバーくらいの人たちなら何人もいるから、その人たちから学べば強くなれるよ。」

「分かったわ。親を説得できたら公国に行くわ。」

「キャロラインの家ってどのくらいの距離にあるの?」

「この街から約1週間くらいの距離にあるわ。」

「なら、僕がそこまで転移魔法で送っていってあげるよ。」

「本当に!?良かった、家まで1週間もかかって家に帰るまでが暇だったんだよね。」

「それじゃあ、今からいけるけど、行く?」

「行くわ。たぶん時間はかからないと思うから。」

そして2人はキャロラインの家に向かった。

「ここかキャロラインの家?」

「うん。」

「結構大きいんだね。」

キャロラインの家は普通に貴族の別荘くらいの大きさがあった。

「アイン君、入るよ。」

そして2人は家の中に入っていった。

「あれ?キャロライン、何で帰ってきているの?今日は平日でしょ。」

「うん。お母さんに言いたいことがあるの。」

「何?」

「とりあえず、あってほしい人がいるんだけど。」

そして僕はキャロラインのお母さんの前に出た。

「こんにちは。」

「キャロライン、彼は?」

「彼は今、学校で隣の席の人なんだけど。」

「やっとキャロラインにも春が来たのね。」

「ち、違うよ。それよりもアイン君から提案があるんだって。」

「僕の名前はアインと申します。今日はこれからの生活についてで、提案があるのです。」

「何かしら?」

「私は新しくできた公国のトップなのですが、娘さんのためにも公国に移住する気はありませんか?」

「キャロラインのため?」

「はい。キャロラインはあなた方両親を目指して冒険者になったそうなのですが、もう目標としていたAランク冒険者にはなっているのです。」

「え!キャロラインって、もうAランクになっているの?」

「そして私の領地にはAランク以上に強い人がいっぱいいるのですが、もっと強くなりたかったら来ないか?と聞いたのです。」

「それで?」

「それで本人は行く気があるそうなのですが、両親と一緒に移住したほうが良いと思いまして、今回は話をしに来ました。」

「そういうことね。キャロラインは本当に行く気があるの?」

「うん。私は行くつもりだよ。」

「だったら、私たちは一緒に行くよ。」

「ありがとう、お母さん。」

こうして親子で問題は解決したのだった。

「あれ?お父さんのほうは良いのですか?」

「大丈夫よ。妻である私が説得しておきますから。」

アインはそう言われたので、キャロラインをつれて街に帰っていったのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • カプ猫

    更新頑張って下さい。

    4
  • 白夜

    これからが楽しみだ

    5
  • 咲

    この時間に更新は嬉しい

    2
コメントを書く