転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

アイン、浮気?

そして4人は教室に着いた。

「ここがこれから僕たちが勉強するところか~」

「やっぱり中学校とは教室の広さがぜんぜん違うね。」

「そうだね。高校では人数も多いし、結構自由らしいから。」

「それじゃあ、先生を待と?」

そして先生がやってきた。

「よし、皆集まっているな。俺がここの教室の担任になった。トランスだ。とはいっても、お前たちは優秀な成績を収めているから俺から教えられることは少ないがな。」

先生は男の人で、冒険者のような顔をしていた。

「先生。教えられることが少ないとは先生は何をするのですか?」

「先生はここの学校では戦闘部門を受け持っている。なぜならお前たちの学力はもう教える必要がないからな。」

「しかし、先生。ここの高校では中学校以上に専門的なことが学べると聞いてきたのですが…」

「ああ、確かに中学校以上に専門的なことは勉強できるぞ。ここの学校では自分の学びたいことを選んでもらって、それにあった先生に習うのだ。」

「どういうことですか?同じクラスにはなったけど違うことを学ぶのですか?」

「そういうことだな。その際には、他のクラスの人と一緒に授業を受けてもらうぞ。」

「分かりました。」

「よし、そこの生徒がいろんなことを質問してきたから、もう説明は要らないな。それじゃあ、今から皆自己紹介をして、自分の学びたいことをリストから選んでくれ。」

先生はそう言うと、生徒に選べられる科目の書かれた紙を配り始めて、数分読む時間をくれてから自己紹介させた。

「それじゃあ自己紹介をしてくれ。」

そして生徒が自己紹介を始めていった。ここのクラスの人は貴族が多いので、貴族科や、内政科を選ぶ人が多かった。その一方で以外にも冒険科を選ぶ人も多かった。

「よし、全員の入りたい学科が分かった。それじゃあ明日から早速授業を開始するからな。今日は入学式だしもう帰っていいぞ。」

先生がそういうと皆、学校から帰る準備をしていった。

「アイン君。」

「あ、セシリア。どうしたの?」

「特には用事がないんだけど一緒に帰ろうって思って。」

「ああ、いいよ。」

「そういえばアイン君って昨日、寮に入っていく姿が見られなかったけどどこにいたの?」

「そうそう、私も昨日アインを見かけなかったんだよね。」

こんなことを話していると2人もやってきた。

「ああ、それについては僕は一ヶ月くらい前からここの街に来ていたからずっと宿にいたんだ。」

「そうだったのね。アインって貴族なんだから宿とかって無事に取れたの?」

「うん。僕は自分が貴族だって言うことを隠していたしね。それに宿のおばさんやあの子もやさしくしてくれたからね。」

「あの子って?」

「そこの宿で働いている女の子なんだ。年齢は僕たちと同じくらいだよ。」

「なるほど。アイン君は新しい女の子にも手を出し始めたか…これは裁きを与えなくては。」

「ち、違うよ。だってそのことは宿でしかあってなかったし。」

「仲いいの?」

「う~ん。僕からの一方通行じゃなきゃ仲はいいと思うけど…仮にも一ヶ月一緒にいたわけだし。」

「アイン君は一ヶ月も他の女の子と過ごしたのね。婚約者というものがありながら。」

「ごめんなさい、本当にごめんなさい。」

「まぁいいわ。その代わりにすぐじゃなくていいから。その子に会わせてね。」

「分かりました!」

アインはセシリアのものすごいオーラにやられてすぐに答えてしまった。

宿の子逃げて~!!

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ペンギン

    すみません、宿の子を忘れてしまっていたので読み返してみます!

    1
  • 名無し

    最後にギャグ(?)が
    入っていて良かったです
    今度良ければキャラ紹介を
    お願いします

    6
  • 咲

    セシリアのものすごいオーラって
    邪神より下なのにビビるって
    なんか面白い

    2
コメントを書く