転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

クラン説明会

そしてアインは冒険者ギルドの総本山にやってきた。

「今日は冒険者ギルドで何かあるっけ?」

「はい。今日は冒険者ギルドのクラン代表の打ち合わせがありますね。」

「ああ、それがあったね。でもあれってやる必要あるのかな?あまりクランの数もないし。」

「それでも毎年クランは増えていっているのですから、新しいクランのために説明会をしているのではないでしょうか?」

「まぁ、分かっているからいいけどね。それじゃあ行こう。」

「はい。」

そして会議室に入っていった。

そこには個性の強い人たちがいた。

「あ、新しく人が来たよ~。」

「君はいつものアイン君じゃないか。また僕と美しい冒険譚について語らないかい?」

「アイン殿ではないか。あなたの商店の武具は我がクランでも使わせてもらっている。感謝する。」

「いつものメンバーだね。」

「だって集合時間はまだ20分後だからな。」

「なぜかこのメンバーだけ早く集まるね。」

「我がクランは漆黒の光による力をもらっているからな。移動など簡単なのだ。」

こんな個性的なメンバーが集まっていた。

「今回はどれくらいクランが増えているかな?」

「多いだろうな。いつも新しいクランはたくさんできるからな。一年持つかは別の話だが…」

「確かにね。いつも僕たちのクラン以外のクランがいっぱいできているけど、一年後にはなくなっているからね。」

「だから我々がいつものメンバーと言うことになっているな。」

「しかし、戦力差はできるけどね。」

「確かに。あるところがずば抜けて強いからな。」

「あの強さは我が漆黒の炎が効かなかったからな。」

「一番新しいのに一番強いなんておかしいよね。何でそんなに強いクランが作れるのアイン君?」

「みんなありがとう。でも強さの正体は教えられないな。企業秘密だよ。」

「冗談だよアイン君。さすがに貴族の兵の強さの秘密なんか本気で知れると思っていないから。」

「それじゃあ他の面子を待つぞ。」

そして20分経つと知らないメンバーも何人も入ってきた。

そしてグランドマスターである僕の兵が入ってきた。

「今日は良く集まってくれた。昔からあるクランはもう飽きるほど聞いているかもしれないが、クランの説明をする。」

そしてグランドマスターはクランについての説明をしていった。
クランにもランクがあること、クランの人数についてなどのいろいろな説明をしていった。

「クランのランクが上がっていけばクランに対して、高度の依頼が来ることもある。そしてその依頼をこなしていけばどんどんと名声が得られるだろう。がんばってくれ。」

そして説明会は終わった。その後はさっきのメンバーが後輩につかまって行っていた。

「みんな人気だね。」

「そうですね。中には服装がすごい冒険者感が出ている奴もいますから。」

「あいつらはああやって舎弟を増やしていっているんだね。」

「それでも人数が一番多いのはアイン様のクランですけど…」

「それでも舎弟って言うのはあこがれるね。」

「それでは募集すればいいじゃないですか。」

「そうだね。それじゃあ冒険者ギルドにポスターでも貼っておこうかな。」

「それではポスターは私が作っておきますね。」

そしてクラン説明会は終わった。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 名無し

    「君はいつものアイン君じゃないか。また僕と美しい冒険譚について語らないかい?」
    の「君はいつもの」は
    いらないのでは無いでしょうか?
    良かったら頭のすみにでも
    置いといてください

    3
コメントを書く