転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

教会と商会

「次は教会に行こう。」

「教会ですか…今となってはアイン様の種族を信仰している人だらけですけど行く必要ありますか?」

「確かに。でも僕のことを信仰してくれる人の事もちゃんと見なくちゃ。」

「アイン様がそうするなら私はついていくだけです。」

「それじゃあ信者にばれないように透明化するよ。」

「はい。」

そして2人は透明化した。

そして転移して、元教国にあった一番大きな教会に向かった。

「神様、あなたのことを信仰し始めてからいろいろなことがうまくいきます。本当にありがとうございます。」

「アイン様って何かしましたか?」

「一応教会に来て、僕のことを信仰してくれたら運が良くなるようにはしているよ。」

「これでは信者になった人が回りの人に広めていけばどんどんと信仰者が増えていきますね。」

「そうだね。それでもさすがに加護を与えているのは本当に僕のことを信仰してくれる人だけだけどね。」

「アイン様の加護となるとものすごく強力な加護がつくのでは?」

「そんな事ないと思うよ。確かに僕の加護は他の神に比べて加護が強いけど、その代わりに加護のレベルを上げるのがつらいから。」

「そうやってバランスを取っているのですね。でもアイン様がここまで自動化してあるのなら、教会に来た意味ってありましたか?」

「信者を見る以外には特に意味はないよ。もう見たから帰ろうか。」

「そうですね。この後はどこに行きますか?」

「とりあえず商会に向かって、その後冒険者ギルドに向かうよ。」

「了解しました。」

『転移』

そしてアインは商会の総本部までやってきた。

「あ、アイン様、今日は何の用でここに来たのですか?」

「いや、僕ももうすぐ学校に入るからその前にこの5年で何をやったか振り返っているんだ。」

「そうでありましたか。しかし、ここの商会の中にいてもほとんど自分の兵ですよ。」

「ふ~ん。何かこの後やることはないの?」

「ありますよ。この後は今世界中にあるあなたの商店の売り上げ発表ですね。」

「そうなんだ。それなら僕もその会に参加していくよ。」

「ほ、本当ですか!?しかしアイン様にまだあったことのない人は緊張してしまうのでは?」

「大丈夫じゃない?それに僕は基本的には何も言わないつもりだから。」

「それなら大丈夫?でしょうか…」

「それじゃあ僕は控えの部屋にいるから、会議が始まる前に教えてね。」

「はい。」

そして会議が始まった。

「今回はアイン様がいらっしゃるが、気にしないでほしい。」

そういうと、アイン様が何で今回はいらっしゃるのだ?や、僕に初めて会った人はあの人がアイン様なんですね。という言葉が聞こえてきた。

「それでは今回の会議を始める。」

そういうといろんなところの商店の売り上げが発表されていった。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ゼクト

    直しておきました。

    アインの種族というのは創焉覇神のことですね。アインのことじゃないのかという意見についてはアインは自分が神だと言うことを自分の領内の人くらいしか知らないので、他の町や国には創焉覇神という神を説いているいるのですよ。

    1
  • 名無し

    アインの種族の創焉覇神を教会
    などが信仰しているからですか?

    2
  • ノベルバユーザー179677

    アイン様の種族を信仰とありますがアイン様を信仰では?

    2
  • 白夜

    最初の教会が協会になってますよ。
    そお言う設定だったらすいません。

    3
コメントを書く