転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

とある少年の物語7

そして2日後

「よし、今日から新しいクランに入るんだから気を引き締めていこう。」

そしてノエルは教えてもらったクランハウスに向かった。

「ノエル、ちゃんと来たようだな。」

「あ、先輩。さすがに初日に遅れるわけには行かないので。」

「そうだな。それじゃあ中に入って2階に行くんだ。」

「はい。」

このクランハウスはどうやら5階建てらしく、今回の説明会は2階で行うため、僕は2階に向かった。

「ここか~。すごい人数だな。」

「少年。お前すごいな、その年齢でここのクランに入るなんて。」

「どういうことですか?」

「なんだ?知らないでこのクランに入ったのか?」

「はい。そうですがこのクランは特別なんですか?」

「そうだ。このクランは特別だ。そのうち説明会が始まるから良く聞いておくんだな。」

そう言われたので待っていると、ちゃんとした服を着ている人がやってきた。

「今回は良く集まってくれた。私は2代目クランメンバーの王都部のトップ、マルスという。俺のことは緊急時以外では隊長と呼べ。」

「「「「「はい。」」」」」

「それでは説明を開始する。
1、君たちは15代目のクランメンバーとして活躍してもらう。
2、このクランのでは活躍に応じて報酬を渡す。
3、このクランでは初期メンバーとこのクランの創設者には絶対に逆らってはいけない。
4、このクランではランキングが出る。しかし、お互いをライバルだと思っても決して敵とは思ってはいけない。
5、このクランでは基本的には2代目までに修行をつけてもらえ。
以上のことを守ってもらいたい。」

「15代目とはどういうことですか?」

「このクランは最初のころからいろいろな人が入った来た。そこで最初の人たちからだんだんと代と呼ぶようになった。」

「分かりました。」

この後は特に何もなく、クエストの受け方や、このクランの中でも覚えなくてはいけない人のことを教えてもらった。

「ちなみにここで修行したいなら地下の訓練所を使うと良いぞ。」

隊長がそう言って説明会が終わった。

「これからどうしようかな~」

「少年。本当にここのことを何にも知らないんだな。」

「どうしてですか?」

「ここは地下の訓練所はな設備が良いと評判なんだぞ。」

「そうだったのですね。それなら僕もそこに向かいたいと思います。」

そしてノエルは地下に向かった。そしてよく分からない機械を見つけた。

「これは?」

「これはゲームという機械だな。どうやらこれをやると力もついて、経験値ももらえるらしい。」

「本当ですか!こんな機械をやるだけで…」

「でもこの機械はこのクランにしか作れないらしい。」

「それじゃあ早速やってみます。」

そしてノエルはゲームを起動させた。

『ようこそ。ゲームの世界へ。この世界では仲間と冒険して、この世界での地位を得てもらいます。』

「これは?」

「これはゲームの案内人だな。このゲームの世界では国があり、力をつけるごとに地位が高くなっていくらしい。」

「そうなんですね。」

『この世界でのあなたの職業を教えてください。』

「これは?」

「これは商人にもなってみたかったって言う人用だな。それでも商人として成功すれば経験値をもらえるようだが。」

「でも僕は冒険者でいいや。」

『それではあなたのことを教えてください。』

そしてゲームの中の人が聞いてきた性別・得意な武器・名前などに答えていった。

そしてノエルはこのゲームが得意だったらしく、一週間で結構なところまで進んでいった。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ゼクト

    視点をそろそろアインに直しますかね。

    2
  • レッディー

    ノエルとアインが会ったところを
    見てみたいです

    3
  • ノベルバユーザー105959

    少年に早くルートを倒してもらいたい

    1
  • ペンギン

    アインをそろそろ見たいです...

    6
  • 咲

    いいっすね〜

    1
コメントを書く