転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

王様に報告

そして2日がたった。

「やっと謁見の日になったか。」

「アイン様、今回はこの半年に何があったか説明するのですね。」

「うん。そのために今日はいろんなところの貴族が集まっているんだ。」

「そうなのですね。それでは今日の謁見でこの半年でどの貴族がどれだけがんばっているのかが分かってしまいますね。」

「そうだね。それじゃあ行こうか。」

そしてアインは王城まで向かった。そこでは門番が待っていた。

「君、今日は何の用で来たんだい?」

「今日は半年に一回の謁見に来ました。」

「それじゃあ貴族だって証明できるものを見せてくれ。」

そしてアインは、貴族だと証明できる物を見せた。

「な、公爵様でしたか。どうぞお通りください。」

「ありがとう。」

そして中に入ると案内人がいた。

「あなたはアイン様ですか?」

「そうだよ。」

「それではそこの4人を連れて私についてきてください。」

そしてその案内人についていくと大きな部屋に案内された。

「それではこの部屋でお待ちください。後でお呼びに来ます。」

「ありがとう。」

そして案内人が出て行った。

「アイン様、この部屋も大きいですね。」

「そうだね。たぶん王城の中でも大きいほうなんじゃないかな?」

「それはアイン様が公爵だからですか?」

「そうだと思うよ。もしくは王女様の婚約者っていうことくらいかな?」

「その二つだけでもこの国内では権力の最上位のほうじゃないですか。」

「そうだね。自分でも恵まれているとは思うよ。それじゃあしばらくここで待っているか。」

そしてしばらくすると再び案内人がやってきた。

「準備ができました。着いて来てください。」

そしてアインは案内人についていき玉座の間の扉までついた。

「それでは護衛の4人はここでお待ちください。」

そしてアインは中に入った。そして王様に首を垂れた。

「アインよ。もういいぞ。」

「ありがとうございます。」

「それでアインはこの半年で何を成し遂げたのだ?」

「はい。まずはダンジョンのことで、今回旅の途中でダンジョンを攻略し、ダンジョンマスターとなり、ダンジョンのランキングを1位にしました。そして他には元4位の国では市民を圧迫している愚王を倒し僕の領地にし、元8位の国では、ダンジョンも多く設置し、その国の上層部とも仲良くなってきました。そして最下位の国では市民が生活も苦しい環境でしたので、支援をしてきました。最下位の国では王都以外の国が私の領になってくれました。」

「アインよ。君は確か旅に出ているはずではなかったかな?それが何故ほぼ2つの国を取り込んでいるのだ?」

「それは確かにまずいとは思っていますが、両方とも市民の意思によって起きた事なので救ってよかったと僕は思っています。」

「はぁ~本当にこれをやったのがアインでよかった。もしもこれがアインじゃなかったらもっと自分のものにしてしまうからな。とりあえずは今回のことはいいぞ。」

「ありがとうございます。」

「それで報告はこれくらいか?これぐらいだと助かるのだが…」

「はい。これ報告はこれくらいですね。」

「助かった。それでじゃあもう部屋から出てよいぞ。」

「かしこまりました。」

そしてアインは元の控え室に戻った。


「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ゼクト

    がんばります。

    1
  • ペンギン

    アイン凄いですね!
    話も面白いです!これからも頑張ってください!

    2
  • ゼクト

    直しておきました。

    これからもがんばります。

    2
  • 鵺伊

    がんべっているのかが、ではなく頑張っているのかが、ではないでしょうか?
    間違っていたらすいません。
    あといつも楽しく読ませてもらっています!
    これからも頑張って下さい!

    4
コメントを書く