転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

あの王国の末路

~4位の王国~

あの出来事の翌日。

「王様、あの者たちはちゃんとこの国から出て行ったそうですよ。」

「そうか、そこはちゃんと守って行ったか。しかし、あの者たちの我々の助けがなければ何もできまい。」

「しかし、あのクランは取り込んでおきたかったですね。」

「まぁ仕方ない。私に逆らうクランなんていらないのだ。」

「それもそうですね。」

この国の上層部は知らなかった。クランを失うことと、商店がなくなっていることによってどんなことがおきるのかを。

一週間後

「王様~。大変です。」

「何が起きたんだ?」

「この前まであった商店がありません。」

「何!?あの商店は確か国内で一番大きな商店ではなかったか?」

「そうです。その商店がクランがいなくなった瞬間になくなったそうです。」

「何故だ!?」

「どうやらあのクランのボスと商店のボスが同じだったようで、そのボスがこの国から手を引くように行ったそうです。」

「そうだったのか…しかし、あの商店街なくなったところでわが国平気であろう。」

「そうですね。私たちはあのクランや商店が来る前からやっていけていたのです。やっていけるでしょう。」

「そうだな。」

そしてさらに一週間がたった。

「国王様~。大変です。」

「今度は何が起きた。」

「どうやらあのクランがいろいろな市民の手助けをしていたらしく、市民から文句が来ています。」

「そんなもの無視をしろ。市民とは貴族や王族のためにある物だ。」

「しかし、商店がなくなったことでも文句が来ています。」

「そっちはなんと言っている。」

「ほとんどすべての市民があの商店で物を買っていたそうで、あの商店がいなくなってから他の店の物の金額が高いと文句が来ています。」

「だからそんなものは兵を使って黙らせておけ。」

「分かりました。」

その翌日

「王様~。どうしましょう。」

「次から次へと。今度は何だ!」

「市民が反乱を起こしました。」

「ついに反乱を起こしたか…貴族の兵や私の兵を使って押さえ込め。」

「しかし王様。実は兵のほうからも文句が来ており、他の貴族たちも困っているそうです。」

「くそ~。そのクランと商店のボスは誰だ。今すぐつれて来い。」

「はい。」

2時間後

「王様。分かりました。」

「おお、やっと分かったか。」

「はい。しかしつれてくることは難しいでしょう。」

「何故だ?」

「この前王様がここで敵対した子供がボスだったそうです。」

「確かに子供でボスはすごいが、それでは捕まえやすいではないか。」

「あのものは公爵だったそうで、一回自国に帰ったそうです。あそこまで捕まえに行くと国際問題になってしまいます。」

「くっそ。それではどうしろと。」

「もうこの国は終わります。」

「何故我が王国があんな子供一人に滅ぼされるのだ~!」

~アインサイド~

「そういえばあの王国ってどうなったの?」

「ああ、あなたの言った通り今日反乱が起きたそうですよ。」

「やっぱりあの国終わるんだね。」

「はい。しかしアイン様、敵対するものには厳しいですね。」

「何で?」

「市民たちを煽って、あの国が滅んだら自分の領地にする変わりに、あの地にまたクランと商店を出す約束をするとは。」

「でも、その提案をしたのは僕だけど行動したのはあの地の市民だから、あの地はいずれ終わっていたよ。」

「それでもアイン様はまた王国ひとつを丸々領地にしてしまったではないですか。」

「それはそうだけど、あそこは僕が一番上で、いろいろなところに貴族みたいなのを作るよ。さすがに貴族があった国を一人で纏め上げるのはつらいからね。」

「つまりアイン様はあの地の王になって、貴族を総換えするのですね。」

「そういうことになるね。」

「アイン様の領地が完全に王国全土を上回りましたね。」

「それは…まぁいいか。それじゃあ次は現地の人に説明してくるね。」

「はい。行ってらっしゃいませ。」

こうしてアインは簡単に国ひとつを落とせるようになっているのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー233455

    パクり乙

    0
  • ゼクト

    女には勝てなかったか・・・

    1
  • ペンギン

    それはあるかもw

    1
  • ノベルバユーザー179677

    婚約者に弱いんじゃない?

    1
  • ゼクト

    自分の民に殺される。愚王らしい最後ですね。

    アインは纏め上げる力もあるんですね(それじゃあアインの弱点は?)

    1
コメントをもっと見る / 書く