転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

2人の成長

「アイン様、私たちにあわせて簡単な依頼をやってくれてありがとうございます。」

「気にしなくていいよ。僕もたまには簡単な以来をやりたかったし、それに一気にLVが上がると体が耐えられないからね。」

「そうなのですか?あまりそのような話は聞かないのですが…」

「うん。だって一気にLvが上がることなんてないからね。」

「それなら私たちは何で一気に上がる可能性があったのですか?」

「それは僕が普通の人よりも多く経験値をもらえるから、その経験値を2人に渡しちゃうと一気にあがっちゃうからね。」

「そうなんですか?なぜアイン様は普通の人よりも多く経験値がもらえるのですか?」

「それはスキルによるものだよ。まぁそこはいいよ。」

「それじゃあステータスを見ていいですか?」

「いいよ。」

そして2人は自分のステータスを見て驚いていた。

「これは何ですか!?」

2人のステータスは強いとはいえなかったが、一回の依頼ではありえないくらい強くなっていた。

「それは僕がもらった経験値を2人に渡したら、結構経験値が多くてこれだけ強くなれたんだよ。」

2人は今、Fランク冒険者からDランク冒険者クラスになっていた。(Cランクモンスターの4分の1くらい)

「なんかズルをしている気分です。アイン様ががんばっているのに私たちが強くなるのは。」

「大丈夫だよ。僕がやりたくてやっているんだから。」

「なら、せめて早く強くなって、アイン様の役に立ちます。」

「それがいいよ。強い冒険者はできるだけ多いほうがいいからね。」

「それじゃあどんどんやりましょう。」

そして3人はどんどんと簡単な依頼をクリアして行った。

そして2人はCランク冒険者の上位くらいの実力になった。

「アイン様。私たちついにここまで強くなりましたよ。」

「私、強くなった。」

「そうだね。この短期間でここまで強くなった人はいないんじゃないの?」

「でも、私たちはほとんど何もしてませんよ。」

「それでも強くなったことは誇っていいんだよ。」

「分かりました。しかし私たちって冒険者ランク低いですよね。早くアイン様に近づきたいです。」

「そうか、それじゃあ今度は君たち2人で高ランクの依頼をやってみる?手伝いはするけど。」

「はい。私たちにやらせてください。私たちも戦っておかないと自分の実力が分かりません。」

「そうだね。それにランクは高いほうが便利だから行こうか。」

そして3人はCランクの依頼を受けた。

しかし2人ともCランク冒険者の上位者クラスの力を持っているのでクリアができ、無事にCランクになれた。

「2人ともCランクになれたね。」

「これもすべてアイン様のおかげです。」

「それでも油断はしないで行こうね。」

「はい。」

「たまにランクにあっていないクエストもあるから。」

「分かりました。」

「それじゃあもうここではご飯を食べて、1日泊まって明日は王都に行こう。」

「はい。ここの王都は何ですか?」

「それが分からないんだ。ここは僕の出身の国ではないから。」

「そうなんですか?」

「うん。そのうちこのたびが終わったら僕の国に連れて行ってあげるよ。」

「ありがとうございます。」

「それじゃあいこうか。」

そして3人はこの街でご飯を食べ、ここで泊まり、王都に向かった。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー286863

    火野目さん…貴方には同じ物を感じます…腐腐腐…何て冗談は置いてやっぱロリはええですねぇペドは許さんが、紳士として、見守っていきましょう!

    2
  • べりあすた

    夏休み終わる前に帰れるかな?

    1
  • 火野目 燐助

    ノベルバユーザー179677さん。ずっと気になってたからそろそろ言うね。
    指摘の仕方が甘い。そのアイコンにしている以上は
    「ふえぇぇ、簡単な以来になっちゃってますぅぅ。」っていわないと。

    1
  • ノベルバユーザー179677

    簡単な以来になっています

    2
  • ゼクト

    成長して、兵くらいの強さになってほしいですね。

    2
コメントをもっと見る / 書く