転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

ダンジョン完全攻略の結果

地上に帰ってきたアインは早速、冒険者ギルドへ帰ってきた。

「すみませ~ん。」

「あ、アイン君。帰ってきていたんだね。」

「はい。依頼の確認をお願いします。」

「はい。…ちゃんと10体倒してあるね。依頼達成よ。報酬は10銅貨よ。」

(一回の依頼で1万円は高いのかな?)

「すみません。ここのギルドマスターを呼んでもらえませんか?」

「なんで?」

「報告したいことがあるからです。」

「そうなの?私には分からないから聞いてくるわ。」

そしてしばらく待っていると、おじさんがやってきた。

「君かね?ギルドマスターの会いたいと言っていた子は。」

「はい。」

「ギルドマスターは忙しいんだ。そんなに簡単には会えない。」

「大事な報告があるんです。」

「そんな事言ったって、ギルドマスターは忙しいんだ。Cランク冒険者のことを気にしている暇なんかないんだ。」

「聞いてやってもいいんじゃないか?」

「あなた様は創焉覇神兵のメンバーじゃないですか!何でこんなこの味方を?」

「大事なことって言ってるし、聞いてやってくれ。子のこのことはうちのクランが責任を負う。」

「あなた様がそこまで言うならいいです。今からギルドマスターとあわせてあげるので、待っててください。」

そういって副ギルドマスターはおくに入って行った。

「アイン様、何でこんなところに?それにSランクの方のギルドカードを見せればよかったのでは?」

「ちょうどCランクのギルドカードを見せて、Cランククエストを成功したときに呼んだからじゃないかな。」

「そうだったのですか。」

「それじゃあ行って来るね。」

そして僕はギルドマスター室に入った。

「君がアイン君か。まさかあのクランが肩入れするとはね。」

「ありがとうございます。ちなみに副ギルドマスターは?」

「今はいないよ。君みたいに私に会いに来る人はたまにいてね、今回もそこに行っているんだろう。」

「そうなんですか。」

「ちなみに何の用があるんだ?」

「今回はダンジョンの攻略のことなんですが。」

「君も何階層までいけました。という人か…」

「完全攻略してきました。」

「何だって!。あのダンジョンは世界の中でも大きさでは6位だが、最後のボスの強さが唯一分からないダンジョンだったのだぞ。Cランクの君に攻略ができたのか?」

「そのことに関しては、公爵であるアインとしてお願いします。」

「公爵のアインといえばSランクじゃないか。なるほど、それなら納得がいくぞ。」

「はい。今回はこのことを伝えに来たので、帰りますね。」

「そうだ、君は6位のダンジョンを攻略したんだよな。」

「はい。」

「それじゃあSSSランクになるぞ。」

「何でですか?」

「50位以内のダンジョンの完全攻略でSSランク、10位以内のダンジョン完全攻略でSSSランク、1位のダンジョンでEXランクになるんだ。」

「そんな制度があったのですか。」

「ああ、ちなみにダンジョンはどうなるんだ?」

「中は変わるかも知れませんが、あのダンジョンは残ります。」

「残るんだな。分かったありがとう。今回のことは本部に伝えておくので、今回からはSSSランクになる。」

「Cランクのほうはそのままでも良いのですか?」

「そっちは1ランクあげたBランクにしておこう。後で受付で受け取ってくれ。」

「分かりました。それでは帰りますね。」

そして僕は受付で、Bランクのギルドカードと、SSSランクのギルドカード(仮)をもらってダンジョンに向かった。

(SSSランクのカードの素材は特別製なため、時間がかかるから。)

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー286863

    子のこの、が✕ この子の、が○ と言う事では?誤字の訂正かと、

    2
  • 火野目 燐助

    ↓こいつ何言ってんの?w早口言葉?

    1
  • ノベルバユーザー179677

    子のこのはこの子のでは?

    1
  • ノベルバユーザー179677

    こんなこのはこんな子のでは?

    1
  • ゼクト

    修学旅行、楽しかった。京都、奈良

    EXランク、なろうとしていないだけ。

    SSSランクになってましたね。しかし、ここでSSSにしたいので、今までを変えました。

    ありがとうございます。がんばります。

    最初で最後でもいいので、コメントしてくれてありがとうございます。コメントしていただくことでがんばれるので、うれしいです。

    1
コメントをもっと見る / 書く