転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

学校の中心

そして2人は学校についた。

「おはようみんな。」

「「アイン君おはよう。」」

「2人ともおはよう。」

「アイン君。昨日は優勝おめでとう。」

「ありがとう。久しぶりに本気が出せて楽しかったよ。」

「アイン君、学校では本気を出せてなかったからね。」

「最初は貴族であることを王様に言うなって言われていたからね。」

「それもあるだろうけど、アイン君が本気で戦ったら強すぎて浮いちゃうかもね。」

「そんなことはなかったと信じるよ。」

そんな雑談をしていると、いつもの男子集団が入ってきた。

「アイン様。今までのことはお許しを。」

「アイン様がまさか公爵様の当主だと思っていなかったんです。」

「アイン様が最初から公爵様だと分かっていたらあんなことはしていませんでした。」

「いいよ。そんなに謝らなくても。元々貴族だって言ってなかったのはこっちなんだから。」

「さすがアイン様。お心も広い。」

そんな中、決勝戦で戦った子が来た。

「貴様はアイン!」

「何?」

「貴様、公爵だからっていい気になるなよ。」

「何を言っているの?」

「貴様が公爵だからって俺はお前を認めたつもりはない。ここでは俺のほうが先輩なんだ。すぐにお前からこの学校の風向きを取り返してみせる。」

「僕は別にこの学校の風向きを取っている意識はないんだけど。」

「だが実際にこの学校の話題はお前の話で持ちきりだ。昨日までは俺が学校の中心だったのに、昨日の出来事だけでお前が学校の中心になっている。こんなこと俺は許せない。」

「学校の中心は言いすぎだよ。」

「言い過ぎではない。今に見ていろすぐに取り返してみせる。」

そういってその子は教室から出て行った。

「アイン。大丈夫?アインに一回負けているのにまだ絡んでくるなんて思ってなかったわ。」

「大丈夫だよ。実害は受けていないし、今のところ何もないから。」

「あいつは昔は良かったんですけど、成長すればするほど自分が爵位の高い貴族の子だと気づいてきて、伯爵の子である我々にも脅しを始めたんです。」

「そうだったんだね。」

「はい。昔はいいやつだったんですけど…」

「それならできるだけ改心してくれることを祈っておこう。」

「はい。これからは我々はあなたへ付いていきます。」

「そんなことしなくいいんだけど…」

「公爵の当主であり、王女様の婚約者であるあなたへ付いていくのは貴族のことして当然のことです。」

「まぁ、嫌われているよりはいいからうれしいよ。これからよろしくね。」

「はい。我々Sクラスの男子はあなたへ付いていくことを約束します。」

「よろしくね。」

この半年後、Sクラスの男子の親の領地には派遣されていた店、冒険者の質が上がり、Sクラスの男子たちは皆、親にほめられた。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く