転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

学園祭1日目

そして学園祭が始まった。

「アイン君。君は今日は私の使用人って言うことになってるからよろしくね。」

「リリス。僕が王城の使用人をできるかわからないけど、できるだけがんばってみるよ。」

「アイン君は公爵だから本来こんなことやらなくていいのだけど。」

「仕方がないよ。僕は今、貴族っていうことを隠しているんだし、この学校には貴族による上下は本来ないはずだから。」

「それでも公爵の当主にこんなことをやらせるのは…」

「大丈夫だよ。それに僕の周りには優秀な使用人がいたからその人の真似をして見るよ。」

「それならいいんだけど。」

「それじゃあもうすぐ始まるからそれぞれの持ち場に行こ。」

そう言って僕たちはそれぞれの持ち場に着いた。

結果から言って劇はうまくいった。

今回の劇ではいろいろな貴族の子が王女様をめぐって、いろいろなサプライズをして、結局侯爵の子が王女様に認められて結婚して王様となり王国を繁栄させるという劇だった。

「まったく。何で私があんな男と結婚することになってるのやら。」

「リリス。仕方ないじゃないか。今回の物語では強い権力を持つ子を多くの貴族の子が奪い合うという物語だったんだから。」

「それにしたて私じゃなくても…」

「それに関しては、このクラスの中で一番権力が強いのは君だから仕方がないじゃないか。」

「そんなことないわ。」

「え?王女である君以上の人なんかいるの?」

「今回の物語を女の子が男を奪い合う物語にすればよかったんだわ。」

「そんな物語にしたって王女よりも上の人がいないじゃないか。」

「あなたがいるじゃない。あなたは私の婚約者なんだから将来権力が高くなるし、現時点でも公爵と言う王族以外のものの中で一番権力が上じゃない。」

「でも、僕は公爵の中でも新米のほうだよ。それにこの学校では一応貴族だって言うことは隠しているんだら。」

「そうだったわね。でももうSクラスに来たんだから隠さなくてもいいと思うけど。」

「王様に言われたことだからね。いいと言われるまで守っておくことにするよ。」

「分かったわ。それより明日はクラス対抗戦だからがんばりましょう。」

「でも、このクラスの男子を怒らせないためにも、ちょっとは手加減するけどね。」

「そう?いいけど三日目のトーナメント戦では本気を出して頂戴。」

「どうして?」

「私、お父様からアインが公爵になったことから後って聞かされてないんだ。」

「どうしてだろう?」

「何でもアインはまたやらかしたのか。とは聞くんだけど内容まで入ってくれないんだ。」

(じゃあ、決闘のことや、戦争のことも知らないのか。)

「他の2人も教えてもらってないんだって。」

「そうなんだ。それよりそんなことは気にしないで今日はもう帰ろうか。」

「ん?なんか無理やり話をそらされた気がするけどそうね。今日はもう帰って明日のための元気を養っておきましょう。」

こうして学園祭初日が終わった。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • べりあすた

    あ、劇のところはカットなのね

    2
  • ノベルバユーザー179677

    最初の会話文の「君は」は入れなくても良いのでは?

    2
コメントを書く