転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

グランド領対教会1

そして1時間がたった。

~グランド領サイド~

「みんな。もうすぐ戦争が始まる。この戦いは僕たちのほうが人数が多いけど、相手にはどんなやつがいるか分からないから、みんな全力で戦ってね。」

「「「「「はい。」」」」」


~教会サイド~

「これから戦争が始まる。今回の戦争は我々のほうが多いが、気を抜かずに全力で叩き潰せ。」

「我々のほうが多いのにですか?」

「ああ、我々教会の力を見せ付けろ。二度とこんなことがないようにするんだ。」

「了解です。」

~グランド領サイド~

「時間だ。全軍突撃~。」

僕は空間魔法であらかじめ待機していた残りの軍を出した。

そして戦況は一方的だった。

「今はどんな状態なの?」

「今は我々にはほとんど被害がありません。相手には今4割ほど被害が出ているそうです。」

「なら今は僕たちのほうが勝ってるんだね。」

「はい。相手はこんなに軍がいないと思ってたらしく、訓練もそんなにつんでなく、数で押すつもりだったらしいです。」

「そうだったんだ。でも相手にはあんなに自信があったからなんか秘密兵器が出てくるかもしれない。気を引き締めてなんか有ったらすぐに教えてね。」

「分かりました。」

そんな僕に連絡が入ったのは20分後だった。

~教会サイド~

「何なんだ。これは。」

「大神官様!また兵がやられました。」

「こちらもやられています。」

「くっ…仕方がない。ハイヒューマンの3人を出す。正直相手がこんなに多かったのは予想外だが彼らなら、300万人くらい倒してくれる。」

「分かりました。ハイヒューマンを呼んで来い。」

そして三人の人が来た。

「教会のために戦いに行ってきます。」

「ありがとう。他の人は?」

「おお、大神官、久しぶりだな。この俺がすべて倒してやるよ。この最強の転生者様がな。」

「我々は神により選ばれし者。召喚されたときからハイヒューマンだった我々に苦戦の文字はない。圧勝してやろう。」

(何でこの二人はいつも上から目線なんだ。)

「まぁいい。二人とも戦ってきてくれ。」

「それじゃあ勝った暁にはいろいろ融通利かせてくれよ。」

「分かっている。しかし相手は300万人必ず勝って来いよ。」

「我々に勝てるものなどいない。かって来てやるよ。」

「そんなに自信が有るならいいんだ。では行って来い。」

~グランド領サイド~

「戦況が押され始めました!」

「何が起きたの?」

「敵にもハイヒューマンがいたそうです。」

「相手の自信はそこから来ていたのか。じゃあ我々も出そう。みんな行ってきて。」

僕は控えていたハイヒューマン部隊を出した。

そしてハイヒューマンは衝突する。




「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ヒカッチ

    この話大好き~(^▽^)

    1
  • ノベルバユーザー179677

    勝ってが平仮名になってます

    1
  • ゼクト

    教えてくれてありがとう。

    3
  • 咲

    地震ではなく自信ですね。
    誤字訂正。

    5
コメントを書く