転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

決闘準備(グリム・グルーグ陣営)

「お父さん、また弱そうな下級貴族に決闘を挑んできたよ。」

「まったくお前は…決闘することには反対じゃないし、お前は下級貴族ばっかと戦うから勝てて、こちらの景気は良くなるが、そんなに頻繁に決闘するな。」

「何で?」

「確かにこの領地は潤うかもしれないが、ほかのところの事も考えないと。」

「いいじゃん。下級貴族のところしかやってないんだから。」

「もしもその下級貴族が上級貴族の庇護下にいたらそこに私は謝らなくてはならないからな。」

「わかったよ。これからは減らすよ。」

「とりあえず兵に言ってくるか。」


~兵視点~

「また決闘だってよ。」

「またかよ。まぁ、この決闘に勝つたびに普段より給料もらえるし、実践って言うのは練習より楽しく、身になるからいいけどな。」

「まぁ、いつもうちのグルーグ様は下級貴族ばっかりに挑んでくるから簡単に勝てるけどな。」

「その代わりに最近じゃあ、あんまり張り合いが無くって身になってないけどな。」

「でも今回の相手は十歳にして爵位をもらってる子らしいから兵もその分強いらしいぞ。」

「へぇ~十歳なのに爵位を持ってるのか。どのくらいなんだ?」

「それは今偵察兵が調べに行ってくれてる。三日後に帰ってくるぞ。」

「分かった。それによって戦術を変えなくてはな。」

~三日後~

「おい、偵察兵が帰ってきたぞ~。」

「おお、よく帰ってきてくれたな。それで相手はどんなだった?」

「兵長。私はこの情報を言ったあとにもう引退したいと思います。」

「なんでだ?まぁ、お前が決めたことならいいけど。」

「ありがとうございます。」

そして偵察兵はグランド領についてを語り始めた。

一つ目はその軍事力についてを言った。
このグリム領の兵が10万人に対して、グランド領の兵が100万人いることや、その中でも自分たちの領地の中でも最強といわれていた創焉覇神兵というクランの上位のほうの人がほとんどがグランド領の兵だったこと。

アインの親が伯爵だったこと。
この国では公爵>侯爵≧伯爵>子爵>男爵>準男爵となっている。ちなみにアインのお父さんは伯爵の中でも権力が強いほうなのでほとんど侯爵と変わらない。

そしてもっとも兵たちにとって恐怖だったのが、アイン自体が公爵だったことだ。
公爵は国王の次に偉いため、完璧に格上に決闘を挑んだことになる。

「どうする。まずいんじゃないか?」

「過去に決闘を挑まれた貴族の兵の中に、自分たちの領主を見捨てて決闘をしていた貴族に寝返った兵たちがいたらしい。」

「まさか我々もそうするのか?」

「ああ、さすがに相手が悪すぎる。兵の数が10倍というのがまずありえないのに、その上、俺は冒険者ギルドで見てしまったんだ。上位のほうのを。」

「どんなだったんだ?」

「簡単に言うと兵長の5倍くらい強いやつが1000人いた。」

「は?兵長はこの軍の中で一番強いんだぞ。その5倍が1000人なんて…」

「もうこれは降伏しよう。正直領主様には悪いが相手が悪すぎる。それに今の侯爵様はいいがグルーグ様になったときに、この領地は終わる気がする。正直新しい公爵様でも向こうについていったほうがいいと思う。」

「みんなの意見は分かった。では今度はもう1回公爵領に軍だけ降伏することを伝えよう。」

「分かりました。しかし今領主様に言うとなんか言ってくるので直前に抜けましょう。」

「では行ってくれ」

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ゼクト

    相手はアインのことをわかってませんから。

    3
  • レッディー

    読んでてアインに挑むやつ
    だんだんかわいそうに思えてくる

    5
  • ゼクト

    直しておきした。

    3
  • 黒木 皇芽

    題名と最初の方でグルークになってます〜

    1
  • ゼクト

    直しておきました。

    1
コメントをもっと見る / 書く