転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

騎士たちの訓練

私の名はフリード。今回の騎士募集で無事騎士になれたものだ。

「とりあえずどうする?本当に領主様は来てないみたいだけど。」

「取り合えず昨日説明されたものを使ってみよう。」

そこで僕たちは昨日領主様に用意されたものを頭にはめた。

「これは確か映像が映し出されるけどそれは本当のものじゃないんだよな。」

僕たちが目を開けると目の前に街があった。

「何だこれは?見たこともないし、昨日のような力がわいてこないぞ。」

「これは確かゲーム?だったかな。この目の前のは本物の街じゃないそうだ。」

「お、ステータスは出てくるみたいだな。」

「この世界の中ではいろいろなことをやっていいらしい。死んでも復活できるし、痛みもないらしいから、この国の騎士になってもいいし、冒険者になってもいいし、商人になってもいいらしい。」

「領主様も何でこんなものを作ったのかな?騎士や冒険者はわかるけど、商人は騎士には関係ないと思うけど。」

「何でも騎士は戦争などでストレスがたまるかもしれないから娯楽のためと、いろんなことに挑戦して副職を見つけてほしいそうだ。」

領主様は本当に僕たちに休みと副職をくれるそうだ。

「とりあえずみんなが生きたいように生きよう。それにこの世界ではみんなが協力するようなイベントや、冒険者がクランを作ってクラン対抗の戦いなどもできるらしいから。」

あれからしばらくの時が過ぎた。領主様のところには情報が入っていてランキングの上位者には特別に報酬が有った。

「くそ~もう少しで上位グループには入れたのに。」

「ドンマイ。俺は冒険者じゃないけど生産部門で報酬がもらえたぜ。」

領主様は冒険者だけに報酬を与えると商人になった人に悪いから生産部門なども作っていった。

ちなみにここ上位の冒険者になった人や上位の商人になった人は実際に領主様が支援金を出してくれて、副職につけていた。

「でも、領主様はどうやってるのかな?実際に魔物を倒すほうがいいけどこのゲームでも経験値がもらえるなんて。」

「そのおかげでこの訓練楽しいし、経験値はもらえるから週一でいいといってたけどほとんど毎日来てる気がする。」

「正直言ってAランククエスト一個で結構金もらえるしね。」

「でも平和なのはいいけどあまりにも戦いがないのは暇だな。」

「平和なのはいいじゃないか。」

「そうだな。それにいつかはあるかもしれないし、訓練しておくか。」

いつかはあるだろう戦争のときのために私たちは訓練を再開した。



「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • べりあすた

    vr?

    1
  • 火野目 燐助

    羨ましい限りだ

    1
  • ゼクト

    いい人ばっかりが集まってくれたのですかね。

    1
  • レッディー

    騎士の人たち、いい人ばっかり

    7
  • ゼクト

    両方直しておきました。

    1
コメントをもっと見る / 書く