転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

王城

「王城に入りますよ。」

「はい。」

とうとう王城か、楽しみだな~。

「ここから謁見をしてもらいます。謁見の間ではくれぐれも粗相の無いようにお願いします。」

「わ、わかってます。」

そういうと護衛の人が扉を開けてくれた。そして僕は謁見の間の真ん中でひざまずいた。

「そなたが私の娘と公爵たちの娘を助けてありがとう。そなたにはその功績をたたえ男爵の地位を与える。」

「は、ありがたき幸せ。」

「それではこれで謁見を終わります。アイン男爵はこのあと話したいことがあるので別の部屋に来てください。」

「はい。」


僕はあのあと呼ばれた部屋にいた。

「アイン君王が来るぞ。」

そういわれたあと王と男の人1人が入ってきた。

「アイン君私はセシリアの父、ベルナント・フォン・カルタナという。このたびは娘を助けてくれてありがとう。」

「いえ、僕は人として当然のことをしただけです。」

「ありがとう。それで言いたいことがあるのだが、私の娘と公爵令嬢が君と結婚したいそうだ。」

「そんな、第二王女と公爵令嬢が僕なんかと。」

「でも本人たちが結婚したいそうだし、それに長女じゃないから大丈夫だよ。まだ5歳だから公開はしないけどね。」

「それはもう決定なんですか?」

「本人たちが望んでいるからね。」

「これはもう決定だ。」

王様のこの一言で僕は決心がついた。

「わかりました。」

「それと男爵になった君に屋敷とお金を与えよう。屋敷に行ったらそこで案内のものにもらってくれ。」

「わかりました。」

はぁ~こっから僕は第二王女と公爵令嬢の婚約者か。

「あ、ちなみにもう一人いたの覚えてる?」

「はい。」

「彼女も婚約者になりたくて親に頼みに行ってるらしいからもしかするともう一人増えるかもね。」

カルタナ公爵が最後に爆弾を落としていったけど。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー286863

    新規のころの作者さんはそら多少先輩の知恵を借りるのは仕方ない。そうしてどんな形でも注目してもらった時にオリジナリティのある文に引き込めばいい。新人とプロを比べるのは違うかな

    2
  • ノベルバユーザー208148

    「アイン君私はセシリアの父、ベルナント・フォン・カルタナという。このたびは娘を助けてくれてありがとう。」
    「いえ、僕は人として当然のことをしただけです。」
    「ありがとう。それで言いたいことがあるのだが、私の娘と公爵令嬢が君と結婚したいそうだ。」
    「そんな、第二王女と公爵令嬢が僕なんかと。」

    ここの文がおかし過ぎる。この前の話で王女の名前はリリス、セシリアは公爵令嬢の筈。この文章から読み取れる内容では王女と婚約するとはどう考えても読み取れない。王と対話しているのか、公爵と対話しているのか、ここの文を読む限りでは公爵と話している事になっているので王女と婚約するという内容は無い。
    それなのに主人公は王女と婚約すると言っていて頭おかしい。登場人物の使い分けをしっかりしてクレメンス

    1
  • ノベルバユーザー99213

    話の展開を早くして読みやすく工夫しているんだと思うのですが、会話だけで進んでって話が凄く軽く感じます。主人公が強く敵に苦戦しない分王女様との時相手の表情や心の声をもう少し細かく書いてみるともっと作品が良くなると思います!!

    2
  • ノベルバユーザー160779

    コメント失礼します。
    細かいことかもしれませんが、
    「そなたが私の娘と公爵たちの娘を助けてありがとう。そなたの……」となっています。
    「そなたが私の娘と公爵たちの娘を助けてくれたのか。ありがとう。そなたの……」にすると、もっと良くなるのではないかと思います。

    3
  • ゼクト

    確かに神龍、神狼・王女、公爵令嬢はパクリかと思いますが、主人公の婚約者はできるだけ爵位が高いほうがいいので、一番上の王女、2番目に上の公爵令嬢になってしまいました。
    テイムに関しては龍と狼とスライムがよく小説でテイムされるのですが、主人公最強なので、スライムを除外した2体になりました。

    5
コメントをもっと見る / 書く