転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

修行

今回は短いです





「創造神様少しお願いがあるのですが。」

「何じゃ?」

「転生する前に修行したいのです。」

「それはなぜかね?」

「僕はまだ地球人としての常識があるせいで生き物を殺す技術がないと思います。なので修行をしたいのです。」

「そうか、わかった。どんな修行がよいのだ。」

「魔物をいっぱい出してもらって修行をしたいです。あと、できれば稽古をつけてもらいたいのですが。」
「それくらいなら大丈夫じゃ。みんなも大丈夫じゃろ。」

「はい。それくらいなら。」

「おう。任せろ。」

「それくらいなら大丈夫だよ~。」

「それでははじめるぞ。」


















それから1年がたった。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー89126

    1番最初の文の「今回は」が理解できないのだが

    2
  • レッディー

    濃くなりすぎてますけどね( ̄▽ ̄;)

    3
  • ゼクト

    この後結構先は濃くなってますよ

    2
  • ノベルバユーザー211622

    話の展開が早すぎる気がしますが、期待してます

    3
コメントを書く