転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

プロローグ

俺の名前は神崎優斗どこにでもいる高校2年生だ。
そんな俺は夏休みに川でおぼれているおばあさんを見つけて思わず
川に飛び込んでおばあさんを助けたが途中で岩にあたり助けたあとすぐに死んでしまった。
ああおれの人生終わるのはやかったな~。
異世界転移や転生なんかできないかな~
そう思いながら俺の意識は薄れていった


















気づいたら俺は白い空間にいた











私の小説は、最初の方はパクリや文章力がないなど言われます。
それに怒っているわけではなく、処女作ということで、だんだん(後になるほど)まだ、文章力が上がり、他作品との被りも少なくなってきますので、よろしくお願いします

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー253131

    それ自分で言っちゃうんですね笑笑

    2
  • ノベルバユーザー308692

    先に言っとくぜ。パクr(殴

    1
  • グラシアス

    岩に当たって死ぬ?

    3
  • ノベルバユーザー286863

    やっぱこの初期の方って文才低いよな後半は結構高いと思うし書き直したほうがこの話で出てく人は少ないと思う

    4
  • ゼクト

    最初の方は他の作品と被ってしまっているかもしれません。
    しかし、途中からは他の作品とは変わってきていると思っているので、よろしければ、先を見ていってください。

    7
コメントをもっと見る / 書く