勇者になれなかった俺は異世界で

倉田フラト

レディア

「もう、何なのよ!」

 ソラとポチが冒険者ギルドから出て行った後、レディアの声が室内に響き渡った。
 その大きさに酒場で騒いでいた屈強な戦士たちも思わず黙ってしまう。
 彼女は気性が荒くはないのだが、ずっと探していた父親の手がかりを見つけ、
 つい、周りを見れなくなってしまっていたのだ。

 大声を出したことにより、発散され落ち着きを取り戻した彼女は落ち着いた様子で失礼と頭を下げた。
 そして彼女はカウンターに行き、受付嬢に声を掛ける。

「依頼を出したいのだけど」

「い、依頼ですか……やめといた方が良いと思います」

 この闇精霊人《ダークエルフ》と彼女は親しい仲であるため、
 レディアがあの迷宮に行こうとしているのを察して止めた方が良いと警告をした。
 
「これは私としての言葉です。レディア、貴女は確かに強くなりました。
 ですが、あの迷宮だけは駄目です。貴女をオウーヌさんと同じ目には――」

 オウーヌ。レディアの父親が迷宮の調査に向かい、行方不明となった日から
 レディアは強くなろうと毎日必死に訓練し、確かに強くなった。
 受付嬢であるセツは友人として時間があればともに訓練をしていたため、
 彼女の成長を一番良く知っている人物なのだ。

 そして、彼女もまた、父親が行方不明になっている一人なのだ。
 
「分かってる。分かってるけど、あんな子どもとなんも鍛えてなさそうな女が行っているんです。
 幾ら依頼を受けていると言っても私は見逃せません。
 それに、あの依頼を出したのは私なのですから責任があります」

「でも!」

「大丈夫です。あの二人を保護したら戻ってきますので、
 脱出様に入り口に待機させる人員を募集する依頼を出したいんです」

 必死になってレディアの事をとめようとするのだが、
 彼女はそれでも行くと言う。
 こうなるとレディアは止まらない。ということを知っているセツは諦め、依頼を許可することにした。

「わかりました……ですが、もし、この依頼で誰かが命を落とすようなことがあれば、
 その時は貴女の責任だと思ってくださいね――私も依頼を許可した身としてそれなりの罰を受けますが」

「ありがとう、セツ」

 依頼を出す。と言っても他の依頼の様に掲示板などに貼り付けて居ては、
 時間が掛かり、間に合わなくなるかもしれない。
 その為、彼女は依頼を書いた紙を片手に酒場の方に行き、大声で叫ぶ。

「この中に私の依頼を受けてくれる者はいないですか!
 報酬はかなり弾みます。迷宮の入り口に待機して時間になったらロープを投げ入れるだけの作業です!
 誰か――」

「俺で良ければ一緒に行くぜ」

 そう言って挙手して立ち上がったのは、ソラ達と数回話をしたことがある。
 あの外見の割には物凄い優しいお兄さんだった。

「是非!お願いします!」

「ああ、任せろ」

 ポチとレディアのやり取りも聞いていた彼は、ソラ達に迷宮の位置を教えたのは俺だと
 少し責任を感じていたのだ。

「他にいませんか?」

 一人では万が一の時に対応できない為、せめてあと一人欲しいと考えるレディアだったが、
 酒場は静まりだれも目を合わせようとしなかった。
 それも仕方がない。Sランクの冒険者が数名行方不明になった場所に行く依頼なのだ。
 いくら入り口で待機と言われても怖いものは怖いのだ。
 だが、そんな中、酒場ではなく入り口の方から二人の少女が駆け寄ってきた。

「はい!」

「はい!私たちで良かったら行きたい!!」

 その二人は顔も身長も程同じの双子の少女だ。
 桃色でふわふわとしているショートヘアで綺麗な瞳をしている二人組だ。
 唯一の差は瞳の色が若干違っているというところだ。
 一人が薄い茶色、もう一人は赤っぽい色をしている。

「是非!」

 そんな子供相手でも今はうれしい。
 迷宮の探索となれば拒否していたところだが、入り口で待機するだけのため、
 子供だろうが関係ないのだ。無事与えられた仕事さえこなしてくれれば。
 こういった依頼は大人よりも子供の方が良いのだ。

 大人は汚い考えを持っているが、子どもはまだ汚れていない為、
 お菓子などを先にあげて、ちゃんとできたら沢山報酬を上げると言い聞かせると、
 純粋な子供は必死に頑張ってくれるのだ。

 人数が集まり、彼女たちはさっそく水の迷宮へと向かうのであった。
 そんなことになっているとは知る由もないソラとポチは、
 迷宮の最奥で何時もの様に戦っているのであった。

「勇者になれなかった俺は異世界で」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く