勇者になれなかった俺は異世界で

倉田フラト

背後の気配

 ソラが勢いよく飛び出して行った頃、後方に居るポチは
 イライラを抑えつつも先ほどから背後から感じる気配に注意を向ける。
 そんな事は知らないギル君は洗脳を解く為の詠唱をしている。
 しっかり『魔王を倒すのは私だ』と言うキーワードを混ぜて
 ポチには到底理解できない未知の言語で詠唱を続け――それは数分間で完了した。

「ポチさん!終わりました!!あとはお二人に掛かってます!」

「そうか」

 数日間でソラによって完全に人格が変わってしまったギル君が
 手を頭付近に持っていき敬礼の様な行動を見せたのだが、
 声を掛けられているポチは全く関心を示さずに一言だけ呟き
 目を瞑り意識を背後に再集中させた。
 
 そんなポチの姿を見てギル君は大して不満に思わず寧ろ、
 こんな状況なのに落ち着いているポチを見て憧れの眼差しを向けていた。
 
「ほう」

 背後の気配をハッキリと感じ取る事が出来、その気配から誰なのかと言う情報まで
 読み取る事が出来たポチはその意外な犯人に思わず声を漏らした。
 その犯人と言うのはソラもギルも良く知っている人物だったのだ。

「おい、十秒以内に右に移動しろ」

「え、はい……?」

 突然の事で疑問に思いつつもしっかりと制限時間以内にその場から右に移動すると、
 ポチが言っていた十秒後に勢いよく矢が飛んで来て先ほどまでギル君が居た地面に突き刺さる。
 矢はポチの方にも飛んで来たのだが、それは届くことは無く加護の力によって音も無く破壊された。

「っ!」

 きっとソラと訓練する前のギルならば驚いて尻もちを付き只々何も出来ずに呆然としていただろう。
 だが、今のギルは違う。矢が飛んできたと思われる方向を警戒して素早く木の幹の裏に身体を隠す。

「ソラさん、早く身を隠してください!」

「必要ない」

 ポチの事を思ってそう声を掛けたのだが、当然ながら必要ないと言われてしまった。
 そしてその数秒後に草木を掻き分け一人の女が姿を現した。

「確実に仕留めたと思ったのですけど、運が良いですね」

「え……どうして?」

 ギルは現れた犯人の姿を見て思わずそう尋ねていた。

「困るんですよね。折角魔王を倒してくれると言うのに邪魔をされると。
 本当は私、こんなことしたくないんですよ?でも、これは私達が出した答えですので
 仕方がないんです――だから、大人しく殺されてくださいね?」

 彼女はそう言って勢いよく飛びかかる。標的は一番近くにいるポチだ。
 受付嬢である彼女は十分にポチの実力は理解しているつもりなのだ。
 あの程度の力なら一人でも十分倒せると。そう思い込んでいる。
 仕方ない事だ。ポチはまだケルベロス討伐しか大きな依頼は達成していないのだから。
 
 冒険者をやっていた時にケルベロスなら何度も倒したことのある彼女にとって
 ポチは大した脅威ではなかったのだ――それが愚かすぎる過ちだと気付かずに。
 此処で人生が終わるとは思わずに。彼女の顔は殺意に満ち溢れた表情で――宙を舞った。
 それは決して比喩とかではなくそのままの意味だ。

 文字通り、受付嬢の頭は殺意に満ち溢れた表情のまま宙を舞ったのだ。
 身体の勢いはとどまらずそのままポチの目の前まで行き、見えない壁に阻まれ
 その場に崩れ落ち、その数秒後に離れた位置に彼女の頭は落下した。

「こ、殺したんですか……」

「ああ、先に手を出して来たのはこいつの方だ。問題はないだろう?」

「そ、そうですね……でも、少し悲しいです」

「そうか」

 糸も容易く目の前の命、それも顔見知りの命が散り、
 どう表現したら良いのか分からない感情に支配されるギルだったが、
 今はそれよりも大切な事があるため、無理やり気持ちを切り替えさせた。

「さて、そろそろか」

 ソラが戦っている方向を見てポチがそう呟き、掌を上空に向けて魔法を発動させる。
 加護も合わせ、魔法陣が何重にも浮かび上がり彼が望んでいる最高の呪いを放つ――
 幾つもの骸が浮かび上がりそれは迷うことなくソラが戦っている勇者たちの方に向かって行く。
 ポチが放ったのはかなり強力な呪い――なのだが、手加減を加えてあるため、
 失明、吐き気、両手足麻痺、酔い、攻撃力低下、防御力低下、魔力低下、混乱、腹痛、
 弱体化……程度の状態異常で済む。

「勇者になれなかった俺は異世界で」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く