勇者になれなかった俺は異世界で

倉田フラト

依頼完了と新たな依頼

 やはりポチの毛並みにかなうものは居ない様だ。
 今日であった魔物も中々に良い毛をしていたが、改めてポチを触るとその差は天と地だ。
 ポチの毛で今日一日の疲れを癒しながらゆっくりと風呂につかってからあがり、
 ぐっすりとふかふかのベットで眠った。

 何事も無く気持ちの良い朝を迎えちゃちゃっと着替えてポチと共に冒険者ギルドに向かう。
 今日は個人で依頼を受けるのではなく、昨日の依頼はどうなったのかを確かめに行くのだ。
 その事はしっかりとポチにも伝えてあるため問題は無い。
 冒険者ギルドに入りいつも通りユリさんの下へ向かうと、此方に気が付いた様で
 ニッコリと笑みを浮かべて出迎えてくれた。

「おはようございます。ソラ君、ポチさん」

「おはよ~」

 挨拶を交わし早速だが山賊討伐はどうなったのかを聞いてみる。

「確認に行ったところ、確かに長らしき人物の死体を確認しました。
 その他にもその死体の周りで自害したであろう複数の死体も確認しました。
 もっとたくさんの人が暮らしていた痕跡があったのですが、その場で発見できたのは7人の死体のみ。
 目を覚ましたアサフさんにも話を聞いた所、見たわけではないが、恐らくソラ君がやったんだろうね。
 とのことでした。証言も一応あることですので無事依頼達成です。おめでとございます!」

 話を聞く限りでは大半のアマゾネス達は場所を移動したようだが、
 一部の恐らくだが、女王の周りにいた筋肉さん達は女王の後を追ったのだろう。

「あと、アサフさん、今度ソラ君と話したいと言ってましたよ。
 今日は勇者たちとの面会があるとかで忙しいらしいです」

「ん、わかった」

 てっきりアサフさんはたまたまリーン王国に来ていただけなのかと思っていたが、
 実際は真の勇者達のと面会と言うSランク冒険者に似合う面倒くさそうな目的があったようだ。
 そういえば神との面会はどうなったのだろうか。無事だと良いのだが……

「ちなみに、たった一つの依頼を完了したからと言ってそう簡単にはランクは上がりませんからね!」

「わかってるよーだ」

 山賊討伐如きで実力が認められるとは思っていない。
 あと数個何か個人で依頼を受ける必要があるだろう。
 今日、依頼を受けるとはポチに言ってなかったが許してくれるだろうか。

「ねぇ、ポチ」

「なんだ?」

「今日も個人で依頼を受けても良い?」

「……直ぐに帰ってくるのだぞ」

 一瞬ポチの機嫌が悪くなったのを表情から察することが出来たが、お許しが出た。
 昨日の様に無駄に時間の掛かるような依頼は止めて置こう。
 自分で探すとどうしても難易度が高い方に行ってしまうので此処はユリさんに任せよう。

「何か良い依頼ないかな?」

「ん~そうですね……荷物を運ぶ依頼なんてどうでしょうか。
 日帰りで帰ってこれますし、ちょっと危ない場所ですが報酬も良いですよ」

「荷物運び……」

 そんなんで実力を示すことは出来ないのではないだろうかと思ったのだが、
 全力で荷物を運んで直ぐに戻ってくれば良いだけの話だと言う事に気が付いた。

「じゃあそれ受ける!」

「はい、では掲示板から紙を持って来てくださいね」

「はーい――っわ!」

「もってきたぞ」

 掲示板に行こうとしたのだが、既にポチが依頼の紙を持って来てくれており
 非常に助かるのだが無言で背後に立って振り向いた瞬間に顔に紙を押し付けるのはやめてほしい。

「ありがとう……ポチは此処で待っててね。すぐ戻るから」

 手続きを済ませて荷物を受け取り早速依頼の場所へ向かう。
 目的地はそこまで遠くないが森の中にある小屋でオークやゴブリン達が居る為、
 安全とは営内場所だ。門を出て門兵の姿が見えなくなるまで離れ、
 俺は身体強化を発動する。そして――疾風の如く移動し一瞬にして目的地の小屋の前まで着いた。
 途中で何かの魔物を殺したのだろう。気が付けば手には小さな魔石が握られていた。

「すいませ~ん」

 木製の家の扉をノックして中にいるであろう人を呼んでみる。

「はいはい」

 中からはとても優しそうなお兄さんが出てきた。
 此方の姿を見て大変驚いている様だったが声には出さなかった。
 まぁ、こんな子供が森の中にいたら普通驚くだろうな。

「これ、依頼で届けに来たよ!」

「お、おぉ!これを待ってたんだ!ありがとう!ちょっと待ってて」

 そう言って家の中から何かの模様が彫られているコインを持って来て此方に渡して来た。
 これが何なのか聞く前にお兄さんは荷物を早く開けたい様でとっとと家の中に入っていってしまった。
 ユリさんに聞けば良いか。そう思い俺は急いで来た道を戻る。
 一瞬にしてリーン王国付近に到着し、身体強化を解除してからゆっくりと門に向かって歩き出す。

「勇者になれなかった俺は異世界で」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ラノベ大好きサムライ

    それな

    0
  • ノベルバユーザー217383

    転移の存在忘れてない?ww
    転移使えば一瞬なのになんでわざわざ身体強化なんだろw

    0
コメントを書く