勇者になれなかった俺は異世界で

倉田フラト

お説教

「ソラ君――っ!!」

 冒険者ギルドに足を踏み入れた途端受付嬢に怒鳴られてしまった。
 顔を見せただけで怒鳴られると言う理不尽な目に合いつつも依頼を完了したいので
 取り敢えずカウンターに向かう。
 出来るだけ例の受付嬢とは目を合わせない様にしながら他の受付嬢の下へ向かう。

 何か凄い怒ってるし、今日は行かない方がよさそうだな
 きっと、あれだ、今日は女の子の日なんだ。そっとしておこう。

 そう思い別の受付嬢の前に行くと何故かニッコリと笑われ――

「ちょっと待ちなさい!貴方はこっちです!

「えぇええ!?」

 背後からがっしりと両肩を掴まれてしまいそのまま力尽くで向きを変えられ
 グイグイと受付嬢にあるまじき力で押されてしまう。
 周りの冒険者たちはこちらを不思議そうに見てくるだけで誰一人動こうとはしない。
 一体俺はどうなってしまうのだろうか……

 強制的に連行されたのはカウンターの奥にある部屋だ。
 中には長机と椅子がありお茶などが置いてあり、休憩室の様に見える。
 そこの椅子に力尽くで座らされる。

「ポチさんはどうしたのですか!!」

 長机を挟んで正面に座られ向かい合う形になったと思ったら
 突然怒鳴られてしまった。

「え、えっと、宿で休んでる……」

 凄く理不尽だが此処で強気で行っては更に怒られそうなので
 弱気で会話を進めて行く。

「そうですか、ならソラ君とみっちりとお話しできますね」

「お話し……」

 明らかに営業スマイルでも自然の笑みでも無い
 不気味で思わずゾワゾワしてしまう笑みを浮かべている。
 お話しとは一体何なのか。

「今までどこに行って居たんですか?」

 先ほど怒鳴ってきた受付嬢とはまるで別人の様に落ち着いた口調で質問してきた。

「えっと、森に行ったり砂漠に行ったり火山に行ったりしてました」

「ふんふん、そうですか、そうですか……ん?」

 一応正直に答えたつもりだったのだが、何かが突っかかった様で彼女は
 此方の事をギロリと睨んできた。
 何かおかしなことを言ってしまったのだろうかと不安になる。

「良いですか、ソラ君。此処から一番近い火山に行くとしても往復で4日はかかるんですよ」

 本当に行って居たのであれば往復で4日掛かる事を指摘してきた。
 どうやら此方の発言を信じるつもりはない様だ。
 それも仕方がないだろう、相手は子供の姿をしているのだから揶揄っている様に聞こえるのだろう。

「そうなんだ」

「そうなんだ、じゃありません。私に嘘は通用しないので正直に答えてください。
 さぁ、今までどこに行って居たのですか?」

 正直に答えてくれと言われても……どうしたら良いのか。

「っ!?」

 頭を悩ましていると突然巨大な魔力を感じ取り思わず振り返ってしまう。
 受付嬢も気が付いた様で立ち上がり結構な速さで俺の事を庇う様な位置に立っていた。

「「……」」

 此方としては何の問題も無いのだが、命の危機かも知れない受付嬢からは
 緊張感がビシビシと伝わって来て思わずこちらも緊張し沈黙の時間が流れる。
 向こうの世界で戦ったあの神よりも強大な魔力だ。
 誰かが止めなければ恐らくこの国は吹き飛んでもおかしくないだろう。
 いっそ俺自身が止めてやろうかと思った矢先――

「ソラ君は此処で待っていてください。絶対に動いてはいけません」

 巨大な魔力の塊が遠ざかっていくのを感じた。
 彼女もそれを感じ取ったのだろう外に様子を見に行くようだ。

「返事はどうしたのですか!」

「は、はい!」

 また怒鳴られてしまった。この受付嬢意外と厳しいかもしれない。
 彼女が部屋から出て行き取り残されてしまった俺は何をしようかと迷う。
 只々待っていると言うのも暇なので集めた魔石でも広げてみようか。
 どうせこの後お金にかえるのだから今のうちに種類を分けて置こう

 俺はポケットから中・小の魔石を取り出して、ケルベロスの魔石は袋から出して
 長机の上にずらりと並べてみた。
 スライムやらオークやらコブリンやら……大きさでなんとなく判断できるのだが、
 それ以外の特徴が無い為、少し分かりにくい。

「それにしてもやっぱり大きいな」

 前にも手にした事があるケルベロスの魔石だが、
 久しぶりに目の当たりにするとその大きさに驚く。
 良くも、昔の俺はこんな化け物みたいなの倒したなぁ……殆どヤミのおかげなんだけど。
 今頃なにしてるかな、ライラに頼んでるから安心――心配だな。

 そんな事を思っていると受付嬢が帰ってきた。

「ソラ君、良い子にしてました――かぁああ!?」

 お爺さんがたんを絡ましたかのような声が聞こえた。

「おかえりなさい。お外は大丈夫だった?」

「お外は大丈夫でしたけど、私の頭がおかしくなりました」

「それは大変、はやく治療しなきゃ!」

「はい……そうですね――って違う!その魔石どうしたのですか!?」

 この受付嬢意外とノリが良いのである。
 俺は指摘された魔石を手に取って説明を始める。

「これは多分ゴブリンの魔石かな、森の中で倒したはず」

「んんん、それじゃあなくてそのおっきいのですよ!それケルベロスの魔石ですよね!!」

 流石受付嬢だ。大きさだけでケルベロスと断定してしまった。
 俺は倒して魔石を回収した本人だからこれはケルベロスと分かるが、
 見ただけで分かるのは日々勉強をかかせていない証拠だろう。

「ああ、こっち。凄いでしょ!」

 子供が親に買ってもらった玩具を自慢するかのように魔石に手を置いて
 ムフーと鼻の穴を膨らませてどうだ、と見せつけてみる。

「確かに凄いですけど!私が気になっているのはどうしてソラ君がそんな物――
 って、ああああああ!ケルベロス討伐の依頼を受けて――倒したのですか!?!?」

「うん、そうだよお姉ちゃんが。凄いでしょ!!」

 あくまでポチがやったのだ。俺は一切手を出してないし関係ありません。

「ポチさんが……一体どれほどの力を――今度真剣に話し合う必要がありそうですね」

「ん、伝えておくね。じゃあまた後日依頼完了しに来るね!」

「はい、お待ちして――んなわけないでしょう。
 確かに驚いて気持ちが浮きましたけどソラ君、お説教は終わってないですよ?
 寧ろ始まってすらいないですよ。さぁ、座りなおしてください」

「え……」

 この後正座をさせられ優しく長々と怒られた。
 足が痺れ正座をやめようとしてもそれは許される事は無かった……

「勇者になれなかった俺は異世界で」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く