勇者になれなかった俺は異世界で

倉田フラト

大魔王の偵察

 大魔王デーグ、大魔王オヌブ、大魔王イガリ、大魔王クロン、大魔王フモア、大魔王ポワ、
 大魔王カタリナ、大魔王ケイル、大魔王コンウ――そして大魔王エリルス。
 計10名、大魔王全員が集まり向かうのはリーン王国。
 雲の上をまるで地上の様に平然と歩きながら進む大魔王達。

「まさかエリルスも来るなんてな」

 不機嫌顔の大魔王イガリが一人楽しそうにルンルンと
 スキップをしているエリルスに向かってそう言った。

「ん~確かめたい事があるからね~」

 エリルスは大魔王会議でリーン王国に行くと言う事が決まったと言う事を
 部下から聞きある事を思いついたのだ。
 それは、ソラに対して嫌がらせをすると言う事だ。
 何故、そんな行動に出るのか、答えは簡単だ。

(真っ先に我に会いに来ないなんて悲しいな~考えがあるんだろうけど~)

 てっきり直ぐにでも会いに来てくれるとばかり思っていたのだが、
 実際は未だにリーン王国に滞在していると言う。
 ソラの事を分かっているつもりのエリルスは何か考えがあっての行動なのだろうと
 分かってはいるのだが、リーン王国に行く機会が出来てしまったのならば、
 非常に仕方がなく胸が痛むのだが……ソラにこの不満をぶつけてやりたい。

 と言う事だ。

「確かめたい事とは?」

 お喋りさんのデーグは何か気になったら直ぐに口を出してしまう為、
 今回も直ぐに首を突っ込んできた。

「ん~ちょっとね~」

「え、教えてくれないのですか」

「秘密だよ~」

 エリルス以外の大魔王達の目的はあくまで偵察だが、
 彼女だけはソラに嫌がらせをしに行くと言う別の目的の為、
 そう簡単に口に出すわけにはいかないのだ。

「そうですか……」

 お喋りのデーグでも彼女が秘密だと言ったらそれ以上口を出すことは出来ない。
 他の大魔王達もそれは例外ではない。
 遥か昔、大魔王は11名いたのだが、そのうちの一人がエリルスが秘密と言ったことに
 しつこく聞いた事があるのだが、あまりにもしつこい為エリルスが怒り、
 その大魔王を殺してしまったと言う事件があるため皆気を付けているのだ。

 そして、リーン王国の上空に辿り着いた大魔王達はゆっくりと高度を下げ始める。
 雲よりも低い位置に行くとリーン王国を上から見下ろすことが出来る。
 沢山の人がいる商店街もこの高度からではミジンコレベルだ。
 大魔王達はこの距離からでも人の顔を確認する事も可能なので、これ以上高度は下げない。

 あまり下げ過ぎると面倒事になるからだ。
 これぐらいの高さならばある程度の実力があるものでしか気付かない。

「さてさて」

 これから大魔王達が探すのは魔王リリをボコボコにした犯人だ。
 何の手掛かりも無い為、取り敢えず力がある者を選定していく。
 普通なら頭が痛くなる作業だが、大魔王達――それも10名も居ればそんな事は直ぐに終わる。
 あっと言う間に数百人程度に絞る事が出来た。

「この中にいるのですね」

「一体どんな奴なんだろうな」

 犯人を絞り込んだと思っている大魔王達だが、その中にソラの姿は無かった。
 それに気が付いているのはエリルスとオヌブのみ。
 二人以外は一生懸命に数百人の中から選定して行っている中、
 大魔王エリルスは一人の少年に目を付けていた。

「み~つけた~」

 その目線の先には昔とは姿形が変わった小さなソラの姿があった。
 姿が変わっているが、ソラの魂が宿っているため直ぐに彼だと分かった。
 そして、エリルスは徐に腕を振り上げた。

「ん?エリルス、お前何を――」

「ど~ん!」

 他の大魔王がエリルスの頭上に溜まる魔力に気が付き声を掛けたのだが、
 時既に遅く――彼女は腕を振り下ろし巨大な魔力の塊をソラに向かって放った。

「お前!?何をしているんだ!!」

 当然だが、抗議の声が上がる。
 それもそのはずだ、エリルスが放ったのは国が一つ滅ぶ規模の魔力なのだから。

「大丈夫だよ~気にしないで無意味な事を続けると良いさ~」

・・・・

 巨大な魔力が迫っているとも知らずに冒険者ギルドの中に入っていってしまったソラ。
 エリルスが放った魔力の塊はそんな事お構いなしに落ちて行く。
 このままでは冒険者ギルドに当たり魔力が拡散し国全体が滅んでしまう――
 だが、冒険者ギルドにぶつかる寸前で見えない何かにそれは弾かれた。

「!?」

 てっきり国が無くなるとばかり思っていた大魔王達はその光景を見て口をポカーンと開けていた。
 弾かれた魔力はしっかりとエリルスの下へと帰っていき、彼女の体内に吸収される。

「何が起こったんだ?」

 大魔王の誰もがそう思い、何者かの仕業なのは間違いない為、
 魔眼を使い周囲を見渡し始めた――
 只、一人だけ、エリルスの視線は冒険者ギルドに向いており
 その先には何故か骨が一本だけ転がっていた――

「おい、エリルスお前何か知っているだろ?」

「……」

「こればかりは答えてもらわないと」「エリルス」「何を隠している?」

 大魔王達からエリルスに向けて様々な声が発せられる。
 深く追求するとまた誰かが犠牲になる危険性はあるのだが、今回のはそれでも知りたいのだ。
 先ほどの件と魔王リリの件、もし同じ人物が犯人ならば、それは早急に手を打たなければいけなくなる。
 大魔王の技を弾く相手だ、放置していたら危険だ。

「は~もう~うるさいな~」

「おい、待て――」

 何を思ったのかエリルスは物凄い速さで地上へと落下して行った。

「勇者になれなかった俺は異世界で」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く