勇者になれなかった俺は異世界で

倉田フラト

的当てゲーム

「ほれ、集め終わったぞ」

 二回目となれば覚えが良いポチはすっかりと手慣れてしまい、
 コアを破壊することなく短時間でスライムのコア10個を集め終わってしまった。
 明らかに不満そうな表情を浮かべてコアと魔石を手渡してくる。

「不満か?」

「当たり前だ。楽しみにしていたのに昨日と同じとはどういうことだ?
 それともこれからソラが楽しませてくれたりするのか?」

「まぁ、まぁ、落ち着いてくれよポチさんやい」

 色々と想定外の出来事が起きたが今回昨日同様にとても簡単な依頼を選んだとは理由がある。
 ポチがこの依頼を直ぐに達成してくれるのは想定済みだ。
 時間が余りにあまって仕方がなくなる事も想定内だ。

「あっちで良いのかな」

 適当に強い気配を探して指をさす。

「沢山いるな……もしかして、あれを殺してもよいのか!?」

「違う!」

 ポチの表情がパァっと明るくなり今日一の大声を上げて興奮していた。
 勿論、殺したりはしない。おそらくあそこには勇者も含まれているのだから。
 今回の本当の目的はたまたま通りかかって石ころを投げてやることだ。
 ほんとは石ころにしたかったのだが、どうやらこの草原には石ころは落ちていない様だ。
 全てスライムが食べてしまっているのだろう。働き者だ。

「ポチよ、勝負をしないか?此処からコアを投げて的に当てられるかどうか」

「ほう、勝負か、悪くない」

「それじゃ、もう少しコアを集めてくれ」

「任せろ!」

 石ころが手に入らないのならばそこらへんに沢山あるコアを投げれば良いのではないか。
 ポチを上手い事話に乗せて大して楽しそうではない勝負を仕掛け
 スライムのコアを集めさせる。

「さてさて、魔眼発動!!」

 ポチが一生懸命スライムをブチャブチャ潰している最中に
 俺は久しぶりに片手を目にやりクワッとヘンテコなポーズを決めてそう叫んだ。

――莫迦みたいなポーズですね

 頭の中に直接そう罵倒してくる魔眼さん。
 周りには聞こえていないため言い返せないため非常にたちが悪い。

「なにが居るのかな~」

 魔眼の力を使い気配のする方向を目をクワっと開いて凝らして見る。
 すると見る見るうちに目標の場所を視認することが出来た。
 そこには何故か倒れている大勢の冒険者の姿と尻もちをついてい勇者の姿があった。
 中には頭をつぶされたりしている者もいたが、気にしないでおこう。

 それよりも――犯人はあいつか

「って、うわ~、まさかの的は魔王さんですか……」

 倒れている冒険者たちを楽しそうに痛み付けているのはリリという魔王らしい。
 エリルスの記憶からは大した情報は読み取れないが、魔王と言う事だけ分かった。
 つまり、俺たちは今から魔王さん相手に石ころ改めスライムのコアを投げつけようとしているのだ。
 飛んだ命知らずだ……まぁ、命なんてないんですけど。

「ほれ、これだけあれば十分だろ?」

「うん、十分!」

 ポチが集めてきてくれたのは大体30個ほどのコアだ。
 プニプニと投げ難いが仕方がないだろう。

「ポチさんやい、あそこにいる楽しそうに踏み踏みしている女が見えるか?」

「ふむ、見えるぞ」

「良かった。あいつが今回の的だ。順番に投げて何発当てれるか勝負だ」

「ほうほう、楽勝だな」

「ほっほぉ~じゃあ俺から投げるぞ!」

 まずはコアに絶対防御を掛け、自身に身体強化を掛ける。
 そして強めに魔王に向かって投げつける。
 本気で投げてしまっては魔王だけではなく周りの冒険者も巻き込みかねない。
 一直線に飛んで行ってくれることを期待したのだが、少し右にずれてしまい
 コアは魔王の右腕にあたり綺麗に肩から下を吹き飛ばしてくれた。

「まぁ、当たったから良しとしようか。ほら、ポチの番だぞ」

「ふふふふ、喰らえ――っ!」

 加減を知らないポチは本気でコアを投げてしまい
 魔王に届く前にコアの方が消滅してしまった。
 ポカーンと口を開けその真実を受け入れたくない様で何度も瞬きをしている
 ポチを見て流石に可哀想だなと思った俺は絶対防御を掛けたコアを渡す。

「これを投げてみろ、壊れないから」

「む、本当か!では、行くぞ!!」

 再び全力投球。
 一直線に飛んでいき周りも巻き込みつつ魔王の顔面にぶち当たる。
 激しい衝撃が起こっているのだろう。倒れている冒険者たちが吹き飛んでいく。
 そして肝心の的は首から上をなくし鮮血の噴水を出し直立していた。

「どうだ?」

「周りにも被害加えたから半分だな。じゃあ次行くぞ――」

「なんだ、そんなルールがあったなら先に言ってくれ」

 例え的の命が無くなろうとも的が無くなったわけではないのだからこの勝負は続く。
 当てる所が無くなるのが先かコアが無くなるのが先か――

「勇者になれなかった俺は異世界で」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く