勇者になれなかった俺は異世界で

倉田フラト

潜入

 壁の中へ入るとやはりそこは戦地と化していた。
 燃え盛る家などから逃げ惑う人々で溢れかえり悲鳴、時には罵声も聞こえてきた。
 皆パニック状態になっているのだろう。
 それも仕方がないか……

 視線をずらすとそこには巨大なエクスマキナの姿があった。
 壁の外から見た時は頭しか見えておらずてっきり人型なのかと思ったのだが、
 それは大きな間違いだったようで、現在目の前にいるエクスマキナは
 全身が金属で出来ているのだろうか光沢を放ち、複数の腕が伸び、
 それと同じように複数の足を持っている。

「機械仕掛けの神様ねぇ……なるほどなるほど」

 ロウォイを見た時は全くエクスマキナと言う言葉が当てはまらなかったのだが、
 今目の前にいるのはエクスマキナと言う名前がとてもお似合いな存在だ。
 周りを見渡してみたが、どうやらここにいるのはこの一体のエクスマキナだけの様だ。
 だが、その一体だけでも倒すのは苦難らしい。

 ポチに乗り人混みを避けて屋上をつたって走りながら観察しているのだが、
 上位陣同盟の者だと思われる人たちが一斉にエクスマキナに攻撃を加えている。
 しかし、その攻撃は半透明の壁に弾かれ、彼方此方に飛んでいき、家などを破壊していた。

「なにあれ」

『簡単に言うとバリアだ。あれがある限り攻撃は通らない。
 それと我らも通る事はできない』

「ん?――うわ、本当だ!厄介だな」

 気が付けば俺たちの前には半透明の壁が存在しており、
 ポチが進むにも進めない状況になっていた。
 一瞬、どうすれば良いんだ?と悩んだのだが、ポチの心を読みそれは直ぐに解決した。

『準備は良いな?』

「ああ!」

 しっかりとポチにしがみつく。幾らポチでも今からやるのはかなりの力を使うため
 衝撃を抑えきれないらしく、俺が落ちてしまう可能性が生じる。
 ポチと俺の身体がうっすらと緑色に発光し、力が漲ってくるのを感じる。
 そして、一度距離を取り、勢いよくバリアに向かって突っ込んでいく。

『ふんっ!』

 バリンッ!となかなか気持ちの良い音を立て、エクスマキナのバリアは砕けた。
 一か所が割れるとヒビが広がっていきバリア全体が脆くなり、
 上位陣の攻撃を受けただけで粉々に砕けて行った。

「ポチってやっぱ凄いよね」

『ふっ、ソラと共に居るのだからこれぐらいは出来て当然だ』

 当然と言われてしまったのだが、俺は体当たりでバリアを壊せる自信は無い。
 具現化した武器でがりがりとやって削る事は出来るのだろう。

『それはすごく間抜けに見えるからやめた方が良いぞ』

「……」

 確かに、自分でも想像したら惨めな気持ちになってきたぞ。

『っ!』

 ポチの心から背後から途轍もない魔法が放たれると言う事を知り、
 再びポチにしがみ付いて落ちないようにする。
 今までよりも遥かに速度を上げて距離を離してから包み込むように結界を貼りその場で止まった。
 振り返りエクスマキナの姿を確認すると、複数の手が巨大な魔法陣を形成しており、
 そこから幾つもの柱上の眩い魔法が放たれ、次々と建物や周囲のものを破壊して行く。

 魔法が落下してきた場所は一瞬にして無と化し、何もかもを消し去っていく。
 その攻撃は数分間もの間続き、止んだ頃には辺り一面が穴だらけになり、
 とても今まで人が住んでいたなど想像もできない程に壊滅していた。

『急ぐぞ』

 まさか大賢者田中がこの攻撃によってやられていたら――
 いくら不老不死になったとはいえ、相手はエクスマキナだ。
 予想外の事が起きているかも知れない。
 そう思った俺の心を読んだポチはすぐさま行動を開始した。

『どうやら大丈夫の様だな』

「え、本当だ……」

 あれから数分後で大賢者田中がいる所に辿り着いた様で、
 ポチが言う様に、目の前の建物だけが無傷だった。
 周りは壊滅しているのにも関わらず傷一つ付いていない建物に違和感を覚える

『この建物は精霊の加護が付いているからな』

「あーなるほどね」

 精霊の加護と言われてしまえば直ぐに納得する。
 その凄さは身近にいるポチ様から分かっている事だ。
 流石ポチ、流石精霊。

 ポチに乗ったまま建物の中に潜入する。
 警備兵の様な者は存在しておらずすんなりと入れてしまった。
 これほど頑丈な建物なら中に避難しているのではないかと思ったのだが、
 中にもそれらしい姿は発見出来なかった。

『逃げ込む前に消滅したんだろうな』

「うへぇ……」

 少し想像するととても可哀想な光景が浮かび、頭を振って振り払う。
 暫く歩くと、何やら話し声が聞こえてきた。
 二人の声、その片方は聞き覚えがあるロウォイの声だった。
 となると、もう一つの声は大賢者田中って事で良いのかな

『敵意は感じない。恐らくその通りだろうな』


「勇者になれなかった俺は異世界で」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く