勇者になれなかった俺は異世界で

倉田フラト

軽い骸骨さん

 何時間寝ていたのだろうか、気が付けばベットには皆が横になっており、
 気持ちよさそうにスピースピーと寝ている。
 朝、串しか食べておらずそこから何も食べずにかなりの時間を寝ていたのだが、
 不思議とお腹は空いていなかった。

 肝心の恐怖も抜けており、身体の震えも止まっていた。
 寝ていたからというだけではなく、三人のおかげだ。

 横になりながらふと思ったことがある。
 それは、神ビィチアに襲われていた際の事だ。
 その際にヘリムが来なくとも骸骨さんたちを呼べば助かったのではないかと。
 一応あの変態も神なのだから骸骨さんたちだけでは倒すことは出来ないと思うが、
 せめて、あの最悪な状況からは脱出できたかもしれない。

 これは骸骨さんのミスではなく俺自身のミスなので、
 決して自分以外を責めることは無く、
 翌朝、誰も居なくなった寝室で骸骨さんを呼んだ。

「骸骨さん」

『な~んですか?』

 骸骨さんを呼ぶと姿は現れなかったが、代わりに軽い感じの声が返ってきた。
 堅苦しい骸骨さんも嫌いでは無いが、こっちの方が気軽に会話が出来て非常に楽だ。
 俺自身、普段から生意気の為、堅苦しい会話などは非常に苦手なのだ。

「俺が襲われていた事はしってるか?」

『あ、ご主人様がエッチな事をされて涙目になってた事ですよね~
 あはっ、知ってます知ってますよ~』

「確かにその通りだけど……」

 物凄い軽い感じでとても良いのだが、少しムカつく言い方だ。

「その件で話があるんだが」

『ん~なんですか?』

「今度から俺の身が危なくなったら助けてくれないか?」

 一度、俺が指示しなくても此方に被害を及ぼした輩を滅ぼしてくれた事はあるのだが、
 基本的に骸骨さんたちは指示がないと動いてはくれない。

『それは~ご主人様の指示が無くても私達で~
 勝手に判断して動いて良いって事ですか?』

「ああ、その通りだ。頼めるか?」

 今回の様に未知の快感を与えられてしまうとそれに耐えるだけで必死になってしまい
 他の事に頭を回すなど不可能なのだ。
 それを解決するには、いつも近くにいてくれる骸骨さんたちが
 自身の判断で危機を救ってくれれば良いのだ。

『ご主人様がそれを望むなら私たちはその通りに動きますよ』

 主従関係とかではなく、骸骨さんたちの意思を聞きたい。
 命令して自分の身を護らせるのは何だか違う気がする。

「ん~、それはそれで有り難いんだが、主人の命令だからとかではなくでな――」

『問題ないですぅ私達一人一人の意思ですよ~』

「そうなのか?」

 言葉を遮られてしまったが、言いたい事は伝わっている様だ。
 だが、この骸骨さんの性格上から即答されると少し信用できない。

『はい、そうですよ~私達一人一人の意思。
 皆がご主人様の為に動きたいと思っていますよ。
 信用できないようなら~私達一人一人呼んで聞いてますぅ?』

「え、いや。そこまでしなくて良い。
 お前の言葉を信じるよ」

 流石に骸骨さん一人一人に聞くとなると丸一日かかってしまうかも知れない。
 とても軽い骸骨さんだが、発言一つ一つは骸骨さんたちのものだと言う事は知っているため、
 信用することにした。

『あはっ、本当に信じちゃうんですか~?』

「お前な……」

 信用しようと思ったとたんにこれだ。
 全くこの骸骨さんの性格にはいろいろと難がありすぎる。
 俺が堅苦しい骸骨さんたちと何度か交流が無かったら、
 今の骸骨さんの事は確実に信用しなかっただろう。

『冗談ですよ~信用してくれて構いませんよ!
 これからはご主人様の身に危険が及びそうならば私たちは指示なしに動きます』

「あ、ああ。頼む」

 突然真面目な口調になった骸骨さんに戸惑いつつも
 取り敢えずこれからはあのような事は起きなくなるだろう。
 少なくともあの変態神に狙われることは無い為、
 骸骨さんの護衛だけで十分助かる。

 骸骨さんの声が消え、俺は朝の身支度を済ませて三人の下へと向かう。

「あ、ソラ君!!もう大丈夫なのかい?」

「む、大丈夫なのかのう?」

『問題なさそうだな』

 何時も通りに部屋に向かうとテーブルには料理が並んでおり、
 既に三人ともそろって座っていた。
 俺の姿を確認すると一斉にそう言ってきた。
 かなり心配をかけたようで非常に申し訳ない気持ちになる。

「ああ、大丈夫だ。皆昨日はありがとな」

 取り敢えず昨日の俺はもういない。
 今日からは戦争に向けて新たに意識をつくりなおさなければいけない。
 もしかしたら今日戦争が起きるかもしれないし、明日かもしれない。
 その可能性がある以上、何時でも対応できる意識でいないと行けないのだ。

「勇者になれなかった俺は異世界で」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く