勇者になれなかった俺は異世界で

倉田フラト

神ビィチア再び

 一時間ちょっとロウォイと話していただけにも関わらず、
 商店街に出ると昼間程ではないが人々で賑わっていた。
 一応ポケットにお金は入っているので、空いている屋台を狙って軽く朝食をとる。

「お、ラッキー」

 美味しい美味しい串焼きの屋台が空いていたのを発見し、
 一目散にその店に向かって串を購入する。
 此方の姿が子供だからと言って無下には扱わず、
 しっかり一人の客と見なして接客をしてくれるので気分が良い。

 これが性格の悪い人の屋台だと、子供だからと言ってものを売らなかったり、
 シッシと追い払われてしまう事が多々ある。
 全く、見た目で判断するのは良くないと教わらなかったのか。
 串を食べながら少し商店街を歩いてみる。

「みぃ~つけた……」

「?」

 ふと誰かの声が聞こえた気がした振り返ってみるが、そこには誰の姿もなく、
 只々何時もの様に人々でにぎわっているだけだった。
 人混みの中でも聞こえてきたような声を不思議に思いながらも 
 再び商店街を歩きだしたのだが――

「んん――!?」

 急に何者かに口をふさがれ、そのまま裏路地へと引っ張られていき、
 何の準備もしていなかった俺の身体は糸も容易く思うがままになる。
 急いでスキルを発動しようとしたのだが、それは叶わなかった。

「っ――!!!」

 人気のない裏路地に連れていかれ、背後から魔の手が伸びてくる。
 その手は胸と男のとても大切な部分に伸びてきた。
 痛みになれてしまった身体とは別に鍛えられていない部分、
 そして今までにされたことの無い為、未知の快感が身体を流れる。

 全身から力が抜けて行き、何もできずにいる俺に更に不意打ちを掛けてくる。
 耳を甘噛みしてきたり舌で舐めてきたのだ。

「――!」

 この前のポチと言い、こいつと言いい、改めて分かった事だが俺は急所責めにはとても弱い。
 全身の力が抜け思わず地面に膝をついてしまうが、その責めは止まる事は無かった。

「ふふふ、可愛いですわね。この前は逃げられてしまいましたけど、
 今回はそうはさせませんわ。と言っても逃げるなんてこと出来ないでしょうけどね」

「!」

 耳元でそう囁いた声に聞き覚えがあった。
 快楽に押しつぶされそうな脳を必死に回転させて記憶を遡る。
 そして一つの苦い思い出がよみがえってきた。
 ヘリムとエキサラに強制的にメイドにされ、此処アルデンに行かされ――変態に出会った。

 ポチのお蔭で辛うじて逃げ出すことが出来た、あの日。
 そして、今俺の事を襲ってきているのは恐らくあの変態だ。

「お、おまえ、は……」

 辛うじて声を出すことが出来た。

「ふふふ、必死ですね。さて、何時になったら可愛い声でないてくれるのでしょうか」

 楽しそうにそう呟く彼女とは裏腹に俺は涙目になっていた。
 このままでは完全に敗北してしまう、俺は助けを求めた。
 誰か、助けてくれ!このままでは変態にやられてしまう!!

 心の声の叫びは普通だれにも届くはずはないのだが、
 ヒーローは決まってその声をどうやってか聞き取り、ピンチに駆けつける。
 だが、俺の場合駆けつけてくれたのはヒーローでも誰でも無く。
 一人の神様だった。

「!」

 音も無く現れた彼女は一瞬にして俺の身体を取り戻し、優しく抱擁してくれた。
 何が起こったのか分からない変態は目をぱちぱちとしている。

「ヘリム……」

「はーい、ソラ君大丈夫だった?もう僕が来たから安心だよ」

 ニッコリと笑顔を向けてくれるヘリム。今日ほど彼女が頼もしいと思った日は無いだろう。
 そしてヘリムは表情を一変させ変態の事を物凄い形相で睨みつける。

「良くも僕のソラ君に手を出してくれたね……
 この前は見逃してやったが、今回はそうは行かない。
 覚悟はできているんだろうな?神ビィチア」

「あらあら、ヘリムじゃないですか……帰ってきていたんですか」

 口調では平然を装っているが、彼女の動きは明らかに鈍っており、
 少しずつだが後ろに後退っている。
 それにしてもこの変態って神様だったのかよ!

「……ああ、そうだった。お前にはまだやってもらう事があるんだった」

 魔法を発動し、何時でもお前を殺せると見せびらかしヘリムはそう言った。
 ビィチアはその言葉を聞き、安心したようだったが、彼女の足は未だに震えていた。

「戦争が起きることは知っているよな?」

「ええ、勿論」

「お前はそこで死んでもらう。
 まぁ、簡単に言うと壁になってもらう。分かったな?」

「……はい」

 一体どれほどの力の差があるのだろうか。
 神であるビィチアが何も言う事が出来ず只々ヘリムの言う事に従っている。
 幾ら力が半分になっているとはいえ、此処まで怯えるものなのだろうか。
 これは過去に何かあったに違いない。

「それと、次、僕のソラ君に何かしたら――お前の周りもすべて消す」

「――!」

 ヘリムはそう捨て台詞を吐いた後、俺を抱いたまま裏路地から姿を消した。

「勇者になれなかった俺は異世界で」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く