勇者になれなかった俺は異世界で

倉田フラト

ロウォイと打ち合わせ

 翌日の朝早くから俺は誰よりも先に目を覚ましていた。
 その理由は昨晩皆にも伝えてあるのだが、アルデンに向かうからだ。
 アルデンに向かう目的はロウォイに色々と伝える事だ。
 昨日の内に骸骨さんを使って朝早くに行くと伝え、了承を得ている。

 ちなみに、何故ポチ達を置いていくのかと言うと、
 それは転移を使って移動をするからだ。
 別について来ても良いのだが、三人とも口を揃えて朝早いから嫌だと言いやがった。
 全く、最近皆だらしないぞ!!そんなにだらだらしていると
 絶対に近い将来お腹がぶよぶよになるんだぞ!!ざまぁみろ!!

 そんな事を心で叫びながらも俺は朝の身支度を済ませてアルデンに転移をする。
 この世界でスキルを使うのも慣れたものだ。 
 つい最近、魔力を使い切りとても残念な思いをしたばかりだが、
 次はそんなミスはしないと決意し、気を付けながら魔法やスキルを使うようにしている。

 アルデンの何処かの裏路地に転移した俺はまず周りに
 人目が無いかを確認してから動き出す。
 もし人目があったら速攻で潰して何も見てませんと言わせなければならない。
 裏路地から出てまだ人の少ない商店街を通る。

 何故ロウォイの家に直接転移をしなかったのかと言うと、
 なんとなく朝の商店街というものを一人で歩いてみたかったのだ。
 普段は人々がぎっしりつまっている場所だが、こうしてガランとしていると
 何か新しい発見があるのではないかと少し期待を胸に歩く。

「まぁ、そんな発見は無かったんだけど」

 何事も発見することは無く、俺は無事にロウォイの家の前まで着いてしまった。
 コンコンコンとノックをしてロウォイの事を呼ぶ。

「は~い、今開けますよ」

 ロウォイの返事の後に簡単に扉が開いたのだが、
 もう少し相手が誰なのかとか確認をしてから開けてほしいものである。
 そんな事を思いながら家の中へと上がる。

「お邪魔します」

「何時ものところに座ってね~」

 そういわれ、何時もの席に座ろうとしたのだが、
 そこには今までとは違い新しい椅子とテーブルが置かれていた。
 素人の為、それが良いものなのかどうかは分からないが、
 とてもすべすべとしており触り心地が良い。

「はい、どうぞ」

「ああ、ありがと」

 飲み物を出し、向かいの椅子に座るロウォイ。

「それで、一体何を話してくれるのでしょうか?」

「んとね、上位陣の動きに気が付いたエクスなんたらさんたちが動き出したらしく、
 戦争が起きる日は近いらしいよ。だからちょっとした打ち合わせをしに来たのさ」

「あら、そのことでしたら知ってますわよ」

「え、そうなの!?」

 てっきり俺から情報を聞いて驚いてくれると思っていたのだが、
 ロウォイは既に情報を入手していたらしく逆に驚かされてしまった。
 それにしても何処から情報を仕入れたんだ?

「お忘れですか?私も一応エクスマキナなんですよ?
 まぁ、私にも声を掛けてくると言う事はよほど非常事態なのでしょうね
 笑っちゃいますわね、ふふふふふふ」

 どうやら同族のエクスマキナから情報を仕入れたらしい。
 裏切者扱いされているロウォイに声を掛けたと言う事はかなり厳しい状況なのだろう。
 それにしてもロウォイってこんな悪女みたいな感じだっけ?
 少し合わない間に人って変わるものだなぁ……

「それで、助けたりしないのか?」

「する訳ないじゃないですか」

 悪女らしく笑っているかと思ったら、
 次は一瞬で真顔に戻り凄く真面目なトーンでお前は莫迦か?と
 言わんばかりにそういわれてしまい、思わず小さくなってしまう。

「そ、そうですね……そ、それよりも、打ち合わせをしよう!」

 気持ちを切り替えて当日の打ち合わせをする。
 打ち合わせと言っても大した事は無いのだが、何もせずにすれ違いになるのは面倒だ。

「そうですね――」

 互いに難しい話は苦手の為、軽い打ち合わせを行った結果がこれだ。
 まず、戦争が起きる日時など分かるわけも無いので、
 戦争が起きた日に大賢者田中がいる国に行き、牢屋の前で合流しようと言う事になった。
 もし二人ともそろう前に緊急事態が起これば片方だけでも行動をし、田中を牢屋から救い出す。
 その場合だと、集合場所はロウォイの家となっている。
 もし、ロウォイの家、アルデンまでも戦地となっている場合は、
 そのうち合流しようという適当な事になった。

 まぁ、俺としては大賢者田中を救い、神を倒して、
 さっさとこの世界からおさらばする予定なので、適当な方が良いのだ。

「じゃ、そう言う事で当日は互いに頑張ろうな」

「はい、恐らく貴方の力がないと救い出すことは出来ないと思いますが、
 私も私なりに頑張ってみますね!」

「勇者になれなかった俺は異世界で」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く