勇者になれなかった俺は異世界で

倉田フラト

過去の傷


「お、ソラが生きておるのじゃ」

「あ、本当だ~」

「おいおい、朝から変な事言うな。
 俺が死んでいたとでも思っていたのか?」

 本日初めて二人に会って飛んできたのはそんな声だった。
 一体何があって俺が死んだと思われていたのだろうか。
 そんな疑問を口にしながらいつも通りの席にポチに運んでもらう。

「昨日寝室に来なかったからのう。まぁ、ちと空き部屋を覗いたら
 気持ちよさそうに寝ている奴がいたがのう」

「相手がポチじゃなかったら間違いなく死んでたね。相手が」

「あぁ、そういう事」

 どうやら俺がポチやエキサラ、ヘリム以外と寝て居たら
 その相手が死んでしまうらしい、頭の可笑しい二人にやられるのだ。
 これからはそのことを胸に刻んで生きて行こう。
 と言っても俺が寝るとしたらヤミ達以外だと誰も居ないと思うのだが、
 ちなみに俺がヤミ達と寝るときは流石のヘリムやご主人様だろうが、
 邪魔をするなら多少は怒るぞ。

「この後、昨日の件でアルデンに向かうのじゃが、
 どうせなら皆で行くかのう?」

「いいね~」

 料理を口に運ぶのをいったん止めた
 二人の視線が俺に突き刺さる。
 完全に拒否できない状況を作り出されてしまった。
 まぁ、どのみち暇なので付いていくつもりだったが。

「俺も行くよ」

『なら、当然我も良くぞ』

「ポチも行くそうだ、それと闘技大会ポチも参加する」

「うむ、全員じゃな。片付けが終わったら早速出発じゃ――と、その前にじゃ」

「「ん?」」

 エキサラが何か言いたい事がある様だ。
 俺達は首を軽く傾げる。

「これからの事を考えるとのう、
 あまり、顔や実名を晒すのは良くないと思ってのう」

「ふむ」

 確かに闘技場で本気を出すとすると
 目立ってしまうのは逃れられない事だろう。
 変に目を付けられない様にするためにもエキサラが言うように
 実名や顔を隠すのは得策と言えるだろう。

「具体的にはどうするの?」

「仮面を付けるのじゃ、名前は適当に妾が付けるのじゃ」

「なるほど」

「いいね~」

 仮面で顔を隠すのは少し悪目立ちしそうだが
 まぁ、顔を隠す方法と言ったらそれ位しか思いつかないので
 仕方が無いだろう。
 エキサラのネーミングセンスがどんなものかは分からないが
 何だか物凄く心配だ。いっそ俺が付けた方が良い様な……

「ちなみに、仮面ってどんな感じのやつなんだい?」

「ん、普通のじゃ目の穴と鼻の穴が開いてるぐらいの仮面じゃ」

「シンプルで良いね」

 仮面を付けた三人と擬人化したポチが
 揃って歩いたりしていると非常に狂気を感じる。
 傍から見ると物凄く怪しい集団にみえるだろう。

『そもそも子どもが闘技場に行く時点でおかしいだろ』

「子ども言うな、本当はもう少しかっこよくて背が大きいんだぞ!」

『ふんっ』

 この世界に来る前の姿を軽く説明すると
 信じていないのかポチに鼻で笑われてしまった。
 本当だもん、もっと身長あってイケメン……は言いすぎかもしれないけど
 もっと身長あったんだよ!!

「ソラ君はどっちかと言うと可愛い顔つきだけど
 頑張ってカッコよく見せようとしてる可愛い男の子だったよ」

「そ、そんな風に思ってたのか!?」

 更に追い打ちを掛けるかのようにヘリムの一言が飛んできた。
 自分では一切恰好を付けているなんて事は――無いと言いたいのだが、
 振り返ってみると……

『これが、選ばれし者に与えられる訓練と言う奴か』

 少し遠い場所に向かうだけの事だが、
 そんな事を何の恥じらいも無く呟いてる少年が一人。

「うっ!」

『目覚めよ我が力よ、契約に基づき命じる!
 漆黒の炎を纏いて奴を喰らい尽くせ!
 さぁ、己が無力を知れ!――闇魔法ッ!』

 一つのスキルを発動するだけで意味の分からないことを言って
 変なポーズをとっている少年が一人……

「うはっ!」

「ソラは何をしているのじゃ?」

「きっと過去の自分と戦っているのさ、
 こういう時はそっとして温かい目で見守るのが一番だよ」

 俺が過去の事を思い出して恥ずかしさのあまり
 自らダメージを喰らっていると傍からそんな声が聞こえて来た。

『――我が剣に宿え!闇魔法ダークネス・ソーサリー

 剣に魔法を付与するだけの事……

「うぅうう!」

 く、くそう!なんで俺はこんなことばかり口走っていたんだ!!
 確かに、あの時の俺は厨二だったけど!
 ……今でもたまにそういった台詞を口走りたくなる時はあるけども、
 流石にこれは痛すぎるぞ、俺!!!

 今度からはもう少し痛くない様な言葉を選ぼう。
 次があるかどうかはわからないけど。

「勇者になれなかった俺は異世界で」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く