勇者になれなかった俺は異世界で

倉田フラト

捕虜らしく

「どうしたのじゃ?」

「……魔物の大群が向かってきてるらしい」

 魔物の接近を聞き焦っている俺とは裏腹にエキサラは
 「ほぅ」と声を漏らすだけだった。
 普通の魔物なら俺も焦りはしなかっただろう。
 だがこの世界の魔物は普通ではないのだ。

 本で読み一度戦った経験しかないが、
 明らかにこの世界の魔物は異常な強さだった。
 そんな異端な存在達の大群が此方に向かってきている。
 それはこの場にいる皆の死を意味していた。

「あ、あんた達の所為よ!」

「は?」

 これからどういう行動をすべきかと考えていると
 捕虜の中から初めて声が上がった。
 今まではずっと黙って大人しくしていたが
 魔物の接近を聞き黙っていられなくなったのだろう。
 発せられた声は怒りで震えている様にも感じた。

「あんた達がリーダーを殺したから
 私達まで死ぬはめになったじゃないのよ!」

 捕虜の中を見渡し声を上げている者の姿を確認した。
 半透明の綺麗な羽を生やしている妖精族の女の様だ。

「どういう――」

「何じゃ?お主等はエルフ共を殺しに来ていたのじゃろ?
 だったら死ぬ覚悟位できておるはずじゃのう?」

「くっ……」

 妖精族の女の言葉に疑問を抱き詳しく聞こうとしたのだが、
 エキサラに言葉を遮られてしまった。
 殺しに来てるんだ殺されても良い覚悟は出来ているのだろう。
 と当たり前の事を言われて妖精族の女は黙り込んでしまった。

「ふっ、本当にお主等はつまらぬ生き物じゃ
 で、ソラよ何か言わなかったかのう?」

 エキサラが一瞬だけだが妖精族達の事を睨みつけてた様に見えた。
 何か思うところがあったのだろうか。

「ああ、えっと、さっき妖精族の女が言っていた事なんだけど」

「なんじゃ、そんな事かのう。粗方、妖精族のリーダーが
 魔物の指揮権を持っていたのじゃろうな。
 そのリーダーを妾が殺してしまったからのう、
 指揮を失った魔物達が暴走でもしているのじゃろうな」

「な、なるほど、ご主人様は詳しいな」

「あくまで予想じゃ、実際はどうなんじゃ?」

 あまりにもペラペラと喋るものだから
 妖精族について詳しく知っているのではないかと思ったが、
 たんに予想だったらしい。
 エキサラはその予想が真実なのかどうかを知るために
 先ほどの女に話を振った。

「そうよ、その通りよ、
 私達は基本的に全員魔物を操る事が出来るけど、
 統率力を高めるためリーダーを決めて指揮権を全て託すのよ……」

「これは随分と詳しく……」

「なんじゃ、敵の妾達にそんなに詳しく教えても良かったのかのう」

 何故だか物凄く詳しく教えてくれた彼女だったが、
 先ほどの威勢は無くなっており虚ろな目をしていた。

「どうせ死ぬんだからどうでも良いのよ、そんな事……」

「ふむ」

 どうやらあり得もしない自分たちの死を確信しているらしい。
 女だけではなく人獣も他の妖精族も死んだ様な顔をしていた。
 小さい妖精族は見た目だけでも無く中身も幼いのか泣いている妖精族もいた。 
 そんな捕虜達を見て俺は大きな溜息を吐いた。

「全く、どいつもこいつも勝手だ」

「そうじゃのう」

 俺の言葉にうんうんと頷くエキサラ。

「お前等さ、自分の立場わかってんのか?」

「「……」」

「捕虜でしょ、それがどうしらのよ……」

 答えが返ってきたが、
 その答えを言ったのはやはり先ほどの女。
 他の捕虜達は聞いているのかも分からない感じだ。

「そうだ、お前等は捕虜なんだよ。
 それがどういう意味か分かるか?」

「私達を良いだけ弄んだり利用したりするんでしょ?」

「そうだ!……いや、弄んだりはしないが、
 お前等の事は思う存分利用するつもりだ」

「……」

 勢いでそうだ!とか言ってしまったが、
 微塵も弄んだりしようなんて考えてもいない。
 ……本当にね。

「なのにお前等は何故、そんな死んだような顔をしているんだ?」

「は?何を言っているの?
 どうせ私たちはみんな魔物に殺されるのよ……」

「お前こそ何を言っているんだ?
 折角手に入れた捕虜だぞ?簡単に死なせる訳ないだろ?」

「うむ、そうじゃのう」

 捕虜達は完全に魔物に殺される未来しか見えていない様だ。
 全く、本当に勝手な奴らだ。
 確かに魔物は物凄く強い。
 だけどそれ以上に俺達の方が強いに決まってる。

「え、だって、魔物が――」

「そんなもん俺達がどうにかしてやるよ」

 正確にはエキサラとポチがどうにかしてくれるんだけど、
 恐らく不死の力があっても俺は魔物一体ぐらいで精一杯だろう。
 今回、ポチは暴れるならという理由で一緒に来てくれている。
 だが、未だにそれは叶っていない、だったら、今がそれを叶える時だ。
 それに魔法を一発しか放っていないエキサラもまだまだいけるはずだ。

「そんなの無理に決まってる――」

「うるせえ、黙って捕虜らしくしとけ
 絶対に死なせたりしねえからな」

 このロケットペンダントの為にもこいつらを絶対に守り抜く。
 俺はポケットの上からペンダントを握り誓った。

「協力してくれるか?」

「無論じゃ」

『やっと暴れられるのか』

 これからが本当の戦争だ。
 相手は魔物の大群、此方はたった三人。
 多勢に無勢――違う、多勢に最強だ。

「勇者になれなかった俺は異世界で」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く