勇者になれなかった俺は異世界で

倉田フラト

バレちゃった

 ポチの毛は言っていた通り結界が貼ってあるようで、
 汚れが一切付いておらず物凄くふわふわしていて気持ちがよい。
 当然ながらノミやダニなども一切居ない。

 体全体が毛の中にゆっくりと飲み込まれていき、
 優しい感覚に包まれ幸せな気分になれる。
 今、ポチは俺の乗せて走っているのだが、
 不思議と振動があまり伝わってこないのだ。

 まるで空中を歩いているかのような程静かだ。
 結構な速さで走っているため周りの景色が
 ハッキリと確認することが出来ない。
 それほどの速さで移動しているのにもかかわらず、
 風を一切感じないのだ。

 フェンリルと言う生き物は不思議だらけだ。
 頭の中に話しかけてきたり
 いきなり人間の姿になってみたり、
 本当に不思議だ、何時か詳しく調べてみたい。

『そろそろ着くぞ』 

 流石はフェンリルだ。
 あっという間に城の近くまで来たらしい。
 こんなに楽な移動手段があるって知ったら
 もう歩きには戻れないかも……

 そんな事を思っているとポチが止まった。
 不思議に思い周りを見渡してみると
 目の前には大きなお城が建っていた。

「もう着いたんだ……残念」

『ん、何か言ったか?』

 このモフモフの毛の感触が味わえなくなってしまうと思うと、
 思わず声に出てしまったが幸いな事に
 小声でボソリと出てしまっただけでポチには聞こえてなかったようだ。

「いや、何でもない。
 ここまで送ってくれてありがとな。」

『ソラはまだ動けないだろう?
 中まで送るぞ、家族は城の中にいるのか?』

「家族みたいに優しい方々なら居るよ」

『そうか』

 ポチは城の扉の前に行き、
 頭をぶつけてノックでもしようとしたのだろうか、
 少し距離を取り頭を振った――が、

「おかえりーソラ君」

 タイミング良くヘリムが城内から
 扉を開けてくれポチのノックは空ぶった。
 流石ヘリムだ。
 見計らったようなタイミングで……って絶対見計らってるだろ。

「ただいま」

『ん、これがソラの家族か?
 随分と神々しいオーラを纏っているな』

 ヘリムが神々しいオーラを纏っているだって?
 俺にはそんなオーラ感じないけどな。

「えへへ、ありがとね。君中々良いこと言ってくれるね~」

『ぬ?』

「あれ、ポチの声聞こえてるの?」

 俺の頭の中に話しかけて来ているはずのポチの声に
 恰も普通の様に反応しているヘリムの事を見て俺は少し驚いた。
 ポチも不思議に思っているようで可愛らしく首を傾げていた。

「うん、聞こえてるよ。だって、僕神様だよ。
 ソラ君が聞こえるもの、見えてるもの、やっているもの、全部分かるのさ」

 おい、俺のプライバシーはどうなってるんだ。
 まぁ、前々から知っていた事だから今更どうこう言うつもりないけど。
 それにしても頭の中に話しかけて来てる言葉まで分かるのか、
 流石だな、本当に何度もありだ。

『それは驚いたな。
 ソラの家族には神様がいるのか』

「いやいや、家族じゃないからな」

「うん、そうだね。僕とソラ君はそんな安っぽい関係じゃなくてね
 もっともっとかたーい絆で結ばれた――」

「おい、変な事言ったら怒るぞ」

「うう、ごめんなさい」

『仲が良いんだな』

 そういったポチの声は何処か寂しげのある声にも聞こえた。

「まぁな、何時かはポチともこれ位仲良くなりたいものだ」

『っ!……ふっ、面白い事を言うのだな、
 例え仲良くなったとしても我とソラでは寿命が違いすぎる』

 なるほど、ポチは例え仲の良い友達が出来たとしても
 寿命が他の種族とは桁違いだから最終的には独りになってしまうのか、
 なんというか、それは悲しいな。
 ……って待てよ、それって俺も同じじゃねえか!
 いや、でも俺にはエキサラ達がいるか……良かった。

「ははーん、ポチは何も知らないんだな。」

『む、どういう事だ?』

「俺の復活力は知ってるだろ?」

『ああ――ああ!』

 ポチは途中で俺の言いたい事がわかったようで、
 顔をはっと上げ大きな声を上げた。

「俺だったらポチとずっと仲良く出来るとおもうんだけどな」

『……』

 ポチは暫く無言のままで首を少し曲げて、
 背中に横たわっている俺の事をジーと見つめてきた。
 俺はこういう時どういった反応をしたら良いのか分からなかった為、
 取りあえずニヘラと笑った。

『ふっ、仕方ないな。
 少しぐらいは仲良くしてやってもいいぞ』

「えっ、本当?」

『ああ』

「やった!!ありがとう!」

 これで毎日気軽にモフモフできるぞ!
 やったね、ありがとう!

「ねぇ、僕の存在忘れてないよね?」

 今までずっと俺とポチの会話を聞いていた
 ヘリムが今にも泣き出しそうな声でそう言ってきた。

「はは、忘れてないさ……」

 すっかり忘れてたなんて口が裂けても言えない

「むぅ……」

「ソラよ帰ってきたのかのう……ってなんじゃその生き物は」

「「あ」」

 階段から降りてきたエキサラがそんな事を言い、
 俺とヘリムは顔を見合わせた。

 一番バレては行けない人物にバレてしまった。
 俺とヘリムは思わず顔が引き攣ってしまった。
 そんな俺たちとは裏腹にポチは欠伸をしている。

「むむ、二人ともどうしたのじゃ?」

「え、えーとね……」

 どうやって説明をしようかと
 ヘリムは俺に目線で助けを求めてきた。
 助けを求められても困る、というか一番困ってるのは俺だ。

「ど、どうしようソラ君……」

 遂には小声でそう聞いてきた。
 俺もそれに応え、エキサラには届かない様な小声で返す。

「本当にどうしたら良いんだろうな……」

「いっそ、本当のこと言っちゃうかい?」

「それは……」

 エキサラに真実を言ってしまった時の反応が
 頭の中に浮かんだ。

 エキサラが怒りポチを殺してしまう可能性、
 ポチが無事でも俺の体は只では済まないだろう。
 良くて一日中喰われるか……悪くて三日って所かな。

 どのみち真実を言ってしまったら俺の体は犠牲となるだろう。
 俺の体だけで済めば良いのだが……
 折角ポチと仲良く出来る様になったのに、ここで失いたくない。

 考えろ、どうすれば誰も犠牲にならず解決するのか。
 そもそも真実を言ったとしてもエキサラが怒らないという場合もある。
 だが、それを試すにはリスクが高すぎる。

『二人ともどうしたんだ?……って、あれはエキサラじゃないか。』

「そうだ、あれは俺のご主人様のエ――って、え?」

 さらりとポチがとんでもないことを言い出し、
 俺は思わずスルーしそうになった。

『ん?』

「ポチ知ってるのか?」

『ああ、昔我に肉を提供してくれた事があってな』

「まじかよ……知り合いかよ」

「それはびっくりだね……」

 結構身近な所に打開策はあった。
 ポチとたまたま出会ってエキサラの話をしたら
 久しぶりに会いたいとなり――
 的な事を言えば納得してくれるだろう

「むぅ、何を二人でこそこそしてるのじゃ、
 妾だけ仲間外れかのう……それにその生き物――
 おろ?よく見るとフェンリルなのじゃ、久しいのう
 何じゃ、肉を求めてまた来たのかの?仕方ない奴じゃ」

 俺が誤魔化す必要も無く、
 エキサラは何やら一人で解決してしまった。
 助かったと言えば助かったのだが、
 何だか今まで必死に考えていたのが無駄になり悲しい。

「良かったねソラ君」

「ああ、助かった」

 俺たちは一安心し胸をなでおろした。

「なんじゃと……ソラよ、それは本当かのう?」

「「え」」

 そんな安心も束の間、エキサラがそんな事を言い出した。
 一体なにに付いて聞いているのだろうか、

『むむ、エキサラにソラの事を言ったのだが……
 何か不味かったか?』

 そんな事を思っていると、
 ポチが頭の中にとんでもない事を送ってきた。
 お前か犯人、このポチめ。

「ご主人様……ごめん、なさい。」

 もうバレてしまったのならば仕方がない。
 ここで嘘をついても無駄な足掻きというものだ。
 俺はそう思い、素直に謝ることにした。

「僕からも謝るから、
 今回の事は許してくれないかい?」

「む、許すも何も別に妾は怒ってないのじゃ」

「「え」」

「聞いた限りじゃ、ソラは一人の少女を救うために
 やったことのなのじゃろ?
 人助けは良いことなのじゃ。」

 あれ、思っていたよりもエキサラが優しい。
 どうやら俺は今まで勘違いをしていたようだ。

「なんだ……良かった」

「うん、良かったねー」

 再び安心し胸をなでおろしたが、

「でも、妾に秘密にしていたことは、
 ちと許せないかのう……」

 嫌な予感がし体から汗があふれだす
 大体この後の言葉は予想できる。

「罰として、今晩は寝かせないからのう、
 覚悟するのじゃ」

「……」

 俺の予想通りの言葉が発せられた。
 助かったと思ったがやはりこうなるのだ。
 俺は無言のままヘリムの顔を見つめたが、

「えへへ、その……頑張ってね!」

 そういってヘリムは逃げるように
 どこかへ行ってしまった。

「くそ、薄情者の神様め」

 取りあえず一段落し、
 俺は既にヘリムとエキサラが作ってくれていた
 夕食を食べることにした。

 此処でポチを帰すのもなんだか気が引けるので
 エキサラにポチも一緒に夕飯を食べても良いか許可を取った。
 色々と聞きたいこともあるらしく快く許可してくれ、
 俺はポチの背中に乗ったまま部屋へと向かった。

「ところで、ソラ君」

「ん?」

「その状態じゃ何も口にできないでしょ?」

「あー、そうだった」

 一瞬自分が動けないという事を忘れてしまっていた。
 ヘリムの言う通り動くことが出来なければ
 口の中に料理を運ぶことなど到底無理な事だ。

「食べさせてあげるよ~」

 ヘリムはポチの上に居る俺の体を抱き上げ、
 そのまま椅子に座らせてくれた。
 体に力が入らずだらしない座り方になっているが仕方がない。

「ありがとな」

「えへへ~」

 ニヘラァと笑いながらヘリムは料理を取りに
 厨房へ向かっていった。

『ソラ、我はこの姿の方が良いのか?
 それとも人型になった方が良いか?』

 ポチがわざわざだらしなく座っている俺の横に来て
 そう尋ねてきた。

「人型になってくれると色々と助かる」

『そうか、分かった』

 フェンリルの姿だと会話が不便過ぎる。
 ヘリムには関係ないだろうが、
 俺とエキサラは他人とポチが会話している時に
 ポチの声を聞き取る事が出来ない。

「よいしょ」

 人型になったポチは俺の横の席に座った。
 なんの衣服も纏っていない為裸だが、
 ポチは男でも女でも無いため隠す所がなく、
 別に裸のままでもいいのではないかと思ってしまう。

「何じゃ、また知らぬ顔がいるのじゃ」

 料理を運んできたエキサラは少し驚き
 体をジロジロと観察しながら料理をテーブルに並べていく。

「我だ」

「なんじゃ、フェンリルかのう」

「フェンリルじゃなくて我にはポチという名がある、
 だからポチと呼んでくれ」

「分かったのじゃポチ」

 ポチという名を付けたのは俺だが、
 正直にいって申し訳なく思っていたが、
 気に入ってくれて何よりだ。

 それからヘリムも料理を持ってくる際、
 同じような反応をしていた。
 料理がテーブルの上に溢れだすほど並び、
 俺たちは美味しく頂いた。

 人に食べさせてもらうのは楽なのだが楽じゃない。
 変に緊張してしまい楽なのだが疲れてしまう。

 ポチは美味しそうに料理を食べていた。
 てっきり肉しか食べないかと思っていたのだが、
 そんな事は無いらしい。

「勇者になれなかった俺は異世界で」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • アン・コ・ロモチ

    って事はポチも不死身かぁ( ̄∇ ̄)
    このパーティーに勝てる想像が出来ない(笑)

    0
コメントを書く