勇者になれなかった俺は異世界で

倉田フラト

契約

 片付けを終えた後エキサラに一言いってから
 俺とヘリムは空き部屋に向った。
 広くて寂しい部屋には窓があるだけでそれ以外は何もない。
 そんな寂寥感せきりょうかん溢れる部屋で二人っきり。

 窓から自然な光が差し込み部屋を微弱ながら照らす。
 灯りを付けようと思えば付けれるのだが、
 俺は必要ないと判断した。

 空気も何だか不味くて俺は窓を開け、
 空気の入れ替えと気分転換を兼ねて少し外を眺めた。
 この城の周りは大半が森の為人工的な光が一切なく、
 空を見上げると物凄く綺麗だ。

「綺麗だね。」

「ああ、そうだな。」

 何時の間にかに横に来て一緒になって空を眺めている
 ヘリムに相槌をうちながら眺めた。
 夜空の光が俺とヘリムを照らす。

「ソラ君」

「ん?」

 目線は空に向けたままヘリムは俺の名前を呼んだ。
 無言の空間に鳴き声が転がり込んで来た。 

「さっき言ってたけど復讐するのかい?」

 森から何かの鳴き声が聞こえて来る。
 虫の鳴き声より優しくは無いが何処か心地よい。
 俺は鳴き声を聞きながら一間開けて答えた。

「……ああ。」

「理由を聞いても良いかい?」

「自分とのけじめの為……かな」

 けじめを付けるために俺は復讐する。
 そうは口に出してみたけど本当にそれが正しいのか
 間違っているのか俺には分からない。

「そっか……ごめんね。」

「え?」

 ヘリムは申し訳なさそうにそう言い、
 俺は何に対しての謝罪の言葉なのか理解出来なかった。

「ソラ君のケジメ、つけれそうにないや。」

「それはどういう――」

「ごめんなさい!」

 突然ヘリムが此方を向いて頭を下げて来た。

「おいおい、一体どうしたんだよ。」

「ごめんなさい、僕がソラ君の復讐相手殺してしまいました。」

「えぇ!?」

 ヘリムの声は震えていて
 本当に申し訳ないと思っている様だ。
 俺は予想外の発言に思わず驚いてしまったが、
 ヘリムの事だ、きっと俺の為にやった事なのだろうと冷静に考えた。

「そっか、取り敢えず顔上げてくれ。」

「はい、ごめんなさい。」

 そんなに謝る事ないのに……

 ヘリムはゆっくりと顔を上げた。
 潤んだ瞳と赤くなっている頬が夜空の光を受け、
 更に頭を下げた時に乱れた髪が一層ヘリムを艶かしく魅せる。

「――っ!」

 俺は思わずドキりとし、ヘリムから目を逸らした。
 照れ隠しをしつつ俺は目を逸らしながら話した。

「ヘリムの事だから俺の為にやってくれたんだろ?」

「うん……僕のソラ君を傷つけた奴等が憎くて……」

「そっか、なら謝る事ない。
 正直に言って俺が復讐するってなったら何年掛かるか分からないからな
 ありがとう、ヘリム。
 何時も本当にありがとう。感謝してるよ。」

 ケジメって言ったけどよくよく考えてみたら
 只単にゴウルが殺された時、何もできなかったあの時の俺に対する
 八つ当たりみたいな物だった。

「ソラ君……僕は――」

 ヘリムがそう言いながら俺に抱き着こうと、
 手を広げ此方に寄って来た瞬間――

「おーい、お主等、ちょっと様子を見に来たのじゃが、
 何二人で楽しもうとしているのじゃ?」

 扉が開かれエキサラがそんな事を言ってガツガツと
 此方に向って来た。

「うわ、ご主人様。
 今すっごく良い雰囲気だったんだよ。
 僕とソラ君が約束通り一線を越えるチャンスだったのに!」

 あれ?
 先程までの可愛らしいヘリムはどこに行ったんだろうか。
 何時も通りのヘリムに戻っていた。

「何じゃその約束とやらは!
 ソラよ、妾に教えるのじゃ!」

「えぇ、知らないよ……」

「えぇ!ソラ君約束したじゃないか!」

 あぁ、騒がしい。
 先ほどまでのヘリムを返してくれ。
 ……でもまぁ、こっちのヘリムの方が良いな。

「知らん知らん。
 あー、ちょっと散歩してくる。」

 俺はそう言って逃げる様にして部屋から出た。

 逃げる様にして俺は城の外に出ていた。
 灯りは一切無いが夜空の光だけで十分明るい。
 先程少しドキリとしてしまったせいで、
 物凄く体が熱くなっていた為、冷やすために外に出た。

 村へと続く一本道をぶらぶらと散歩する。
 心地の良い風が木々の葉を揺らし、
 俺の体を撫でる。

「凄く良いな。この自然な感じ。」

 久々の夜の散歩に感激しながら
 もっと自然を味わいたいと思った俺は大きく息を吸った。
 森の優しい香りと共に吸う。

「おぉ、空気が美味しいってこの事だな。
 心なしかちょっと鉄の臭いがするけど……

 ほんの少しだが変な臭いが混ざっている。
 嗅ぎ慣れているあの独特な鉄の臭い。
 散々飲まされ、出させられ、殺され。
 忘れるわけが無いこの血の独特な臭いを。

 こんな自然豊かな森の中で血の臭いが僅かだが香った。
 魔物の血の臭い、それとも人の血の臭いなのだろうか、
 どちらにせよ嫌な予感がした俺は今すぐに此処から離れようと
 回れ右をして後ろを向いたが――

――助けてっ!!

 耳を劈く様な甲高い悲鳴が森の中に響き渡った。
 明らかに魔物では無くそれは人の声。
 何の関係も無く助ける必要なんて微塵も無い。
 聞かなかった事にして帰ろう。

 そう心では思っていたのだが、
 体は勝手に動き出す。
 僅かな血の臭いを手掛かりに森の中へと進んでいく。
 道なき道が続くが俺の体はお構いなしに進んでいく。

 心とは真逆な行動をしているが、
 俺は足を止めようとはしなかった。
 此処で帰ってしまったらきっと後悔する。
 俺が助けに行ってもどうにかなると言う保証は無い。
 そもそも今から行って間に合うのかどうかも分からない。
 だけど、行かないよりかはマシだ。
 行かずに後悔するより行って後悔した方が良いに決まっている。

 草が生い茂っている森の中を臭いを頼りに進んでいく。
 徐々に臭いが強くなり目的地が近くなっている事を知らせる。
 臭いが強くなるに連れて俺の鼓動も早くなっていく。

 遂に森が開けている場所出た。
 そこには尻餅を着いている一人の少女がいた。
 怯えている目の先には大きな狼いた。
 狼の口は真っ赤に染まっておりその足元には
 彼方此方破損している死体がゴロゴロと転がっていた。

「――っ!」

 今にも少女に飛び掛かろうとしている狼と少女の間に
 ボロボロの短剣を具現化して飛び込んだ。
 明らかに勝敗は見えている。
 だが、そんな事はどうでも良かった。
 目の前に可愛い少女がいる、
 それだけで救うには十分な理由だ。

 後ろに居る少女の事を庇う様に俺は短剣を構えた。

――グルルル 

「ひっ……」

 狼が牙を剥き出しにしてあからさまに威嚇して来た。
 後ろに居る少女から小さな悲鳴が漏れた。
 俺も悲鳴を上げたい程怖いが、此処は男として堪え、
 何時でも狼が襲ってきても良い様に集中して狼を見据えた。

 数十秒ほどしか経っていないが、
 俺にはその数秒がとても長く感じる。
 何時襲ってくるのかも分からず気を抜けぬ状況、
 しかも少女一人を守りながら戦わなくてはいけない。

 防御に徹底して確実に短剣で弾けば死にはしないだろうが、
 それも耐久戦になるに連れて不利になるのは目に見えている。
 幾らエキサラの力が在るとはいえ体力無限と言う訳では無い。 
 無論死ぬなら別だが。

 今回は何があっても死ぬ訳には行かない。
 やれるだけはやってみるがこの大きな狼と交戦して
 どこまで行けるのかは分からない。
 勝算はほぼゼロに近いと言っても良いだろう。
 だが、意地でも負ける訳には行かない、
 せめて少女が逃げる時間位は耐えてみせないと。

 短剣を握る手が汗で滲む。
 未だにドクンドクンとうるさい程なっている鼓動。
 震えも止まらない。

 体から滲みでる汗が夜風に拭かれ少しひんやりとする。
 狼との睨み合いが続く、何方共一向に動こうとはしない。
 狼の目は確りと俺の事を見据えており、
 俺は少女を逃がすなら今だと思い、

「俺が囮になるからお前は逃げろよ。
 絶対に逃げろよ、逃げなかったらもう知らんからな。」

 少女に聞こえる様な小声でそう言った。
 此処で俺が囮になってもこの少女が逃げなかったら意味が無い。
 絶対に逃げろよと釘を打ち、俺は心の準備をした。

「で、でも……」

 深呼吸を繰り返していると後ろから
 今にも消えそうな細い声が聞こえて来た。

「でもじゃない。逃げろ。
 お前に選択権は無いんだよ。
 此処で逃げなかったら一生恨むかもしれないぞ。」

 どうしても逃げて欲しかった為、
 若干厳しい事を言ったが、それも少女の為を思ってだ。
 ちなみに恨んだりなんてしない。

「……や、だ。
 もう、誰かが死ぬのは……やだ」

 少女の声は少しではあるが、
 先ほどよりも力強くそう言って来た。

 この少女は俺が死ぬのを当たり前の様にいってやがる、
 全く、舐められたもんだ。

「……俺は死なねえ。約束する。
 だからお前も死ぬな。」

「う、そ」

「言っとくがこれは借りだからな。
 お前が大きくなったら絶対に返せよ、約束だ。」

 全然言う事を聞いてくれない少女に俺は
 少し意地悪な事を言った。

「ぜったい?」

「ああ、絶対だ。」

「……わかった」

 意地悪の効果があった様で、
 やっと言う事を聞いてくれそうだ。
 このやり取りを見て狼は何を思っているのだろうか、
 会話の最中狼から目を離す事は無かったが、
 狼はまるで俺達の会話が終わるのを待っているかのように欠伸をしたのだ。

「終わったぜ狼さんよ。
 律儀に待っててありがとさん。」

 少女の会話をしたことによって、
 恐怖心が和らぎ気が付けば震えが止まっていた。
 鼓動の速さも心なしか落ち着いてきている気がする。

 心の準備は出来た。
 後は体を動かすだけ。

「待たせたな、行くぞ狼――っ!」

 俺が走りだした瞬間、
 背後の森がカサカサと騒めく音が聞こえた。
 きっと少女が約束通り逃げてくれたのだろう。
 俺は一安心したが、
 一切気は抜かずに狼に向っていった。

 距離を詰めたが一向に狼は動こうとはしなかった。
 疑問に思った俺は足を止め、バックステップで距離を離した。
 狼の考えが全く読めない。

『無暗に突っ込んで来なかったのは褒めてやろう』

「っ!?此奴脳内に直接――」

 脳内に声が響いた直後、
 俺の目の前には風が在った。
 鋭い爪を模った風が今まさに俺に振り下ろされようとしていた。

『戦闘中に考え事など、まだまだ若いな』

 そう狼が言った瞬間風が振り下ろされた。
 当たればひとたまりもないだろう。
 そんな事は見てわかる。

 だが、俺には当たらない。
 短剣によって風は無効化された。

「ビックリしたな……」

『これは驚いたな、我の攻撃を防ぐ人間がいるとは。
 人間も捨てたものではないのだな。』

「そりゃどうも、それに免じて此処は見逃してくれたしない?
 正直に言って俺が勝てる訳ないし傷一つ付けられないと思う。」

 会話が出来るなら、
 まだ希望はあると思い俺はそう発した。

『別に良い』

「え、まじで!」

『――が、条件がある。毎日我に肉を与える事だ。
 それも魔物では無い肉、特に人間とエルフの肉は良い物だ』

 上げて落とす。
 世の中そんな甘くは無い様だ。
 だが、この条件なら達成できそうだ。

「分かった。俺が上げられるのは人間の肉だ。」

『ほう、随分と余裕そうだな。』

「まぁ、な。」

 自分の身を削る事になるけどな。

『一応貴様が逃げられない様に契約を結ぶが勿論問題無いな?』

「ああ、問題ないとも。」

『此方に来い。安心しろ危害を加えたりはしない』

「ああ」

 俺は狼の言葉を信じて短剣を消し、
 狼の元まで行った。
 改めて近くで見ると物凄く大きくてモフモフしている。

『我の毛を一本だけ毟り取って飲むんだ』

「えぇ、大丈夫なのかそれ。」

『何だ?我が汚いとでも言いたいのか?
 安心しろ我の体は結界で守られている故に常に清潔だ』

 そう言う意味じゃないんだけどな、
 まぁ、いいや。
 俺は目の前にある狼の前足の毛を一本だけ抜いた。
 こっそりのモフモフを堪能したのは秘密だ。

「い、いただきます。」

 パクリゴクリと気分が悪くならないうちに
 一瞬で飲み込んだ。
 すると、一瞬だけだが体が熱くなった。

『これで貴様は我から逃れられない。
 明日この時間帯で此処で待つ』

「ああ……」

 そう言って狼は森の中へと姿を消した。

「はぁ、面倒な事が増えたな。」

 俺はそう呟き、一度後ろを振り返った。

「あの少女は確りと逃げたみたいだな。良かった。」

 少女が居ない事を確認して俺は城へと戻った。

「勇者になれなかった俺は異世界で」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く