勇者になれなかった俺は異世界で

倉田フラト

お引越し

 思いの外疲れていたらしく、
 俺は直ぐ気を失うかの様に眠ってしまった。

 戦いの中、何度か武器をイメージして具現化させる事が出来、
 魔力操作はほぼ完璧と言ってもいいだろう。

 問題はリミッター解除の制御だ。
 何時もやろうとは思っているのだが、
 どうしても邪魔が入ってしまう。
 これは運命なのかもしれないな。

 今までは魔力操作をメインとして練習してきたが、
 次からはリミッター解除の制御をメインとしてやっていこう。
 一応ヘリムに一緒に居てもらおう。万が一があるかもしれないからな。

「ふぅ、」

 目が覚めた俺はそんな事を考えながら、
 軽く息を吐き寝すぎて鈍った体を思いっきり伸ばす。

「ん~~~」

 ぽきぽきと骨がなるが、
 それが何故が心地よい。

 ベッドには俺一人しかいなく、
 あの爺の事をもう少し詳しく知りたい俺は
 取り敢えずリビングに向う事にした。

 リビングに行くと何時も通り、
 エキサラとヘリムが何やら話していたが、
 肝心の爺が何処にも見当たらない。

「む、おはよじゃ。」

「おはよー」

「ん、おはよ。」

 此方に気が付いたエキサラに続き、
 ヘリムも挨拶してきたので当然返す。

「爺なら帰ったのじゃ。」

「ええ!」

 俺がキョロキョロしていたのに気づいたエキサラは 
 さり気無くそう言ってきた。

「色々と聞きたい事あったんだけどな……」

「何じゃ、奴の事なら妾に聞くのじゃ」

「おお、助かる。」

 今思えば俺が聞きたい事は
 爺の正体と何故此処に来たのかと言う事だったから、
 前者は親し気に話していたエキサラに聞けば分かる事だった。
 後者は運よく爺がエキサラに話していればいいんだけど。

「じゃ、まず爺は何者なの?」

「奴はのう、昔の妾の執事じゃ。
 爺は滅多に仮面を外さないから正体はあまり知られていないがのう、
 爺の正体はのう、怨念の塊見たいな者じゃ。」

「みたいなものって……」

 怨念の塊……どおりで一人だけ雰囲気がやばかった訳だ。
 納得納得。
 つか、怨念の塊が執事だったって……
 いや、エキサラなら別に不思議な事では無いか。

「他に聞きたい事はないかのう?」

「最後、なんで此処に来たのか。」

「うむ、それについてはのう
 結構大事な事だからのう
 ソラが来てから話そうと思っていたのじゃ。」

 エキサラが言う結構大事な話とやらを聞くために、
 皆でテーブルの椅子に座る事になり、
 ヘリムと俺がエキサラと向かう感じに座った。
 話し手と聞き手が分かれていて良い感じだ。

 エキサラがこれから話そうとしている事は
 一応エキサラと一緒にヘリムもいただろうから知っている事なのだろう。
 だが、一応聞き手だ。

「では、早速話すとするかのう。」

「おう」

「うん」

 軽く返事をしエキサラの次の言葉を待つ。
 一体どんな話をするのだろう。
 良い話しなのか悪い話なのか。
 ワクワクもするがそれ以上に不安だ。

「最近、王国やら何やら知らぬが、
 妾達の平穏の乱す輩が現れ出したのじゃ。」

「うん、そうだね。」

「ああ。」

「爺が言うにはのう、
 どうやら、王国は妾の事を捕まえたいらしいのじゃ。」

「なるほど。」

 この前此処で大量虐殺があったし、
 結構強い騎士様も此処で亡くなったし、
 そりゃ、国としてはこんな危険人物放っておくわけにはいかないよな。
 殆どヘリムの仕業で、エキサラのせいではないが、
 生憎、此処に住んでるのはエキサラだけという認識なのだろう。

 爺はそれを伝える為にわざわざ来てくれたのか。

「それでのう、爺からも提案があったのじゃが……」

 ごくり、と唾を飲み込む。
 ここから先の言葉が怖い。
 もし、王国を滅ぼしにいくのじゃ。
 とか言い出したらどうしよう。
 せめて俺が強くなってからにしてくれ。

「お引越しする事にするのじゃ。」

「おお、良いね!引っ越し。」

「……良かった。」

 平和的解決策がエキサラの口から出て、
 俺は物凄く安心した。
 それにしてもお引越しって……
 いい歳した……いや、これ以上は身の危険を感じる。

「ちなみに引っ越す場所は決まっているのか?」

「うむ、爺が既に爺が先に行って準備をしてくれているのじゃ。」

「おお。」

 爺仕事が早い。
 具体的な場所を聞きたいところだが、
 地名など言われても分かる訳がない為、
 心の中にしまい込んだ。

「移動は妾が転移で移動するのじゃ。
 引っ越す準備は早めに済ますのじゃ。
 出来れば今日中に彼方に行きたいからのう。」

「分かったよー」

 今日中か、準備と言っても特に何もすることはないが、
 随分と早いな。
 それほど王国の動きが深刻的なのだろうか。

「俺は特に持っていく物は無いから
 何時でも準備――嘘、ごめん。」

「む?今妾に嘘を付いたのかのう?」

 危ない危ない。
 せっかく具現化したエクスカリバーの存在を
 すっかり忘れていた。

「嘘を付いたのかのう?のう?」

 何故か知らないが、
 エキサラが構ってほしそうにぐいぐいと来るが、
 無視だ。無視無視。

「ヘリムは何か準備する物あるのか?」

「のう!のう?」

「ん~、僕は特に無い――あっ、
 ソラ君を持っていければいいかな。」

「……」

 何も言わないぞ。
 言ったら負けだと思ってるからな。
 エキサラにも一応聞いてみるか。

「ご主人様は何かあるのか?」

 ずっと向かいでぐいぐいと来ている
 エキサラの行動を無視して俺は質問した。

「むぅ……特に無いかのう」

 若干拗ねたが、確りと答えてくれた。

「そっか、じゃあ俺だけか。」

「……あっ、嘘じゃ。
 ソラを持っていくのじゃ!」

 こいつ、無理矢理俺をねじ込んで来たな。
 絶対何も言わないからな!

 何か行ってほしそうにウズウズと
 待っている二人を放って置いて、
 俺は壁に立てかけてあるエクスカリバーを取りに向かった。

「ふんぅん!」

 全力で持とうとしても少し引き摺る事が出来る程度だ。
 エクスカリバーが重いのか、
 俺の力が無いのか……いや、エクスカリバーが重すぎるんだ。
 そう、俺は悪くない。

「ソラ君ー、その剣なら僕が持っていくから無理しないで~」

「おお、そっか助かる。ありがと。」

 先程までウズウズしていたのが嘘かの様に、
 何時も通りのヘリムだ。

 ヘリムがエクスカリバーを軽く持ち上げてくれて、
 俺の準備が終わり皆引っ越しの準備は万端だ。
 短い間だったが世話になったこの家とお別れを
 するのはちょっぴり寂しい気もする。

 俺以上にこの家に居たエキサラの方が
 きっと寂しい思いをしてるんだろうな。

 と思い、俺はエキサラの方を見た。

「ふわぁ~」

 が、エキサラからは寂しいと言う感情が一切伝わって来なく、
 呑気に大きな欠伸をしていた。
 そんなエキサラに釣られて、

「ふわぁあ~」

 俺まで欠伸をしてしまった。

「何だいソラ君達、二人して欠伸なんて随分と仲が良いんだね。
 僕だけ仲間外れにされた気分だよ。」

「なんと、酷い奴じゃのう、ソラは。」

「えぇ……」

 釣られて欠伸をしただけで拗ねられる。
 ……理不尽だ。
 しかも、さらっとエキサラまで俺の事を責めてる。
 冗談とは分かってるけど理不尽だ。

「むぅ……」

「ん?どした。」

 何やらエキサラが顔を歪めて悩んでいる様に見えたので、
 何事かと思い声を掛けた。

「うむ、流石に行くにはちと早いかのう。」

 んー、爺が出て行った時間は分からないが、
 先に行って準備をしてくれてるなら早く行って準備を手伝った方が
 良いと思うのだが……いや、此処は準備が終わるまで待っていた方が良いのか……
 迷うな。

 爺は昔執事だったらしいから、
 執事服仲間として手伝った方が良い気もする……

「別に今行っても良いと思うよ~
 僕があの爺だったら早めに行って準備を手伝ってくれたら嬉しいからね。」

「俺も同じく。」

 俺が悩んでいる間にヘリムが意見を言ってくれて、
 俺はそれに迷わずに賛成した。
 やっぱり自分で色々考えるより信頼できる人物が言った事の方が
 納得できるし良いな。

「うむ、分かったのじゃ。
 じゃあ、転移を始めるから妾の近くまで来るのじゃ。」

 エキサラに言われた通り、
 近くまで言った。

「では、転移するのじゃ。」

「ああ、」

「うん」

 空間が歪み、気が付けば空間に吸い込まれ、
 眩い光に思わず目を閉じる。

 一度体験した事はあるが慣れない物だ。

 瞼越しの光が小さくなった事を確認し
 俺はゆっくりと目を開ける。

「うぉ」

「おぉ!凄いね!見て見てソラ君、大きいね!」

 目を開けると子供の様にぴょんぴょんと燥ぐヘリムが映り、
 その背景には石煉瓦製の大きな城が建っていた。

 魔王城には何度か行った事があるが、
 それにも負けない程の大きさと立派さがある。

「凄いな。」

「随分と早いな。
 まだ準備は終わってないが入りな。」

「うむ」

 爺に言われて俺達は城の中にぞろぞろと入っていった。
 内装はまだ無いそうで、只々広い空間が広がっているだけだった。
 爺曰くこれから内装をやるらしいかったので俺達は手分けをして全力で手伝う事にした。
 折角の城なんだ、立派な城にしてやろうじゃないか。

・・・・

 ……立派な城にしてやろうじゃないか。
 なんて思ってた頃が俺にもありました。

「うむ、それはそこに置くのじゃ。」

「分かったよ~」

「爺はそこにあれを」

「了解」

「……」

 エキサラが指揮官としてヘリムと爺に
 家具を置く位置などを指示してそれを受けた
 二人は文句を一切言わずに寧ろ楽しそうにテキパキと行動していた。
 ちなみに俺には一切指示してこない。

 ……この通り。
 完全に孤立してしまった。
 皆がテキパキと動いてる中、
 広い城内で道端に落ちている小石の様にポツリと。

 べ、別に良いさ……

 城内の隅へと行き足を丸め小さくなり
 明らかに構って欲しそうにチラチラとエキサラ達を見る。
 ……って言うのは冗談で、俺は隅に座りながら魔力操作の練習を始めた。

 暇な時間を有効活用する。
 なんて優秀な子なんだ。

 イメージするのは盾。
 長剣、短剣と攻撃系の武器と来たら次は防御系の盾。
 初めは割と簡単そうな良くゲームなどで見る木の盾の様な形をイメージする。

 五角形を浮かべて外側にはその形に合わせて木をはめ込み、
 その外側を金属で囲み補強する。
 裏側にも――

 そんなイメージを思い浮かべ、
 俺はせっせと魔力を操作しイメージに流し込む。
 短剣よりは時間が掛るが、難しい事は無い。

 無事魔力を流し込み、
 俺は盾を具現化する。

「ふぅ、」

 無事具現化する事が出来、
 俺は胡坐をかき盾を持ってみる。
 重さは重くないとは言い切れないが支障が出るレベルではない。

 んー、盾か……
 創ってみたのは良いけど如何にも防御しながら戦うって
 結構大変な事だよな……
 攻撃に集中してしまって盾が邪魔とかにもなりそうだし。
 折角創ったけどボツかな。

 なんかこう、もっと軽くて防御が出来る
 そんな感じの物は無いのか。
 と俺は目を瞑り必死に考える。

 今まで自分が経験してきた中でそのような物は無いか、
 ゲームでも漫画でも良い、何か無いのか……
 必死に考えていると、ふと、ある魔王の事を思い出した。

 戦闘狂で口は悪いけど本当は結構優しい魔王。
 部屋には沢山の武器があり、その中に――

「ヴェラ、ありがとう。」

 三人には聞こえない様に小声でそう呟き、
 俺はイメージをする。

 ヴェラの部屋の行った時の記憶を辿り、
 武器の形をイメージした。
 すると、

「うわっ!」

 魔力操作もしてないにも関わらず、
 ボロボロの短剣が具現化したのである。

 俺はまた、ふと、思い出した。
 そう言えば、あの短剣には呪いがあったよな……

『まぁ、落ち着け。呪いって言っても大したもんじゃない。
 只その短剣は手にした者の心に入り込むってだけだ。』

 ヴェラの台詞が脳内再生された。

 ああ、そうだ。
 そうだった、すっかり忘れていた!
 心に入り込む、それがあの剣の呪いだ。

 そして、俺はまたまた、ふと、思い出した。

『ソラ君の心――魂、心は高理ソラ――ソラ=バーゼルドの時と同じ物何だよ』

 ヘリムが言ってくれた言葉だ。
 俺の心がバーゼルドの時と同じなら
 あの時の呪いだって引き継いでいるはずだ。

「そう言う事か。」

 ヘリムの言葉の意味をやっと理解することが出来、
 俺はヘリムの方を見て言葉には出さなかったが、
 心の中で頭を下げ感謝した。

 『あまりネタバレをしない主義』
 確かにネタバレはしていないが、
 俺の為になるヒントはくれている。

 これからはヘリムの言葉を良く聞いて考える事にしよう。
 そう俺は心に刻んだ。

 短剣を手から離し、
 短剣が体の中へと消えて行き何とも言えない感覚に襲われ、
 俺は立ち上がりヘリム達の方へと歩き出した。

 暇な時間を有効活用して魔力操作の訓練をしようと思っていたが、
 それよりも大きなとても大きな成果を得られ今日の訓練は満足に終わった。

「なんか俺にも仕事をくれよ。」

「うむ、そうじゃな――」

 思わぬ成果を得られ気分が良くなった俺は
 ふんふんと鼻歌を歌いながら積極的にエキサラ達の手伝いを始めた。

 ……初めからこうしていれば孤立はしなかっただろうが、
 まぁ、良いだろう。そのおかげで思わぬ成果が得られた事だし。

「勇者になれなかった俺は異世界で」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー142754

    内装は、まだ無いそうで
    にものすごいはまってしまったんだけど作者様これは故意ですか???

    11
コメントを書く