勇者になれなかった俺は異世界で

倉田フラト

ショタジジイ

「なぁ、ご主人様よ。
 質問しても良いか?」

「なんじゃ」

 残り少ない野菜を食べながら、
 俺はどうしてもエキサラに聞いてみたい事があった。

 それは、エキサラは何歳なのか。
 という疑問だ。

 エキサラは典型的なロリババアだ。
 だが、実際はどうなのだろうか。
 実は喋り方がババア臭いだけであって年齢は俺と同じぐらいだったり。

 女に年齢を聞くのは自殺行為。
 なんてことは分かっている。
 だが、確かめずにはいられない。
 どうしても気になるんだ。

 年齢が実は俺と同じぐらいだったら、
 只のロリ!と言う事だ。
 つまりだな、俺はこれから毎晩ロリと一緒に
 一つ屋根の下で暮らしていくって事だ。

 ヤミも一応ロリだったが、
 ヤミとエキサラは何というか……
 上手く表現は出来ないが違う。
 ヤミは本当に家族と言うか、妹と言うか……
 どっちとも家族じゃねえか。

 兎に角、エキサラは
 ロリババアなのかロリなのか。
 非常に気になる。
 真実次第では俺も少し態度を変えなくてはいけないからな。

 何をされても文句は言えない、
 だが、俺は質問するぞ!

「ご、ご主人様って一体何歳なんだ?」

 俺は玉砕覚悟で勇気を振り絞ってエキサラに質問した。

 だが、

「もう直ぐ457歳になるかのう。」

「えぇ……」

 エキサラはサラッと答えてくれた。

 俺はてっきり何かをされると
 思っていたのだが、そんな事は事は無かった。

 凄いあっさりと答えてくれたな……
 俺がしっている女は怒るか黙るか殺しに来るか、
 なのに……

 やっぱり世界が違うとそこも異なるのかな。
 ……しかし、457歳か、
 これは、完璧にロリババアだな。
 態度は今まで通りで問題無いな。

 457歳でこの身長か……可哀そうに。

「なんじゃ、その目は。
 何となくじゃが失礼な事を思っているじゃろ。」

「え?そ、そんな事ないよ。」

「本当かのう……」

「ああ」

 危ない危ない。
 ばれたら絶対に殺されちゃうな。

 それにしても、なんでこんな小さいんだろうな。
 実はエキサラの力が関係してたりな……
 ……まさかな。

 自分で考えていた事が真実だったらと思うと、
 汗がだらだらとたれてきた。

「む?どうしたのじゃ?」

 そんな俺を見かねてエキサラは少し心配そうな顔をして
 そう尋ねて来た。

「ご、ご主人様よ、今から言う事は決して
 ご主人様を馬鹿にしている訳じゃないから。」

「む?」

「寧ろご主人様には感謝している。」

「うむ、もっと感謝しても良いのだぞ。」

「だから今から言う事に対して怒らないでほしい。」

「うむ、良かろう。
 妾は絶対に怒らないのじゃ。」

「ありがとう。」

 エキサラの言葉を聞き、
 俺はふぅ~と息を吐き、心を落ち着かせた。

「ご主人様よ、その身長の事なんだけど……」

 そう言った瞬間、エキサラの眉がピクリと動いた。
 だがそれ以上のアクションは起こしてこなかったので
 話を進める事にした。

「その身長は、まさかご主人様の力の影響なのか?」

「なんじゃ、そんな事かのう。
 そうじゃ、この身長は妾の力の影響じゃ。」

 即答。

 俺はその答えを聞いて
 絶望した。

「ははは……」

 嘘だろ……
 あの身長がエキサラの力の影響だと?
 と言う事は、エキサラの力を手に入れた俺も例外じゃないよな。
 ……俺は一生この身長のままショタジジイになってしまうのか!?

 絶望している俺の事はお構いなしに、
 エキサラは「でも、」と前置きをし、

「最近少し大きくなったのじゃ。」

 と言いだした。

「え?」

 少し大きくなっただと?
 つまり、身長はこれ以上伸びないと言う訳ではないのか!
 そうか、そうか!

「ご主人様よ、一応聞いてみるが、
 俺の身長も、ご主人様と同じで影響を受けるのか?」

「うむ、そうじゃな。
 妾の力を取り込んだ以上、妾と同じ運命を歩むのじゃ。」

 一応聞いてみたけど、やっぱりそうか。

「でも、一応身長は伸びるよね?」

「うむ、妾を見よ!
 大きくなっておるじゃろ。」

 いや、知らねえよ。
 元々の身長を知っている奴にいえ。

「妾は100年に数センチ伸びたのじゃ!」

「そうか……」

 100年で数センチか……
 俺の夢の180センチはかなり遠いじゃないか……
 ん?そもそも、俺100年も生きて居られるのか?
 エキサラは不死の王だから死なないと思うけど、
 俺はエキサラの力を手に入れただけの只の人間だぞ。

「ご主人様よ、俺が100年も生きられると思う?」 

「む?100年所か、お主は死なぬぞ。
 この前言った気がするがのう。
 例えお主の寿命が来ても、
 妾の力によって寿命も復活するのじゃ。」

 おいお、何だよそれ……
 滅茶苦茶じゃねえか。
 でも、まぁ、それなら180センチいけるかもな。
 俺の成長期が続いてればな。
 それと、本当に死なないのであれば、
 この世界を救うのは意外と楽な事かもしれないな。


「勇者になれなかった俺は異世界で」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ペンギン

    あの、神様はいつ来るのですか?

    0
  • にっしー

    ソラってこの時点で何才なんですか?

    1
コメントを書く