勇者になれなかった俺は異世界で

倉田フラト

性的それとも生的?

「うお、おお?」

 普通の家が在った。
 木材作りの家だ。
 周りを見渡し草木が生い茂っている事から
 此処は森の中だろう。

 森の中にひっそりと建っている家……だよな。
 うん、何もおかしくない。
 俺の中ではロリババア=屋敷
 ってイメージがったから少し驚き。

「どしたのじゃ?」

「いや、少し驚いただけ。」

「驚く事かのう?」

 普通の家って事も少し驚いたけど
 突然転移魔法を使われて驚きだったよ。

「少なくても普通の人間からしたら驚く事だ。」

「そう言うものなのかのう。
 まぁ、良い。ほれ、入るぞ。」

「うん。」

 エキサラについて行き木製の扉を開け、
 中に入るとそこにはごく普通の風景が広がっていた。
 玄関があり、扉があり階段があり……
 どうやら内装も全て木材で出来ている様だ。

 エキサラについて行き、
 玄関に一番近い所の扉を開け入ると、
 そこはリビングだった。

 台所があり、中央には木で出来たテーブルと椅子があり、
 床には何かの毛皮敷いてあり、
 植木鉢には赤色の全く見た事の無い花が植えて在ったりして中々お洒落だ。

「ここはリビングじゃ、流石に言わなくても分かるじゃろ?」

「うん。」

「じゃ、次じゃ。」

 どうやらエキサラは案内してくれるらしい。
 正直言ってそこまで大きくない家だから迷う事は無いと思うが。

「ほれ、ここが風呂じゃ――ここがトイレじゃ――ここが――」

 と言った調子でサクサクと俺に家の中を案内してくれた。
 全ての部屋が綺麗に掃除されており、ピカピカとしていて
 家具も中々お洒落な物ばかりでこだわっている事が伝わってきた。

 そして、ある程度案内を終えたエキサラは
 何やら此方をニヤニヤと見て来て、

「最後は何の部屋だと思うのじゃ?」

 突然の質問だな。
 最後の部屋ってまだ案内する部屋在ったのかよ。
 思ったより大きいなこの家。
 そうだな……あと案内されていない所と言ったら――

「寝室かな。」

「おお!正解じゃ!
 ささ、こっちじゃ。」

 何が楽しいのか、
 エキサラは楽しそうに歩きながら最後の部屋、
 寝室に向った。

「さぁ、此処が寝室じゃ!」

 今までに無いほどの高いテンションで扉を開けると、
 そこには他の部屋と違い、ベッド以外の家具が一切置かれておらず、
 何やら寂しい感じだ。

 部屋の中央には天蓋カーテン付きの大きな純白ベッドが置いてある、
 それだけの部屋だった。

「なんか他の部屋と比べて寂しい部屋だな。」

「なんじゃと、この部屋の素晴らしさが分からないのかのう。」

 素晴らしさ?
 ん~中央に置かれた大きなベッド他には何もない……
 素晴らしいのかな?
 俺には良く分からんな。

「分からない……な。」

「むう……仕方ないのう、
 では、妾がこの部屋の素晴らしさを教えてやろうかのう。」

 腰に手を置き、どや顔をし出した。

「おお!」

「何と何とじゃ、この部屋は――」

「――ゴクリンコ」

「今日からソラと妾が寝る部屋じゃ!」

「……ん?」

「ん?とは何じゃ。」

 俺とエキサラが寝る部屋……色々と言いたいことはあるが、
 俺の立場からして文句は言えない。
 寧ろ寝室が在るだけ感謝すべきだ。

 だけど……今の説明の何処が素晴らしいと言うんだ?
 確かに俺からすれば部屋の中で寝れることは素晴らしい事だけど。

「まだ分からぬのか、むう……
 もっと分かりやすく説明してやろうかのう。
 つまりのう、この部屋は妾がソラを喰う場所じゃ。
 ソラの涙とかがのうこの純白のベッドに染み込み――うへへ、何と素晴らしいのじゃ!」

 やべえ、良く分からないけど此奴はやばい。
 俺の涙が染み込んで、うへへとか……変態だ。
 つか、檻の中でも言われたけど喰うってどういう事なのだろうか。

「その……喰うって言うのは性的に?」

「生的にじゃ。」

「……初めてだから優しくお願い。」

「うむ、分かっておるがのう、
 なにせ生きてる人間は初めてだからのう。」

「そうか、エ――ご主人様も初めて……え?」

 あれ?何かおかしくないか?
 生きて居る人間は初めてだと?
 生きて居る?
 まさか――

「ご主人様は、そういう性癖の持ち主だったのか?」

「む?」

「ん?」

 あれ、かみ合ってない感じだ……

「何かお互い勘違いをしている感じじゃが、
 ここは知らない方が良いのかも知れないのう。」

「……うん」

 エキサラの言っていた事が結構気になるけど
 真実は知らない方が良いのかもしれないな……

「それよりのう、あまり言わない様にしていたがのう……」

「ん?」

 エキサラは何か非常に言い難そうな顔をしながら
 此方を見てきた。

「非常に言い難いのじゃが……
 お風呂に入って来たらどうじゃ?」

「……分かった。」

 此処で俺は何故?
 など聞きはしない。

 何せ俺は結構な日数、体なんて洗ってないのだから。
 そりゃ、臭いだろうな。

・・・・

 エキサラの家の風呂は自然豊かだ。
 別に露天風呂とかそういう訳ではない。
 ただ、此処の風呂は自然の物を利用している様で、
 大きな切り株の中にお湯が張っていて風呂になっている。

 切り株にはツタなども残っており、
 普通に外にあっても違和感が無い感じだ。
 幅も確りとあって深さも丁度良い。

「ふぃ~」

 本当に久しぶりの風呂に入り、
 俺は幸せな気持ちになっていた。

 あぁ~幸せだ……
 今までの疲れが一気に消えていく……気がするなー
 やばい、ずっと此処に居たい。

「あぁ~」

 それにしても俺は恵まれてるな。

 奴隷になった時はどうしようかと思っていたが、
 何やかんやあって今はこうして風呂に入れている。

「幸せだ。」

 それにしても、どうしてエキサラは俺の事なんて買ったんだ?
 喰うのが目的だったら他の奴でもよかっただろうに。
 珍しい魂とか何とか言ってたけど、どういう意味なのか。
 それに、何か物凄く良い様にしてくれてるし……

 服を与えてくれたり、ご飯を与えてくれたり、
 風呂に入らせてくれたり……
 俺は奴隷と言うのが不愉快に感じたから
 ライラに同じ様な事はしてたけど、

 エキサラも俺と同じなのか?
 それとも、この世界では当たり前の事なのか、
 この世界での奴隷の事全く知らないから何とも言えない。

 色々と気になることもあるし、
 後で話し合ってみるか。

「ソラよ、此処に着替え置いておくからのう。」

 エキサラが風呂の扉越しにそう言って来た。

「うん」

 着替えか。
 また執事服かな……まぁ、良いんだけど。

・・・・

 風呂から上がり、着替えを取りに行くと
 やはり執事服が綺麗に畳まれて置いてあった。

「さて、」

 執事服に着替えた俺は何をすべきか悩んでいた。
 取り敢えずエキサラに言われた通りに風呂には入ったが、
 その後の指示が出されていない。

 奴隷と言う立場上、自由にしてて良いのか、
 と言う疑問が浮かびどうすべきか悩んでいた。

 ん~、迷う程広い家じゃないから
 適当に歩いていればエキサラに出会いそうだが……
 良いのか……いや、良いよな。
 どうせ此処に居たって意味ないし、
 さっさとエキサラに出会って何をすべきか聞いた方が良いな。

 そう思い、エキサラを探しの旅に出た。
 リビング、トイレ、物置……
 色々な部屋に行ったが、エキサラは見つからなかった。

「あー、後は寝室か。」

 無意識に避けてたけど、
 やっぱりあの部屋か。
 エキサラ妙にあの部屋に入るとテンション高くなるからな……
 危険だな。

 そんな事を思いつつ、寝室の前に行き、
 恐る恐る扉を開けた。

「おお、やっと上がったのかのう。」

 案の定、エキサラは寝室いた。
 ベッドの上でゴロンゴロンとしている。
 しわ一つなかったシーツがグシャグシャになっていた。

「久しぶりに風呂入ってスッキリしたよ。」

「それは良かったのう。」

「所で、ご主人様よ俺はこれから何をすればいいんだ?」

「ん~そうじゃな~。
 取り敢えず夜までは自由にしててくれないかのう。」

「わかった。」

 夜までね……
 一体何をされるんだか、期待はしてないけど。
 じゃあ、折角自由を貰った事だし筋トレするか!
 リビングの床に敷いてあった毛皮の上で腹筋とかしたら痛くなさそうだ。

 今まではかたーい床の上でやってたからな。
 もうボロボロだよ。

 そう考え、俺はリビングに向って筋トレを始めた。

 やはり、床が柔らかいと痛くならなくて良いものだ。
 何の毛皮は知らないが、物凄く触り心地が良いし柔らかくて最高だ。
 たぶん物凄く高いんだろうな。

「エキ――ご主人様よ、この毛皮って何の魔物の毛皮なの?」

 毛皮の上で筋トレをしながら、
 台所で何かを作っているエキサラに質問した。
 するとエキサラは台所からひょこっと顔を出し、

「それは確かのう……獅子の毛皮のはずじゃ。」

 獅子……聞いたことないな。
 図鑑にもそんな奴いなかった気がする……
 良く分からないな。

 でも、獅子って言うからには値段も相当だろう。

「値段は?」

「50万デリスじゃ。」

「ご……」

 おいおい、高すぎだろ。
 50万って……

「簡単に言うとじゃな、ソラが1000人分じゃな。」

「ははは……」

 笑えねえ……凄く分かりやすい例えだったけど。
 良く毛皮に50万も出せるな。
 俺だったら武器とか買っちゃうかもな。

 俺は今50万の毛皮の上で筋トレをしてるのか……
 何だか500デリスの俺が50万デリスの上にいるって良い感じだ。
 毎日此処で筋トレしてやろう。

 そんな事を思いながら俺は筋トレを再開した。

「ソラよ、もう少しで出来るから座っててくれないかのう。」

 再開したのは良いが、直ぐにエキサラによって止められてしまった。

 出来るって何がだ?
 さっきから台所で何か作ってるみたいだけど……
 時間的に夕飯か?

 そんな事を思いつつ、テーブルから椅子を引き、
 座りエキサラの事を待った。

「待たせたのう」

 そう言ってエキサラはグラスを持ってきた。
 グラスの中は何やら真っ赤な液体が入っている。
 それをテーブルの上に置き、

「ほれ、飲むのじゃ。」

 おいおい、まじかよ。
 何だよこれ、絶対に飲んじゃいけないやつだろ。
 真っ赤っかだぞ。

「これは?」

「んー、それはのう。
 栄養剤じゃ、生憎妾は料理が出来ないのでな、
 今晩はそれだけで我慢してくれないかのう。」

 栄養剤って……
 まぁ、これが晩飯って言うなら仕方ないか、
 何もないよりはマシだ。
 少し怖いけど飲むか。

 俺はグラスを持ち、まずは匂いを確かめた。

「っ!」

 鉄の匂いがする。
 あっちで、モンスターを倒したりしてたから良く覚えてる。
 これは……

「血か?」 

「!」

 エキサラはビクリと体を震わせ、
 明らかに動揺している。

 何故そんなに動揺するんだ。
 別に血が栄養剤って言っても驚いたりしないぞ。
 生き血が健康に良いとか言うしな。

「だ、大丈夫じゃぞ?
 む、寧ろ飲んだ方が身の為じゃ!
 飲むのじゃ!!!」

「何でキレてるんだよ!」

「黙るのじゃ!飲まないと言うなら無理矢理飲ませるのじゃ!」

 興奮したエキサラは此方に寄ってきて
 グラスを持ち無理矢理飲ませようと近づけてきた。

「待て待て!そんな事しなくても飲むから!
 一旦落ち着いてくれ。」

 だが、エキサラには俺の声が届かず、
 グラスを持っていない方の手で口を馬鹿見たいな力で開け、
 もう片方の手でグラスの中の血を無理矢理流し込んできた。

「ん――!!」

 何だよこれ!
 不味すぎるし鉄くさい!
 やばい、吐きそう。

 俺が戻しそうになると、テーブルにグラスを置き、
 無理矢理口を閉めさせられ、
 強制的に血を飲まされた。

「う゛……」

 余りの不味さに吐きそうになったが、
 此処で吐いたら、また新しい血を飲まされる気がして、
 頑張って耐える事にした。

「うぇ……酷い……」

 今にも吐きそうな俺をエキサラは
 一仕事終えたぜ、見たいに手をパンパンとして、
 俺の事を見て来ていた。

「全く、抵抗しよって。」

「飲むって言ったのに……うぇ。」

「ソラが悪いのじゃ。」

 どうして俺が悪い事になるんだ?
 勝手にキレて飲ませてきたのはエキサラじゃないか……
 でもこんな事言ったらまたキレられて飲まされそう……黙っておこう。

「……」

「そんなに不味かったかのう?」

「凄く。」

「すまぬな、妾の血を飲ませるなんて初めてだったからのう、
 味の事など考えておらぬかったのじゃ。」

「そう……え」

 おいおい、ちょっと待てよ。
 妾の血だと?
 つまり、エキサラの血だと……

「おま――ご主人様の血が栄養剤だったのか?」

「あっ……そうじゃ!何か文句があるのかのう!」

「無いです……」

 何でキレるんだよ……
 怖いな。

「妾の血が不味いのは仕方のない事じゃ、
 しかしのう、ソラには妾の血が必要不可欠なんじゃ。」

 情緒不安定なエキサラさんはそう言いながら俺の頭をポフポフしてきた。

 何で俺撫でられてるんだ?
 本当にエキサラは何を考えているのか分からないな。
 恐ろしい。
 つか、必要不可欠って

「必要不可欠ってどういう意味?」

「それは今晩のお楽しみじゃ。」

「えぇ……」

 やばい、物凄く不安だ。
 今晩俺は一体何をされるのか。

「一体何をする気なの。」

「お楽しみじゃ。
 まぁ、せいぜい夜まで自由に楽しんでいるといいのじゃ。」

「怖いな……」

 かなりの恐怖感を抱きつつ、
 俺は毛皮の上に行き筋トレを始めた。

「勇者になれなかった俺は異世界で」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く